きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2973 【調味料類41】アルプスと紅葉と「信州ドレ酢」・・飯島町 | main | 2975 【スイーツ252】錦秋の代々木公園とナゾの金平糖「ゆか里」 >>
2974 【スイーツ251】紅葉の駒ヶ池と「ドーナツ工場の久助」・・駒ヶ根

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

訪ねた時の駒ヶ根高原はドコに行っても黄葉・紅葉だらけで、秋晴れの蒼空に相まって実に鮮やか!駒ヶ池ソバの大きな欅の木も色付きの絶頂でしたが、コレが散ってしまうンだから・・ちょっと勿体無い様な

 

二日間の更新中断を挟んだ南信州・伊那谷の旅のお噂も、今日でお開き・・名残り惜しや。尤も訪問から十日ほど既に経ち、日毎に装いを変える秋ゆえに鮮度が悪化してますンで、ちょうど頃合かも知れませんが。

 

今回の更新中断に陥った体調不良は、別に鮮度の悪いモンを食った訳じゃ無く、長引く闘病で疲れ過ぎてるから?アッサリ崩れてアッサリ治ったのが不思議でしたが、「ほぼ寛解」の「ほぼ」を早く取りたいモノです。

 

中央アルプスの主峰「木曽駒ヶ岳(2956m)」の麓に拡がる駒ヶ根高原で、高嶺を一番ノンビリ眺められる場所が「駒ヶ池」。条件が上手く合えば水鏡と化した池面が絶景で、私ぁドレだけ見てても飽きません

 

コレから寒く成ってく一方ですから、体調管理に気を遣わにゃ成らぬと思うコト頻りですが、聞けば信州でも日本海に近い地域・・例えば私メが昔住んでた白馬村辺りじゃ、北アルプスの山々が雪化粧を始めたとか。

 

白馬はスノーリゾートだから沢山降らなきゃ困りますが、同じ信州でも真南に百三十kmほど離れた駒ヶ根高原は、騒ぐほど雪は降らない場所。もちろん東京よりは降りますが、白馬から見れば乾いてるも同然。

 

昨日ご紹介の飯島町は「与田切川」でしたが、駒ヶ根市と宮田村の境を流れるのは「大田切川」。今でも豪雨の後は巨大な岩が轟音を上げながら流れ下るらしく、「大きく滾(たぎ)る」が由来なのを納得できます

 

要するにタダ寒い・・いや只管に寒く成るだけで、除雪の心配は殆ど無いンだから(白馬よりは)住み易い筈ですが、都会住民の抱く「スノーリゾート信州」のイメージに合致せず、スキー場なんて勿論無いですネ。

 

ソリャ駒ヶ根高原にも温泉は湧いてますが、似た様な条件のトコは他にも沢山在る訳で、中央アルプスが黄葉・紅葉に染まった今が最後の賑わいの筈。冬に訪ねた時は人影は無く、寒さと寂しさで震えた記憶が。

 

高原での毎度の楽しみは、駒ヶ池から吊り橋で大田切川を越えて宮田村に入り、清流沿いのネイチャートレール「こもれ陽の径」をブラブラ歩くコト。今回もまた他に歩いてる人は皆無で、完全に貸し切り状態!

 

なのに人影が薄い・・中央道なら「東京と大阪のちょうど真ん中」なのは利点で有ると共に、「ドッチからも等しく遠い」と云うコトでも有りますからネ。せめてお願い名古屋の衆、近いンだからもっと行ったげてちょうヨ。 

 

そんな私メもコレが今年最後で、冬の間は寒さで体調を崩すと困るンで行けない筈。厳冬期の木曽駒にロープウェイで上ってみたい気もしますが、ソレは寛解してからの楽しみにしようと・・名残り惜しい私メでした。

 

東京在住の寄席芸人なのに、私ぁ「こもれ陽の径」を今年何度歩いたのかしらん?美しい木立の風景と清流のせせらぎ音、柔らかな足裏の感覚とコース南端近くに在る「国内第六位のドーナツメーカー」北川製菓サンの工場直売店が私メを呼び寄せる・・当然今回も参りましたゼ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都渋谷区表参道」への訪問記です★


(参考リンク)
★「信州駒ヶ根ガイド」駒ヶ根観光協会HP
★「BLUE SKY in KOMAGANE」駒ヶ根の青い空HP
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
★「避暑地『駒ヶ根高原』」駒ヶ根高原リゾートリンクスHP
★「駒ヶ池から中央アルプスを望む」駒ヶ根市役所HP
★「駒ヶ池
(長野県駒ヶ根)」水辺遍路ブログ
★「駒ヶ根高原 こまくさ橋から駒ヶ根ファーム」Happy life memoブログ
★「駒ヶ根高原の紅葉」駒ヶ根市役所HP
★「信州みやだ観光ガイド」宮田村観光協会HP
★「こい!こい!みやだ」宮田村商工会HP
★「こもれ陽の径」宮田村観光協会HP

★「全国第6位のドーナッツメーカー」北川製菓HP
★「ル・ノール・リヴィエール」北川製菓HP
★「あやさんぽ 〜どこか近場へ行きたい34☆北川製菓〜」い〜な上伊那ブログ


(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と『天ぷら饅頭』・・駒ヶ根」
★「2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と『ドーナッツ工場』・・宮田村」
★「2220 【野菜果物76】今年も『下剤』でジャム作り!2015・・駒ヶ根」
★「2221 【スイーツ166】『板飴』舐めて、高原で命の洗濯を・・駒ヶ根」
★「2222 【スイーツ167】涼しげな『こもれ陽の径』とドーナツ工場・・宮田村」
★「2522 【野菜果物87】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2016・・駒ヶ根」
★「2523 【スナック63】高原の迷子石と『ツルヤのポテチ』・・駒ヶ根」
★「2524 【スイーツ198】木立の中の清流と『焼きドーナッツ』・・宮田村」
★「2577 【スイーツ206】駒ヶ根高原で川遊びと『ピーチソフト』を」
★「2578 【スナック67】爽風の駒ヶ根高原で『ブルーベリーポテチ』を」
★「2579 【スイーツ207】こもれ陽の径で夏も『ドーナッツ工場』へ・・宮田村」
★「2617 【スイーツ213】油水騒ぎの駒ヶ根で『しっとりビスケットサンド』を」
★「2670 【やきそば289】山寺の燃える秋と『塩味のローメン』・・駒ヶ根」
★「2671 【スイーツ219】紅葉の高原リゾートと『超濃厚スイスロール』・・駒ヶ根」
★「2853 【スイーツ228】梅雨のこもれ陽の径と『幻のクリームパン』・・宮田村」
★「2854 【野菜果物98】今年も作るぞ『信州の下剤ジャム』2017・・駒ヶ根」

★「2909 【やきそば320】残暑の高原で『豚ローメン』を・・駒ヶ根」
★「2913 【スナック81】残暑のこもれ陽の径で『りんごバターポテチ』を・・信州宮田」

★「2971 【やきそば328】紅葉燃える光前寺と『エビローメン』・・駒ヶ根」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(次回行けるのは来年の春、桜が南信州に咲く頃に成るンでしょうネ)

北川製菓サンの工場直売店「ル・ノール・リヴィエール」は、美味しそうなドーナツやらスイーツやらが沢山並んでて「アレ食べたい、コレ食べたい」と目移りしますが、やっぱ一番楽しいのは製造過程で生じた型崩れ品を、一袋100円で売ってる「久助」を選ぶ事ですナ。こもれ陽の径を歩いて疲れた頃にココへ辿り着きますンで、持ち金を全てはたいて買い占めたく成りますが、流石にソレじゃ身体を壊しますンで・・少しずつしか買えないのが残念無念。近所だったら、毎日行ってしまいそう




| 2017.11.17 Friday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS