きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2979 【麺類色々270】黄金色の最高学府で「東大生の二郎系」を・・本郷 | main | 2981 【お魚料理110】利根川を遡るサケと「鮭のお華花」・・行田 >>
2980 【麺類色々271】光り輝く鬼子母神サマと「池袋の光麺」・・雑司ヶ谷

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

雑司ヶ谷のシンボルと云えば、元禄十三年(1700)に建立された国の重要文化財「法明寺の鬼子母神(きしもじん)堂」。毎年盛大に行われる御会式から一ヶ月経ち、あの時の熱狂がウソみたいに今は静かですヨ

 

東京を黄金色に染め始めたイチョウの名所を目指し、今日も休まず青空療法でテクテク歩き廻る私メです。都建設局の今年春の調べに依ると、都内は街路樹としてイチョウが六万二千本植えられてるンだとか。

 

もちろん庭園・公園や学校等に生えてるのは別ですンで、総計としては一体ドレだけ在るのか判りませんが、江戸の頃から矢鱈に多かったソウですナ。数百本差で現在トップのハナミズキなんて、昔は無かった木。

 

鬼子母神サマの御神木()は、麻布・善福寺に次いで都内で二番目に太い(幹回り6.6m)とされる「子授けイチョウ」。樹齢は六百年以上・・つまり江戸時代以前からココに在る訳で、お堂よりも古かったりします

 

イチョウは古代植物の生き残りで、日本と中国だけしか自生してないと聞きますが、空気の汚れに意外と強いンで街路樹に多用されてますヨ。ですが江戸の昔に公害なんて無かった訳で、ソレだけが理由じゃ無い。

 

「武士・鰹・大名小路・広小路・・」十四も有る江戸名物の中で、九番目に出て来るのが「火事」。困りモノですが、当時から世界最大の都市だったンで、ドウしたって多く成る。そして火事とイチョウに関係が有るそうナ。

 

鬼子母神サマから都電の線路を渡り、広々とした青空が望める雑司ヶ谷霊園へ。世界第二位の巨大駅・池袋から歩いて十分ほどなのに、聞こえるのは鳥の囀りと枯葉の舞う音だけ。ココも又イチョウが綺麗です

 

コリャ聞いた話ですが・・イチョウの葉っぱは燃えにくく、町家を総なめにした炎の波が迫って来ても容易に延焼せず、取り敢えずの防火壁に成るンだとか。イチョウが堪えてる間に、少しでも遠くへ逃げ出せる訳だ。

 

またコレは見た訳じゃ無いですが、炎の波が迫るとイチョウは幹や枝から水を噴き出すソウで、タダでさえ燃えにくい葉っぱを護ろうとするンだとか。講釈師がコウ言うと信憑性に欠けますが、事実ナンだソウです。

 

東京ドームの倍以上の広さ(約三万三千坪)を持つ雑司ヶ谷霊園にゃ、高貴な御方や有名人・大作家のお墓が沢山在って、ソレを時々ご紹介してますが・・コチラは外人墓地。カトリックの修道女のモノの様ですナ

 

ソウ云う特技()のお蔭で古代から生き残れたンでしょうが、ソレを知ってた昔の人は念には念を入れ、火除け用の空地(=広小路)に並木みたいに植えたり、方々の寺社仏閣で御神木として崇め大切にしたらしい。

 

拙宅から近いンで度々参る鬼子母神サマにも巨大なイチョウが聳えてますが、ソコの祭礼「御会式」は火消しの纏いを振うのが習わし。直接の因果は無いでしょうケド、多少は有るかもと思ってしまう私メでした。

 

外人墓地を設ける位に、実は昔から大勢の外国人が住んでたのが雑司ヶ谷。アメリカ人宣教師マッケーレブ氏が明治四十年(1907)に建てた「雑司が谷旧宣教師館」が、霊園近くで保存・公開されてます。当時の典型的なアメリカンハウスで、コレだけガラス面が多いと陽射しが眩しいでしょうナ。ココのお庭で暫く休憩、ケヤキの色付きが見事でした

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「埼玉県行田市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ビジットシティとしま」豊島区観光協会HP
★「池袋通信」東武鉄道HP
★「タウンガイド池袋」ディープイン池袋HP
★「私たちは、このまちの総合案内人です」雑司が谷コンシェルジュHP
★「雑司が谷案内マップ」雑司が谷案内処HP
★「鬼子母神へようこそ」威光山法明寺HP

★「雑司ヶ谷鬼子母神堂の大イチョウ」あられの日記ブログ
★「雑司ヶ谷霊園
(ぞうしがやれいえん)」ちんけでさびれた旅HP
★「雑司ヶ谷霊園外人墓地」雨風呂ブログ

★「雑司ヶ谷霊園−紅葉」mes pensees ブログ
★「旧マッケーレブ邸/豊島区立 雑司が谷旧宣教師館」墳丘からの眺めブログ
★「銀杏と江戸の火事」江戸美学研究会ブログ
★「街路樹の主な樹種と本数
(東京都)」東京都建設局HP
★「光麺 本格中華麺店」光麺インターナショナルHP
★「【東京おすすめラーメン】光麺のこだわり『熟成光麺』が何年経ってもうまい!」追憶スカイウォーカー・ブログ


(関連する記事)
★「168 【名物パン11】カジノと云えば池袋のタカセ 」
★「668 【麺類色々39】巣鴨プリズン跡はサンシャインシティ!」
★「741 【名物パン55】鬼子母神さまと『メープルナッツ』」

★「1323 【煎餅お餅18】日本に来た人・戻った人‥雑司が谷」
★「1565 【名物パン159】『ファンタジークリーム』と池袋の夜 」
★「1716 【名物パン181】桜咲く雑司ヶ谷と『トルコのパン』」

★「2174 【名物パン247】超高層ビルの新・豊島区役所と『スイートブレッド』」
★「2199 【麺類色々188】お散歩ネコと『冷やし豚天そば』・・雑司ヶ谷」
★「2320 【やきそば249】大盗賊『鬼あざみの清吉』の墓・・雑司ヶ谷」
★「2351 【今川焼き30】黄金色の鬼子母神と『白玉たいやき』・・雑司ヶ谷」

★「2409 【今川焼き34】六代目・高尾太夫と『サンドイッチ鯛焼き』・・池袋」
★「2511 【スイーツ197】初夏のオープンカフェで『甘くて長〜いチョコ』を・・池袋東口」

★「2583 【団子饅頭84】夏木立の鬼子母神で『雑司ヶ谷の豆大福』を」
★「2622 【スイーツ215】秋晴れの雑司ヶ谷で『すずめやのどら焼き』を」
★「2627 【今川焼き53】またまた選挙の池袋で『芋きんとん鯛焼き』を」

★「2633 【揚げモン67】鬼子母神サマの万灯と『文化フライ』・・雑司ヶ谷」

★「2677 【麺類色々223】黄金色の雑司ヶ谷と『東京豚骨ラーメン』」

★「2812 【今川焼き73】新緑の雑司ヶ谷で『サンドイッチ鯛焼き』を再び」

★「2837 【麺類色々248】大繁華街の空中庭園で『デパ屋の名物うどん』を・・池袋東口」
★「2893 【揚げモン72】今夏初!酷暑の池袋と『大戸屋本店の梅おろしチキン』」

★「2952 【スイーツ247】熱狂の御会式と『昭和なロールケーキ』・・雑司ヶ谷」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(毎月二回は雑司ヶ谷を歩いてる様な・・山坂だらけの静かな街です)

雑司ヶ谷は「小さな観光地」「静かな住宅地」で、飲食はドウしたって隣接する大繁華街・池袋に成ってしまいますが、池袋はラーメンの激戦地で有るらしく、東京とんこつをウリにしたお店が多いですナ。その一つが平成七年(1995)から東口の西武デパート横に在る「光麺(こうめん)」。初めはスゴイ行列で私メも食べに行き、コリャ美味いと思った記憶が有りますが、似た様な店が増えてスッカリ埋没し、多店舗化したのも失敗だったらしく一昨年、経営会社が破たんして不安に思ったモノですヨ。ですが新会社で再スタートし、行列は影を潜めても健気にやってる様なので、久し振りに行ってみましたが・・あの時ほどの喜びを感じないのはナゼかしらん?確かに美味いンですが、この手の濃厚醤油とんこつに慣れたちまったかナ。ま、冷えた身体には有難いコトでしたが




| 2017.11.23 Thursday (00:15) | 行け!行け!池袋! | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.09.19 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS