きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2971 【やきそば328】紅葉燃える光前寺と「エビローメン」・・駒ヶ根 | main | 2973 【調味料類41】アルプスと紅葉と「信州ドレ酢」・・飯島町 >>
2972 【スイーツ250】アルプスと黄葉と「りんごの木シュークリーム」・・中川村

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

南信州・中川村でまず目に留まったのが、中央アルプスを遠望する田園の中にズラッと黄金の輝きが並ぶ「渡場のイチョウ」。食用銀杏ナンで匂いはスゴかったですが、ソレが少しも気に成らぬ位の絶景でした

 

錦秋の南信州の旅のお噂をご案内し始めた途端に、拙ブログ旅日記の更新を二日も休んでしまった私メです。決して怠けてた訳じゃ無く、急に体調を崩しちまったモンで・・ま、仕方無ぇやと御勘弁下さいます様に。

 

ほぼ寛解まで回復出来たは良いモノの、ソコで出された新しい課題「無茶しない様に」の塩梅が良く判らず、反って無茶しちまった様で・・はい。良くも悪くも成り立ってた均衡を、敢えて崩すのはドウにも難しいです。

 

今の季節の信州はドコに行ってもリンゴが赤く実ってますが、青空に映える高嶺とリンゴの対比の美しいコト!庭に果樹を植えるならリンゴが良いですが、私メの住む東京じゃ庭を構えるコト自体が贅沢ですナ・・

 

ま、ナニかしら癒しを探してソッチに足場を遷して行くしか無かろうと思いますが、錦秋の南信州・伊那谷へ参ったのはそんな癒しを求める為。ですが毎度の駒ヶ根だけじゃ勿体なく、偶には違うトコにも行きましょ。

 

車を借りてましたンで、普段は麓に居るばかりの中央アルプスを、少し離れたトコから眺めたら新しい癒しに成るかもと、テキトーにハンドルを握ったと思って下さいナ。で、偶々行っちまったのが上伊那郡中川村。

 

村内を貫く天竜川に架かる「坂戸橋」は、昭和八年(1933)に建設された当時は日本最大のスパンだった橋。高度成長期以前に架けられた鉄筋コンクリ製シングルアーチとしては、現在でも国内最長だソウです

 

私メの南信州巡りの拠点たる駒ヶ根市の南東に位置する人口五千弱の小さな村で、「道路標識で見たコトが有るネ」程度の認識しか無かったンですが、ナニかに呼ばれた様な気分で・・国道を逸れて村中の県道へ。

 

時々こんな感覚が。もちろん外れが多いけれど、史跡やら風景やら食べるモノやらナニやらと、当たりに恵まれて大満足な時が・・誰にでも有るのかしらん?処が発病して以来、スッカリ影を潜めて悲しかったですヨ。

 

調子に乗って中川村をドンドン奥の方へ。天竜川の支流・小渋川をダムで堰き止めた「小渋湖」の畔へ出ましたが、里よりも寒暖差が激しいから?黄葉・紅葉は一層鮮やかで・・久し振りの大当たりを得た気分に

 

だもんで偶にソウ感じると嬉しくて、外れ覚悟で参ってみたら・・こんな絶景のトコが有ったンだ!いや伊那谷は絶景だらけのエリアですが、青空に映える黄葉・紅葉と高嶺が抜群で、恐るべき偶然・実に有難き僥倖。

 

作り上げた均衡を保つのも大変だけれど、ソレを崩して新しいのを拵えるのはもっと大変。でも一歩踏み出さにゃ前進は無い訳で、判っちゃ居るけど・・塩梅が難しいですナ。ま、今回の偶然にゃ癒された私メです。

 

更に調子に乗って南アルプスの麓・・中川村の東隣の大鹿村まで行ってしまいましたが、この二つの村は共に「日本で最も美しい村連合」に加盟してまして、景観・環境・文化を守りながら自立を保って行くそうナ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「長野県上伊那郡飯島町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「中川村観光協会」同HP
★「中川村」日本で最も美しい村連合HP

★「日本の美しい村」日本で最も美しい村連合HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP

★「中川村ってこんなところ」南信州で田舎暮らしHP
★「秋一色、イチョウの道 中川村」中日新聞web HP
★「かみいなの果物」JA上伊那HP
★「坂戸橋〜日本一の最大支間長を誇る鉄筋コンクリートアーチ橋〜」くーる長野〜隠れた見所 おいしい食事〜ブログ
★「小渋ダム」水辺遍路ブログ
★「信州で2番目に山奥の村 紀行」大鹿村観光協会HP
★「最高レベルの鮮度・おいしさ・旬と、安さを追求します。」ツルヤHP

★「こだわりぬいた素材がおいしさの秘訣です」デザートランドりんごの木HP
★「りんごの木 シュークリーム」K’s Village Karuizawa ブログ


(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」
★「2523 【スナック63】高原の迷子石と『ツルヤのポテチ』・・駒ヶ根」
★「2524 【スイーツ198】木立の中の清流と『焼きドーナッツ』・・宮田村」
★「2577 【スイーツ206】駒ヶ根高原で川遊びと『ピーチソフト』を」
★「2578 【スナック67】爽風の駒ヶ根高原で『ブルーベリーポテチ』を」
★「2579 【スイーツ207】こもれ陽の径で夏も『ドーナッツ工場』へ・・宮田村」
★「2617 【スイーツ213】油水騒ぎの駒ヶ根で『しっとりビスケットサンド』を」
★「2669 【お米料理247】絶景の池畔で『馬肉の丼』を・・信州飯島」
★「2670 【やきそば289】山寺の燃える秋と『塩味のローメン』・・駒ヶ根」
★「2671 【スイーツ219】紅葉の高原リゾートと『超濃厚スイスロール』・・駒ヶ根」
★「2853 【スイーツ228】梅雨のこもれ陽の径と『幻のクリームパン』・・宮田村」
★「2854 【野菜果物98】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2017・・駒ヶ根」

★「2909 【やきそば320】残暑の高原で『豚ローメン』を・・駒ヶ根」
★「2913 【スナック81】残暑のこもれ陽の径で『りんごバターポテチ』を・・信州宮田」

★「2971 【やきそば328】紅葉燃える光前寺と『エビローメン』・・駒ヶ根」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(全く予感だけで訪ねましたが、こんな感覚を回復して行きたいです)

ナニも調べずに参ったモノで・・しかも僥倖に舞い上がってしまったモンで・・中川村からそのまま帰って来た私メ。後で調べたら「赤そば」が名物だソウで、ソレはまた何れへの宿題ですナ。てな訳で、全国の地場スーパー巡りを趣味にしてる私メが「日本一」と絶対の自信を持って断言する、信州名代のスーパー「ツルヤ」駒ヶ根店で買いました、長野市に本店の在る「りんごの木」さんのシュークリームで御勘弁を。と申しましてもタダモノじゃ無く、中にタップリ入れられたクリームはホイップならぬ、信州の牛乳で作られた純生クリーム!ソレが二つ入って三百円位ナンだから、もしも東京でコレが売ってたら毎週買う!尤もソレじゃ、違う種類の病気に成っちまいソウですか・・。リンゴ繋がりで失礼しました




| 2017.11.15 Wednesday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS