きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3054 【団子饅頭114】重伝建な街並みと「大和名物きな粉だんご」・・橿原 | main | 3056 【スイーツ256】変わり始める名古屋中心街と「ラインケーキ」・・栄 >>
3055 【お米料理301】ごった煮すぎる街・大須で「台湾カレー」を

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

名古屋の下町「大須」の中心は、日本三大観音の一つ「大須観音」真福寺サマ。大須と云う地名はこのお寺が元々在った岐阜・羽島市に因むモノで、慶長十七年(1612)にココに地名ごと引っ越して来てますヨ

 

昨日まで御案内の奈良県に続き、今度は中京地方の最大都市・名古屋へ参った私メです。良くも悪くも個性がエラク強い街ナンで苦手な方も多い様ですが、隣りの静岡県に実家の在る私メはキライじゃ無いですナ。

 

だからと云って大好きかと云えば話は別だったりしますが、国内第三の人口集積地域の中心だから面白いモンは多く、東の文化が多少混じった西の文化と云うか?ごった煮みたいなソレを見付けて喜んでますネ。

 

大須観音の門前町が歓楽街と成り、戦後の焼け野原から電気街を経て、サブカルから高齢者向けまでナンでも有る「ごった煮」みたいな街として再生したのが大須!一時の寂れっぷりを知ってるンで・・夢の様

 

そんな名古屋のごった煮の塊と云えば、コリャもう大須しかない訳で・・似た雰囲気の浅草を好まぬ癖に、コッチにゃ参るって勝手ですナ。旅先だと一つトコで済むのは便利で、浅草が繁盛してるのも同じ理由の筈。

 

尤も東西往来の「ついでに寄る」様な街じゃ無く、実に二年ぶりのブラブラ散歩。賑わいは相変わらずですが、観音さまと並ぶ二大古刹の一宇「萬松寺」が信じられない位にモダンに成ってて・・一体ナンじゃコリャ?

 

大須のアーケード内に在る古刹「萬松寺」さんは昨年ビルに建て替えられてた様ですが、二時間おきに白龍の目が煌き白煙を放つ、音と映像のショーが開催されてて・・こんなお寺は初めて!ごった煮すぎます

 

戦国三英傑の織田信長公が若き頃、父親の葬儀の際にワザと傾いた衣装で現れ、抹香を位牌に投げつけたと云う逸話が有りますナ。余りに馬鹿げてるンで講談由来かと思えば、「信長公記」にチャンと載ってる。

 

近臣だった大田牛一サンが著してますンで、充分な信憑性を持つ一次資料とされてますが、筆が過ぎて小説っぽく成ってるトコが結構有りまして・・ネ。ソレは兎も角、抹香事件の現場だったのが萬松寺サンです。

 

建て替え前の萬松寺さんの姿を、四年前にご紹介したモノの中から。いつでも賑わってた大須観音と違い、騒々しいアーケードの中のエアポケットみたいに静かなトコだったンですが、まさかコウ変わるとは・・

 

但しソレは大須に移転する前のコトで、信長公はアーケードの中を傾いた姿で呑気に闊歩してた訳じゃ無いですが、戦前まで大きく栄えたお寺だったとか。平成に入って少しずつ復活し、ココ数年で著しい大変貌!

 

周囲のビルを幾つか所有する大地主なのは知ってましたが、一体ナニが起きた?余りの変り様に全く気付かず・・一旦通り過ぎちまった位ですが、「コレもまた名古屋らしいごった煮」と楽しむコトにした私メです。

 

縦横無尽にアーケードの延びる大須商店街の南東「ふれあい広場」に鎮座するのは、高さ2.2mを誇る巨大招き猫。萬松寺さんの境内は休めるトコじゃ無く成っちゃいましたンで、ココで休息されるが宜しいかと

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「愛知県名古屋市中区栄」への訪問記です★


(参考リンク)
★「名古屋コンシェルジュ」名古屋観光コンベンションビューローHP
★「名古屋で暮らす人のための生活密着型情報サイト」名古屋情報通HP

★「え〜なも 名古屋生活情報ネットワーク」a−namo HP

★「大須観音」北野山真福寺寶生院HP

★「@大須」なごや大須商店街HP
★「大須探検隊」テレビ愛知HP
★「名古屋に来たら一度は行きたい大須の観光スポット10選」NAVERまとめHP

★「織田信長の父、信秀が開基。」亀獄林萬松寺HP
★「万松寺の歴史」亀嶽林萬松寺HP
★「大須・万松寺の新名所!?霧を吐き出す『白龍』を観に行ってきたよ。」名古屋情報通ブログ
★「息子は信長・・織田信秀が建てた万松寺」BEST TIMES HP
★「『信長公記』と作者大田牛一」筑摩書房webちくまHP
★「大須商店街で巨大招き猫を見上げた」e−homeな日々ブログ

★「まぜて、食べて、笑顔。」元祖台湾カレーHP
★「『元祖台湾カレー 大須店』」名古屋情報通ブログ


(関連する記事)
★「1618 【やきそば171】『塩っぱい焼きそば』と日本武尊伝説・・熱田」

★「1620 【スイーツ99】さよなら大須演芸場と『揚げまん棒』」
★「1621 【やきそば172】大賑わいの盛り場で『大須の焼きそば』を」
★「1701 【スナック36】『焼きしょうゆポテチ』持って、栄までお散歩を」

★「2076 【名物パン229】『エビフライサンド』と100m道路・・栄」
★「2077 【スナック52】大須演芸場跡で『小倉バターポテチ』を」
★「2078 【麺類色々171】名古屋はええよ!『みそ煮込みうどん』‥鶴舞」

★「2104 【名物パン234】夜の名古屋摩天楼と『十周年の黒コッペ』」

★「2105 【スナック53】青く輝く水の宇宙船と『ぽてとりっぷ』・・栄」
★「2136 【麺類色々178】夜の栄と『元祖・台湾ラーメン』・・名古屋」
★「2459 【今川焼き40】結構咲いとる!鶴舞公園の桜と『名古屋一丁焼き』」

★「2489 【呑みモン66】薫風吹く名古屋で『お嬢様聖水』を・・栄」
★「2490 【揚げモン66】日台朋友!大須で『台湾唐揚げ』を」

★「2753 【麺類色々235】日本三大都市・名古屋と『あんかけスパ』・・栄」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(私ぁ萬松寺をお寺じゃ無く、場外馬券売り場だと勘違いした位でした)

名古屋の台湾熱は冷めるコト無く、むしろ過熱化の一方・・って国としての台湾じゃ無く、ピリ辛の挽肉ペースト「台湾ミンチ」を使った、名古屋独自の謎の食べ物のコトですナ。味仙本店の台湾ラーメンが全ての始まりで、和・洋・中と様々な料理に応用され、もはや台湾と関係無いのは当り前の感も有りますが、恐るべきコトにインド亜大陸と台湾を無理矢理結合させた「台湾カレー」まで有ったりしますヨ。萬松寺さんのすぐ傍にソレを食べさせてるお店が在ったンで入ってみましたが、牛と豚の合挽肉にタップリの唐辛子・ニンニクを効かせたミンチは激辛で、コッチも辛い筈のカレーが甘く思えるから実に不思議。ソレでも耐え難い辛さを九条ネギと卵黄で中和させる・・インドの辛いごった煮ですナ。大須の台湾カレーは私メが訪ねた直後に閉店しちまった様ですが、名古屋にもう何店舗か在る様ナンで、辛いモノ好きはお試しあれ




| 2018.02.13 Tuesday (00:15) | でら愛知尾張だがね | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.05.21 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS