きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 3002 【お米料理291】錦秋の新宿新都心で「タルタルかつ丼」を | main | 3004 【麺類色々275】イルミネーション輝く丸の内で「東京タンメン」を >>
3003 【呑みモン80】錦秋と目赤不動と「蒸し生姜湯」・・本駒込

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

富士山に見立てた塚(前方後円墳?)の上に社殿の建つ「駒込富士神社」サマは、江戸初期から続く富士講の拠点。「一富士二鷹三茄子」の富士山はココだと駒込っ子は言いますが、はてしてドウなのかしらん?

 

手袋無しじゃ辛くて堪らぬ寒さに成った都内をテクテクと、青空療法で毎日歩き廻る私メです。全国各地から初雪の便りが届く様に成って参りましたが、今冬の東京はドウ成りましょうか?平年並みとは聞きますが。

 

さて先月半ばから延々続けた都内の黄葉・紅葉のお噂も、この寒さで盛りは過ぎましたし・・私メ自身もチト飽きましたンで、今日までと致します。より綺麗なトコが有ったかも知れませんが、ソレは来年の楽しみ。

 

本駒込界隈は古くから風光明媚な地として知られ、諸大名家の下屋敷(別荘)が多く置かれたとか。その総鎮守「駒込天祖神社」サマの参道もイチョウ並木が御覧の輝きで、真っ黄色の絨毯が下に拡がってました

 

その最後のお噂は、イチョウの名所として殆ど知られてない文京区本駒込。JR山手線に駒込駅が在りますが、ソレは昔の駒込村の北端に隣接した豊島区で、ホントの駒込は「本郷の駒込」だから本駒込と称します。

 

要するに東大・本郷キャンバス北側一帯のコトですが、良くも悪くも地味な・・落ち着いた住宅街で、特に目立つナニかが在る訳でも無いンで観光客はソウソウ参らず、歩いてるのは地元の方か余程のモノ好きだけ。

 

寺町でも有る本駒込で一番大きいのは、太田道灌公が開基の「諏訪山吉祥寺」さん。多摩の繁華街・吉祥寺はココの門前町が、幕府により移住させられたトコで、黄金色に輝く参道は本駒込随一の絶景です

 

都を彩る「春の桜」「秋のイチョウ」。桜は賑やかに浮かれ愛でるのが宜しいですが、イチョウは出来れば静かに眺めたいモノ。贅沢を言えば誰も居ない黄金色の並木道を歩きたい、その美景を独り占めしたく成る。

 

ですがこの超大都市・東京で、そんな都合の良いトコは滅多に在るモンじゃ無く、廻りに居る人達を居ないモノと思うしか有りませんナ。処が本駒込はキレイなトコが多いのに、普段と変わらず人通りが少ないのヨ。

 

目赤不動尊」で知られた「大聖山南谷寺」さんも、本駒込の寺町に。今は五色不動と称してますが、本来は「目黒」「目白」「目赤」の三色だけでして、いずれも江戸町民の手頃な行楽地として賑わったソウです

 

だもんで度々参ってジックリ堪能致しました、板橋平尾宿の拙宅から三km位と近いンで。尤も盛りはトウに過ぎ、黄金色の絨毯が残るだけに変ってますが、敢えて記事化を遅らせたのは大勢来られると困るから。

 

拙ブログ旅日記にソレほどの影響力は無いですが、私ぁ好物は最後に残しておく主義なのサ。コレで黄葉・紅葉巡りはまず止めにして、明日からは冬モードに変わりましょ。初雪は何時なのかが楽しみな私メです。

 

不動堂の戸が開いてたンで、謹んで中を覗いてみますと・・不動明王サマが居らっしゃいましたヨ。ですがお目が赤くない・・ソリャその筈で、ココは伊賀国(三重県)の赤目山で授かった不動サマだったから、元は「赤目不動」と称してたトコ。鷹狩で立ち寄った三代将軍・徳川家光公の命で、「目黒」「目白」に揃えて「目赤」と改称させられたンです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都千代田区丸の内」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「江戸ロマンを満喫(本駒込)」文京区ナビHP
★「白山・駒込
(本駒込)」よくある日帰り歴史スポットHP
★「駒込の歴史:本駒込」駒込スタイル・ブログ
★「駒込富士神社−六義園近くの、彩色石碑が林立する富士塚」伝統の日本紀行HP
★「駒込の総社 天祖神社」JAPAN WEB MAGAZINE HP
★「駒込・天祖神社の秋」togetter HP
★「吉祥寺−江戸期の経蔵や大名墓群の残る、駒沢大学の前身の名刹」伝統の日本紀行HP

★「吉祥寺(文京区本駒込)−栴檀林 前半」愛する御朱印とスターバックス・ブログ
★「大聖山東朝院 南谷寺
(通称:目赤不動尊)」天台宗東京教区HP

★「赤い目をしていない江戸五色不動の目赤不動尊」ヨッシーのほっこり町あるきブログ
★「生姜のイトク食品」イトク食品HP
★「美味しい生姜湯」ゆるゆる自然食Lifeブログ


(関連する記事)
★「427 【五色不動02】仕立屋銀次と目赤不動」
★「471 【スイーツ19】吉祥寺は武蔵野市ではなく、文京区なのである」

★「1318 【スイーツ74】一葉終焉の地で『アップルパイ』を‥本郷」

★「1556 【スイーツ93】小春日和の根津で『アイス最中』」
★「1690 【お米料理117】弥生時代のはじまりと『弥生丼』・・本郷」
★「2179 【スイーツ162】本当の吉祥寺と『不思議なシベリア』・・本駒込」

★「2209 【スイーツ164】お富士さんの山開きと『麦らくがん』・・本駒込」

★「2355 【お米料理206】黄金色の東大農学部で『カツたま丼』を・・弥生

★「2529 【スナック66】アジサイと八百屋お七と『ホッコメ』と・・白山」

★「2560 【スイーツ203】お殿様が分譲した文教地区と『虎焼』・・西片」

★「2848 【スナック78】紫陽花だらけの街で北陸名物『ビーバー』を・・白山」
★「2979 【麺類色々270】黄金色の最高学府で『東大生の二郎系』を・・本郷」

★「まとめ 【五色不動】シリーズ」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(随分アチコチの黄葉・紅葉を眺めましたが、年々愛おしく成ってます)

本駒込の探せば珍しいモンが有るンでしょうが、今回は見付けられなかったンで・・全く関係無いですが、イチョウと同じ色のパッケージと云うコトで、広島・尾道市のイトク食品さんの「蒸し生姜湯」を。スライスした生姜を一度蒸し、ソレをジックリ低温乾燥させると、身体を内側から暖める成分「ショウガオール」が三十倍以上に増えるンだとか。また血行が良く成るンで新陳代謝が高まり、風邪の予防にも成るって素晴らしい!生の生姜は身体を冷やしてしまいますが、乾燥させるとそんなに違うと知りませんでしたが、そのママじゃ呑みづらいンで葛粉や砂糖を加えて多少飲み易く成ってるのが助かります。身体を暖めませんと




| 2017.12.17 Sunday (00:15) | ふみのみやこ文京区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.06.25 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS