きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3067 【麺類色々284】びっくりひな祭り2018と「川幅うどん」・・鴻巣 | main | 3069 2018年02月の目次 >>
3068 【名物パン347】吊るし雛の廻る越後湯沢で「ヨーデル付き」を

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

越後湯沢の中心街の東側に真っ白な姿を見せるのは、地元じゃ上田富士などとも呼ばれる秀峰「飯士山(いいじさん、1111m)」。数十万年前は火山として活動して居たソウで、湯沢が温泉地なのも納得ですヨ

 

拙宅の在る都内は勿論、旅先で有ろうとナンら変わらず毎日テクテク歩き廻る私メです。有難いコトに方々へブラブラ参らせて戴いてますンで、このブログ旅日記の根多に困るコトは幸いにして当分無さそうですナ。

 

むしろ記事化出来ぬままに時機を逸してしまうモノが結構多く、ホント面白かったのにと思いつつ、お蔵入りさせにゃ成らぬのが出るのが勿体無い限りですネ。例え駄文でも、ソレを一々考えるのが正直ネックです。

 

訪ねた時の越後湯沢駅前はこの有様。雁木(屋根付き通路)を通れば困りませんが、交差点にゃソレは無いですし、融雪帯から噴き出した水が雪下に溜まってて・・踏み間違えると、忽ち靴ン中はびしょ濡れに

 

ならばブログ形態を止めて、流行のインスタグラムに転向したらと仰って下さる方も居ますが、私ぁ「ドコでナニしてドウ考えた」を記録しておく為に、面倒の多いブログ旅日記をほぼ毎日ペースで更新してるのヨ。

 

特に闘病真っ盛りで服薬量の多かった去年・一昨年は、情けない位に記憶力が壊れてましたンで、忘れたくないのに忘れちまう思いを残したいモノと、涙堪えてPCに向ってましたゼ。内容は兎も角、珠玉の宝物。

 

今冬の新潟県は大雪続きでしたンで、国内最強の豪雪地たる湯沢辺りは街が埋まってるかと思いきや、例年より些か少ない位の積雪だったとか。と云っても二m近く降った訳で、東京とレベルが違い過ぎます

 

そんな無茶を重ねた甲斐有って、お蔭さまで記憶力は随分回復しましたが・・切実さが欠け始めた所為か?或いはアチコチ行き過ぎて知恵が廻らぬのか?文章を考えるのが全く追い付かぬ始末。お蔵入りが続出!

 

なるべく旬を尊びたいと涙を呑んでボツにした筈なのに、「やっば勿体無い」と未練がましく思う旅先のお噂も。ソレが先月参った越後湯沢駅ン中に飾られてた、超巨大な吊るし雛。二月最終日に成って今更ですが。

 

今じゃ外国人の方がゲレンデに多い(らしい)湯沢で、日本人が一番多く居るトコは土産物屋からレストランから居酒屋から温泉まで色々揃ってる越後湯沢駅の中!ココなら寒い思いせずに、一日遊べますしネ

 

埼玉・鴻巣市の超巨大ピラミットひな壇を昨日ご案内する内に、フト思い出したのが六千体のお雛様が吊るされ、優雅にクルクル廻る「傘吊るし雛」。湯沢の奥、更に強烈な豪雪地として有名な十日町の名物だとか。

 

東京へ帰る列車を待つ間、寒さ凌ぎに駅ン中の土産物街をブラついてましたら、一番奥に飾られてたソレの華麗さに暫し見惚れた私メ。毎冬同じモノを吊るすソウですが、やっぱご紹介しないのは勿体ないです。

 

コレが越後湯沢駅の中でクルクル廻ってた「傘吊るし雛」。スゴイとしか言い様が無いですが、十日町の道の駅に飾られてる吊るし雛は一万二千体で、ギネスブックに載ってるとか。十日町を前回訪ねたのは三年前、発病直後の大混乱してる時でしたネ。記事化してたからこそ振り返れますが、あのドン底から良くぞココまで回復出来たナと驚くばかり。こりゃインスタグラムじゃ無理なコトで、ブログで頑張りたいです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「栃木県那須烏山市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「越後湯沢 観光Navi」湯沢町観光協会HP
★「TOKYOから70分で行ける雪国」越後湯沢温泉観光協会HP

★「真白き世界に隠された知恵と出会う」雪国観光圏HP

★「越後湯沢の観光スポット30選!越後の山々の自然と文化を満喫!」スカイチケットHP

★「湯沢の積雪」ひまわり湯沢店リゾート日記ブログ

★「飯士山(1111m)」南魚沼市観光協会HP
★「CoCoLo湯沢・がんぎどおり」トッキーHP
★「越後湯沢駅ナカがかなり楽しい!新潟のすべてが買えて温泉まで入れるぞ。」ベジップルズHP
★「吊るし雛について」道の駅クロス10HP
★「吊るし雛@越後湯沢駅」nawachiyo blog
★「自然豊かな湯沢町で食の満足をお届けします」スーパーのぐちHP

★「日本一の豪雪の町・新潟県津南町の菓子処」パンの松屋HP
★「食事パン」パンの松屋HP


(関連する記事)
★「204 【野菜果物06】残雪の湯沢に今年もハッカは薫るか?」

★「327 【名物パン25】津南のシュークリームパン」

★「328 【お米料理16】まいたけとモヤシの狂宴」
★「693 【野菜果物29】今年も越後湯沢で『日本ハッカ茶』を!」
★「870 【揚げモン31】本当の雪国と『雪国もやしの天ぷら』‥南魚沼」
★「1232 【お肉料理33】『ケンちゃん餃子』は六日町で作られてる!」
★「1518 【団子饅頭55】『おかこ餅』と数年後、赤字に墜ちるローカル線‥六日町」
★「1519 【野菜果物55】『かぐらなんばん』と偽装コシヒカリ‥塩沢」
★「2038 【保存食品52】最後の賑わい?越後湯沢駅で『車麩の煮物』を」
★「2039 【スナック49】豪雪降る越後湯沢で『サラダホープ』を」
★「2040 【名物パン222】豪雪降る十日町で「サンドパン』を」

★「2043 【名物パン223】『あんぼパン』とほくほく線の挫けぬ闘志・・六日町」
★「2044 【保存食品53】深雪の六日町で『打ち豆の煮菜』を」
★「2045 【お魚料理97】深雪の塩沢宿で「鮭入り粕煮』を」
★「2716 【スイーツ221】雪舞う越後湯沢で『笹だんご味の柿チョコ』を」
★「2717 【お米料理259】大雪が降る前の越後塩沢で『けんさん焼き』を」

★「2930 【お米料理282】残暑のリゾートマンションと『醤油おこわ』・・越後湯沢」

★「2931 【名物パン334】『愛のサンドパン』と頑張れ!ほくほく線・・六日町」

★「2932 【スイーツ241】残暑の三国街道と『もも太郎&ももえちゃん』・・塩沢」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(寛解したら十日町へ、世界一の『傘吊るし雛』を見に参りたいですネ)

湯沢町民の生活を一手に支えてるのは、国道十七号線沿いの町内唯一の大型スーパー「のぐち」さんですが、ココは業務用から地元の産品までイロイロ揃えられてまして、元気だった頃の私ぁココを楽しみに湯沢まで長躯バイクで参ってた位。大人気なのが湯沢より豪雪な十日町よりも、更に豪雪な津南町から遥々運ばれて来る「松屋のパン」。ナンだか正体不明なパンが多くて実に楽しいンですが、看板商品が「ヨーデル」と云うふわふわの食パン。東京で売ってたら毎週買いたい位に激ウマだったりしますが、一筋縄じゃ行かない松屋さんだけに「ヨーデル付き」と云う謎のモノが。バタークリームやピーナツクリームを塗って挟んだパンですが、ソレを「付き」と表現するのが実に独自で素晴らしい。津南から運ばれて来るのを、皆が待ち受けて急ぎ買い求めてます




| 2018.02.28 Wednesday (00:15) | 長いぞ新潟は!中越 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.22 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS