きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3037 【名物パン345】関西のソウルパンの故郷で「復刻版サンミー」を・・上新庄 | main | 3039 【団子饅頭112】ナゾの三柱鳥居と「ゆず餅」「みかん餅」・・太秦 >>
3038 【お米料理296】真冬に咲く京都の桜と「大力餅の衣笠丼」・・衣笠

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

北野天満宮の東参道は、京都五花街の一つ「上七軒」の表通り。室町時代の天神サマ再建の際に出た余材で七軒の茶屋を建てたのが始まりと聞きますから、自分再建中の私メにゃココを通るのが相応しい様な

 

今年初めての上方の旅噺を続けて居りますが、今日から京都で御座いますヨ。と申しましても・・もう十日以上前に成っちゃったンですナ。拙宅の在る東京の大雪騒ぎに感けてて、そんなに経っちゃったのに驚く位。

 

四年ぶりの大雪警報から始まって、「約半世紀ぶり」とか「ここ数十年で一番」等のイヤな形容の付く連日の大寒波。結構回復してるンで堪えられますが、去年までの身体だったら絶対に潰れてる。もぅ寒くて寒くて。

 

学問の神さま「北野天満宮」は、受験シーズン本番と有って参拝する人は引きも切らず。その横で「お陰様で記憶力が結構戻って参りました」と、嬉しい感謝の御礼を。願わくば、発病前まで戻して下さいませ

 

豪雪が未だ続く東北や北陸だけじゃ無く、関東・中京と雪の降った範囲は広がって、昨日は京都も白銀に染まったとか・・旅するならソウ云う時に行きたかった!何しろ先日訪ねた時は、タダ冷たい氷雨でしたから。

 

ま、ソレは来冬以降の楽しみで、あと一歩の筈の寛解を目指して心神と身体を治さねば。苦闘の甲斐あって結構良く成りましたンで、お力添えを願ってた京都の神様方に、中間報告()がてらエラク遅めの初詣。

 

流石にもう咲き出したでしょうが・・今年の京都は随分寒いンで、天神サマも梅の開花がドウにも遅いと神職の方に伺いしましたヨ。だもんで昨冬の今頃の画像で失礼しますが、やっぱ天神サマは梅花ですナ

 

服薬治療の副作用で沈没した記憶力の回復を願ってた北野の天神サマに、ここまで戻ったと感謝の中間報告を。一見のお社はともかく、度々詣でてる神様にはお願いするだけじゃ無く、御報告も時々しませんと。

 

その上で改めて「少し高いトコ」をお願いする、勿論出来うる限りの自助をすると約束して!その間隔が狭くなれば成るほど嬉しい悲鳴な訳だから、東京から幾ら遠くたって・・京都まで遥々参ろう気持ちに成りますヨ。

 

天神サマの在る北野(上京区)・衣笠(北区)界隈で、一番格上のお社は「平野神社」サマ。朝廷が定めた「二十二社(全国の神社ベスト22)」の中の五位と云う極めて貴いトコなのに、いつも静かで心が洗われます

 

裏御門から三分ほど歩くと、平安の昔から桜ノ宮として知られた「平野神社」サマ。往時に比べて狭く成ったけど、桜の種類に関しては国内随一とされてるトコで、去年も今頃から咲いてました・・今年はドウだろう。

 

天神サマの梅が未だでしたンで、平野サマの桜も駄目だろうと覚悟しつつ参りますと、僅かながらも早々に咲いてる!コレから冬本番ですが、春が確実に近づいてるのが感じられ、もう暫く頑張ろうと思う私メです。

 

平安京への遷都と同時に創建された「平野神社」は、花山帝が寛和元年(985)にお手植えされたのが始まりで、京都を代表する桜ノ宮として次々に植えられたトコ。ナンと云う種類なのか判りませんが、西大路通に面した鳥居ソバの桜は、真冬なのに健気に咲く姿が嬉しく思えます

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市右京区太秦」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「京都上七軒へおこしやす」上七軒 匠会HP
★「みなさまのご来場をお待ちいたしております」上七軒歌舞会HP

★「天のエネルギーが満ちる場所」北野天満宮HP
★「学問の神様、菅原道真公を祀る北野天満宮」寺社巡り.com HP
★「京都 冬旅 姉妹梅旅 その4
(北野天満宮編)」一人時間ブログ
★「全国唯一の皇太子ご親祭の定められた神社」平野神社HP
★「【神社界のトップ22】二十二社 上七社のご紹介【御朱印まとめ】」NAVERまとめHP
★「平野神社」中正面2列16番ブログ

★「冬の桜咲く平野神社」京花だよりブログ
★「京都オンリーのどんぶり物 衣笠丼」京のいっぴん物語HP
★「北野白梅町のだいりき亭へ行ってきました。もちろん、ひとりで」ひとりでうろつく京都ブログ


(関連する記事)
★「681 【お肉料理14】天神サマと五番町夕霧楼と『松葉焼き』」
★「682 【呑みモン22】西陣の不思議神社と『冷やし飴』」
★「2263 【団子饅頭71】『長五郎餅』と記憶力回復への願い・・北野天満宮」
★「2288 【揚げモン61】日本最大の禅寺と『ジャンボ白雪チキンカツ』・・花園」
★「2418 【やきそば256】京都は変と乱と桜と『ジャンボ』が好き・・北野」
★「2436 【揚げモン64】『二色ジャンボチキン』と紅白梅花の北野天満宮」
★「2454 【呑みモン64】織田信長公の神社と『京番茶』・・船岡山」
★「2464 【呑みモン65】京都随一の桜の名所・平野神社で『桜湯』を」
★「2465 【団子饅頭76】芸妓とおかめと『天神さまの粟餅』と・・上七軒」
★「2602 【団子饅頭87】『天神サマのやき餅』と記憶力回復への願い・・北野天満宮」
★「2634 【やきそば282】雷雨の上七軒で『チャーミング焼きそば』を」
★「2636 【団子饅頭93】心地良い平野神社で『京都の豆餅(あんなし)』を」

★「2709 【お米料理257】虹と桜と巡洋艦と京都だけの『衣笠丼』・・衣笠」
★「2710 【やきそば294】梅咲く初春の北野天満宮で『花街の焼きそば』を」

★「2793 【揚げモン70】日本最初の夜桜と『ビーフミンチカツ』・・平野」
★「2896 【お米料理278】土用の梅と左大文字と『焼き飯&チャーハン』・・北野」
★「3022 【お米料理294】足腰の神サマと『近江牛の柳川丼』・・御所西」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(去年や一昨年の身体じゃ絶対に、今冬の寒さに耐えられない筈です)

衣笠山の麓に在るコトから、平野神社や金閣寺の辺りは昔「衣笠村」と呼ばれてましたが、京都で衣笠と云えばやっぱり「衣笠丼」。短冊状に刻んだ油揚げを甘辛く炊き、ソレを卵で綴じてご飯に乗せた丼物で、平安初期の宇多天皇サマが真夏の衣笠山に白絹の反物を拡げ、ソレを雪に見立ててお喜びに成られたと云う故事から、何故かソウ呼ぶ様に成った京都のローカルフードですナ。もちろん食べるのは初めてじゃ無いですが、ふと「衣笠村で衣笠丼を食べたい」等と思いつき、平野神社の廻りでコレを食べれるトコを探した結果、嵐電・北野白梅町駅近くの「大力(だいりき)亭」さんで発見!京都に多い「大力餅」と云う食堂の一つで、ドコから暖簾分けされたトコか判りませんが、街の人達に親しまれてる気楽なうどん屋さん。長葱苦手な私メでも九条ネギだけは好物だったりするから勝手ですが、実に庶民的な丼を優美な名前にしてしまう京都の美意識()。或る意味、冬に相応しい料理かも知れません




| 2018.01.27 Saturday (00:15) | 京都上ル下ル・洛中 | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.05.21 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS