きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2949 【お米料理285】黄昏の二月堂と「BFPのエアーズロック」・・奈良市 | main | 2951 【お米料理287】早起きのペンギン広場と「背脂カレー」・・新宿南口 >>
2950 【お米料理286】闇夜に輝く五重塔と「メガオムライス」・・奈良市

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

夜の帳も降りたンで、改めて奈良市の街中へ参りますか。二つ良駅は近鉄の方が賑やかですが、立派なのはJRの方。平成十五(2003)まで使われてた先代駅舎は、観光案内所として使われてます

 

拙宅の在る東京を離れ、千三百年の都・奈良市を旅してます。昨ご案内の東大寺・二月堂の舞台から、大和盆地をボンヤリ眺めてる内日は暮れて行き、薄暮時の奈良公園は寂しいネと一旦引き上げた私メ。

 

昼間は観光客があんなに大勢居たのに、日没間近は鹿の姿しか見えませんナ。ま、そんなのはココだけだからソレも面白いですが、若い娘の悲鳴みたいな鹿の鳴き声がオゾましく、東夷にゃドウにも馴れません。

 

JR奈良駅前から春日大社の鳥居まで伸びてるのが、奈良市の中心街「三条通り」。市街地北側に一条通りが在りますンで、古都の条里制に伴う名前だと思いますが、一時に比べて賑わいが戻りつつ有ります

 

ソレはさて置き、京都・東寺の五重塔に次いで全国で二番目に大きいのは、奈良の中心に聳える「興福寺の五重塔」。奈良が都だった平時建で、応永三十三年(1426)に再建された現在のは高さ五十m。

 

仏教の五大思想「地(抵抗する心)」「水(適応する心)」「火(欲求する)「風(自由な心)」「空(何もない心)」を現す為の五重塔だと教わった覚えが有りますが、私ぁ名前は風でも最下層の地で悶え苦しんでますネ。

 

三条通りの商店街が終わったトコに在るのが「猿沢池」。興福寺さんが放生会を行う為に、天平二十一年(749)に造られた人工の池ですが、京都の川床を真似た「池床」が作られて、今夏は話題に成りましたナ

 

もちろん国宝に指定されてますが、奈良の至宝と云うべき五重塔が無く成りかけた時が有ると聞きますネ。ソレは在来のお寺と神社が一体化してたのを分離させようとした、廃仏毀釈が吹き荒れた明治維新の直後。

 

江戸時代までの興福寺さんは春日大社と同一扱いで、大名並みの二万一千石の領地を持ってたソウですが、ソレばかりか境内の敷地まで没収されて奈良公園と成り、子院も全て廃止させられ廃寺も同然の姿に。

 

興福寺の五重塔は夜に限りますゼ。暗闇ばかりの境内でココだけライトアップされ、漆黒の闇に浮かび上がる黒光りした塔の恐ろしいまでの存在感!何度来ても圧倒されるばかりで、幾ら見ても飽き足りません

 

コリャ堂宇を維持できぬと、五重塔は売られるコトに。しかも売値は驚きの二十五円!今と昔じゃ貨幣価値に差が有り過ぎますが、何れしろ辺羅棒な安さ。買主は飾りの金属類を取り出す為に塔を焼こうとした。

 

処が街に延焼したら困るとの苦情が出て、幸い中止に成ったとされまが、こんな講談並みの話が有ったと囁かれてまして、そんな暴挙が為れず良かったと胸を撫で下ろして、闇夜の五重塔を眺めてた私メです。

 

夜の奈良中心街で一番賑わってるのは、近鉄奈良駅前のアーケード「ひがしむき商店街」。興福寺さんの境内の西縁の通りで、昔は建物が全て東を向いて建てられてたから、こんな名前に成ったと聞きますネ。かつては奈良県最大の繁華街として市民が溢れたトコですが、今は観光客の方が多いみたいで・・ソレ相手の土産物屋が目立ってます

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都新宿区新宿南口」への訪問記です★


(参考リンク)
★「NARA Travelers Guide」奈良市観光協会HP
★「奈良観光ナビ」奈良観光ガイドHP
★「奈良のオススメ観光スポット35選!歴史情緒が溢れます!」skyticket HP
★「JR奈良駅旧駅舎」Re-urbanization -再都市化-ブログ
★「1300年の都大路、奈良三条通り」三条通ショッピングモールHP
★「奈良公園クイックガイド」奈良県庁HP

★「これぞ奈良。猿沢池の景観はただただ癒される」たびねすHP
★「猿沢池の池床」奈良公園を散歩していますブログ
★「創建1300年」法相宗大本山 興福寺HP
★「興福寺の伽藍 五重塔
(国宝)」法相宗大本山 興福寺HP

★「興福寺五重塔−高さ50メートルにも及ぶ、奈良観光の『象徴』」奈良まちあるき風景紀行ブログ
★「奈良県/たききになりかけた『奈良城』の五重塔〜興福寺で〜」HOSIGO HP
★「近代の奈良と文化財保存について〜廃仏毀釈とか、その辺の話〜」tukinohaの絶対ブログ領域ブログ
★「ひがしむき」奈良市東向商店街HP
★「人気の老舗オムライス店『おしゃべりな亀』@奈良駅周辺」奈良に住んでみましたブログ
★「【奈良市】Cafe&オムライス おしゃべりな亀」今日も1日、ガツンと行くで!!!ブログ


(関連する記事)
★「093 藤原京の後の都はどうなってンのか」
★「094 【お米料理03】まずは西大寺に行ってみたのヨ」
★「095 【お米料理04】続いて東大寺に行ってみたのヨ」
★「096 【講談の舞台01】もとの黙阿弥・・生駒市」
★「796 【お米料理55】鹿しか居らン東大寺と『柿の葉ずし』」
★「797 【保存食品18】ほんまモンの『奈良漬』と茨城出身の御神鹿たち」
★「998 【麺類色々60】青丹よし奈良の名物『びっくりうどん』」
★「1686 【麺類色々122】『にゅうめん』と二つの三笠山・・奈良市」
★「1687 【保存食品43】ならまちと『本物の奈良漬け』・・奈良市」

★「2413 【野菜果物83】黎明の東大寺散策と『大和まな』・・奈良市」
★「2414 【お米料理215】朝の飛火野と『奈良の玉子ごはん』・・奈良市」

★「2467 【スイーツ190】東寺の夜桜と『笹屋伊織のどら焼』・・九条大宮」
★「2949 【お米料理285】黄昏の二月堂と『BFPのエアーズロック』・・奈良市


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(もちろん興福寺さんは、五重塔の二十五円売却説を否定してます)

奈良にも名物料理はソレなりに有りますが、私メにとってはオムライスの街・・何しろ二「大」名物店が在りますから。その一つベビーフェイスは昨日ご案内しましたが、もう一店はひがしむき商店街の南端近くに在る「おしゃべりな亀」。猿沢池の亀に因んだ店名だと思いますが。昭和五十七年(1982)創業の古い店で、オムライスのメニューが多ければ、ソースの種類も多いし何時行ってもお客も多いし、そして何よりも量が多い!久し振りに参った今回は、一番大きな「メガオムライス」をデミグラスソースで。女性客の目立つ店ですが、トンカツ・コロッケ・ハンバーグの乗った此奴だけは男向き。東向きで男向きだったりします




| 2017.10.17 Tuesday (00:15) | 奈良は国のまほろば | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.08.18 Saturday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS