きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3024 【揚げモン74】東海道五十七次の終点で「超激安の定食」を・・京橋 | main | 3026 【スイーツ253】争い治まらぬ日光で「水ようかん」と初詣を >>
3025 【保存食品71】銀嶺望む冬の日光で「日光きすげの煮物」を

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

流石に古くからの国際観光地だけ有って、JRも東武も日光駅は随分立派ですナ。コチラは大正元年(1912)に完成したJRの方で、皇族の御利用に備えた貴賓室まで在る堂々たるモノ。ですが閑散としてます

 

新年が明けて結構経つと云うのにナカナカ初詣に行けず、決意を漸く固めて日光まで参った私メです。何もソコまでせずとも良かろうと我ながら思いますが、コウ云ったモノは思い立ったが・・だから仕方無いですナ。

 

大雪続きの北日本や日本海側の方々にゃお詫びしますが、今冬の関東はエラク穏やかで雪らしい雪は未だ無く、二年連続の雪知らずで済んで欲しいと願うばかり。キライじゃ無いけれど・・やっぱ雪って面倒だしネ。

 

コチラは山小屋風の駅舎が旅情を誘う「東武日光駅」で、列車で日光へ行くならばフツーはコチラに降り立ちますナ。銀雪を冠った「女峰山(2483m)」の姿が、関東の北の果てへ来たのを実感させて呉れます

 

ですが旅先で雪景色を見るのは大好きって・・全く都合が宜しいったら有りゃしない。ま、人間なんて兎角そんなモノで、だからこそ態々面倒な思いをして旅行に参る訳ですが、関東も北部の山沿いは雪が多いとか。

 

ならば日光まで行けばソレと戯れつつ、初詣が出来て一石二鳥・・と勝手に考えたモノの、ソウは問屋が上手く卸して呉れぬのが世間の荒波。確かに山並みは冠雪してますが、日光駅前に雪なんぞ全く無いわい!

 

駅から二社一寺は結構離れてますし、緩い上り坂が延々と続くンでバスの方が楽ですが、土産物屋や和菓子屋等を覗きながら歩くのは愉しく・・立派な建物「日光物産商会」さんは国の登録有形文化財だとか

 

いや日陰に多少残ってますンで、年末の寒波で降りはしたモノの・・年始からの御陽気で溶けたかナ?押し寄せる初詣客の往来に備え、歩道は完全に除雪した様で、路面は至ってドライで歩き易いコトこの上ない。

 

コリャ全く有難いと感謝すべきなのに、何しろ私ぁ雪遊び気分で参ったモノだから・・ただ寒いだけでエラク残念。ならば身体を暖めるのも兼ねて世界遺産「日光の社寺」まで、テクテク歩いて参るコトとしましょかネ。

 

駅前からの坂道の終点は、大谷川に架かる日本三大奇橋の一つ「神橋」で、国の重文にして世界遺産に登録されてますゼ。奈良時代から在った様で、現在のモノは明治三十七年(1636)に再建されてますヨ

 

東夷の常として日光にゃ子供の頃から随分参ってますが、ソレは車やバス・バイク等が専らで、列車で行くだナンて・・身体を壊してからですナ。二社一寺は確かに立派だけれど、奥日光の自然の方が見事だし。

 

ソリャ今だって日光駅からバスに乗れば着きますが、ソレは寛解して遠くへツーリングに行ける身体に戻った時の楽しみ。その為にゃ神様にお願いせねば成らぬ訳で、自ずと坂道を進む足に力の入った私メです。

 

「勝道上人」が日光を霊場として開山されたのは、約千二百五十年前の天平神護二年(766)のコト。神橋のソバに草庵を設けたのが始りとされてますが、今と違って暖かな衣類なんて無かったでしょうから・・。信仰の力と云うのはホント凄いと、改めて思い知らされるばかりです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日も「栃木県日光市への訪問記です★


(参考リンク)
★「行こう日光!日光旅ナビ」日光市観光協会HP
★「世界遺産 日光の社寺」日光市役所HP

★「日光の今がわかる観光情報サイト」日光観光ライブ情報局HP

★「電車で日光の旅」東武鉄道HP
★「二つの日光駅と田母沢御用邸」まちかど逍遥ブログ
★「『JR・東武直通特急』協調路線10年目の課題」東洋経済オンラインHP
★「女峰山 にょほうざん」ヤマケイオンラインHP
★「日光国立公園 神橋のすぐそば」日光物産商会HP
★「神橋」日光二荒山神社HP
★「日光開山の祖 勝道上人」日光国立公園 観光とレジャーHP
★「木の芽さんしょ」柏崎商店HP
★「日光きすげ」柏崎商店HP
★「ニッコウキスゲ花散歩」四季の花散歩HP


(関連する記事)
★「634 【スイーツ25】鹿沼には『切りパン』がある」
★「745 【お鍋料理13】燃える秋な奥日光と『ちたけ鍋』」

★「1438 【やきそば142】『ニラ焼きそば』とまちの駅だらけの街‥鹿沼」
★「1439 【スイーツ84】『天然氷のカキ氷』と干瓢の故郷‥壬生町」
★「1511 【やきそば156】足尾銅山と日光の『白焼きそば』」
★「1512 【名物パン147】世界遺産・日光の社寺と『ジャーマン』」
★「2478 【やきそば261】蒼空の宇都宮で桜と『キャベツ焼きそば』を」
★「2479 【スイーツ192】今年最後の夜桜と銘菓『チャット』・・宇都宮」

★「2612 【やきそば278】清水が二層で流れる宇都宮で『後がけ焼きそば』を」

★「2613 【野菜果物93】復活した中心繁華街で『なつおとめのスムージー』を・・宇都宮」

★「2614 【お米料理258】寒く美しき日光で『湯波むすび』を」

★「2715 【今川焼き61】世界遺産・日光山の争いと『昔のたい焼き』」
★「2746 【やきそば299】初代横綱と三奇人と『宇都宮焼きそば』と」

★「2747 【スイーツ223】幻の北関東州と『冬の水羊羹』・・宇都宮」

★「2791 【お肉料理101】夜桜の宇都宮で『ネギ味噌焼餃子』を」

★「2917 【スイーツ235】自転車のまち宇都宮で『とちおとめの天然かき氷』を」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(駅から二社一寺まで歩く人の多いコト・・商店巡りが楽しいですしネ)

駅から続く商店街は「ゆば料理屋」と「水羊羹屋」が随分多かったりしますが、木の芽山椒の柏崎商店サンで見付けたのが「日光きすげ」なる不思議な煮物。日光の山野で良く見られるンで禅庭花のコトを「ニッコウキスゲ」と呼びますが、まさか・・あの山吹色の可憐な花を日光じゃ煮て食べるのか?ドウ考えたって美味そうに思えませんでしたが、聞けば見た目の良く似た「野菫草(ノカンゾウ)」の花をキンピラ風に仕立てたモノで、味を簡単に表現すれば・・柔かいメンマ。決して天下の珍味じゃ無いけれど、世の中には面白い食材と料理が有ると感心です




| 2018.01.12 Friday (00:15) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.23 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS