きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 3070 【やきそば336】驚愕の蓄電池電車と「ゴム焼きそば」・・那須烏山 | main | 3072 【今川焼き85】五千円札のお墓と「羽根つきの鯛焼き」・・下高井戸 >>
3071 【お肉料理114】遂に登った烏山城と絶品の「なんこつ煮」

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

応永二十五年(1418)に築かれた「烏山城(臥牛城)」は、那須烏山市中心街に聳える小高い丘に在りましたが、築城の際に霊鳥ヤタガラスがこの山に現れたらしく・・ソコから烏山ナンだとか

 

宇都宮からJR御自慢のハイテク蓄電池電車に揺られ、栃木県東部の小さな城下町・烏山へ参った私メです。ココへ来るのは四年半ぶり・・だから発病する前で、バイクで東京から走って来ましたヨ。

 

むしろ烏山へはツーリングばかりで、電車は初めてだったりしますが、蓄電池電車は帰りの分の充電をしなくちゃ成らぬ様で、折り返し時間がタップリ有る・・折角来たンだからブラブラ歩きますか。

 

前々から念願だった烏山城に、ドコから登るのか尋ねたら・・市役所裏の「八雲神社」からとのコト。コチラの祭礼「山あげ祭り(後述)」は、国の重要無形民俗文化財に指定されてたりしますヨ

 

ナゼ参ったのか全く覚えてませんが、七年前の初めて以来ナンだかエラク気に入って、病気の為にツーリングが出来なく成るまでに、一体何度参りましたやら。ノンビリ感が心地良い、小さな城下町。

 

福島県内に足を踏み入れる勇気の無いクセに、その少し手前の烏山はドウ成ったかと心配に成って、大震災の直後に訪ねたコトも。いや同じ関東だから良かろうと、興味本位だったのは否めませんヨ。

 

八高山(206m)の頂に建つ、烏山城址から市街地を眺めてみましたが、対岸の丘の向こうの常陸国(茨城県)から攻め込んで来た敵の大軍を、城主の那須氏はココに籠城して何度も撃退したとか

 

烏山は大震災で震度六強を記録したンで、イザ参ってみたら街のアチコチに激しい傷跡が残ってて先ず吃驚。街中のスーパーで言葉を交わした奥さま方からも、生々しい揺れの話を聞いて改めて吃驚。

 

成る程タダ事じゃ無かったンだナと再認識しましたが、街中だってソウだったンだから、丘の上に在った城跡なんかもっと大変だったらしく、登り路は二次災害防止の為に長らく立入禁止の憂き目に。

 

豊臣家によって那須氏が改易された後、目まぐるしく城主が変ってますが、「武州忍城(埼玉・行田市)の水攻めを凌いだ」コトで知られる成田家が初代藩主として入封し、街の骨格を築いてます

 

私メが高座で時々読む合戦モノに「勇女甲斐姫」なる、強過ぎたが為に豊臣秀吉公の側室にさせられちまう悲劇のお姫様のお噂が有りまして、その代償として実家の成田家に与えられたのが烏山城。

 

噺にゃ直接出て来ませんが、縁故の地だから城跡に登ってみたかった。でも再開を待つ内に私メが発病してソレ所じゃ無く成りましたが・・願いが叶って今回漸く。コレでまた一つ吹っ切れそうです。

 

山登りやら買い食いやらナニやらしてたらば、予定の列車はトウに行っちまった後。次の列車は一時間半後か・・じゃノンビリして行きますか。「山あげ祭り」の博物館へ参りましたら、三月末まで改装工事の為に仮設展示でしたが・・ソレでも結構な迫力。四百数十年の歴史を持つ「野外に仮設の舞台を造って歌舞伎を演じる」祭りですが、面白いのは和紙と竹で出来た巨大な背景画を人力で上げたり下げたりしつつ、次から次へと舞台を置く場所を変えて行く・・しかもソレが六組もと云う、エラク大掛かりな奇祭。毎年七月末に四日間行われ、大勢の見物客を集めてますネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都世田谷区下高井戸」への訪問記です★


(参考リンク)
★「那須烏山市観光協会」同協会HP
★「まちなか観光」那須烏山市まちなか観光案内HP
★「那須烏山の観光スポットランキングTOP11!おすすめは関東の嵐山の景観!」トラベルノートHP
★「烏山城跡」那須烏山市役所HP
★「烏山城 〜栃木県那須烏山市〜」裏辺研究所HP
★「のぼうの城
(忍城)の本物城主・成田氏長 いったいどんな武将だった?」武将ジャパンHP
★「歴史と伝統を誇る 日本一の移動式野外劇」山あげ祭HP

★「八雲神社と祭礼」山あげ祭HP

★「山あげ会館」山あげ祭HP
★「石原食肉店@栃木県那須烏山市」しゅかりんのブデログ・・ブログ
★「烏山の温泉となんこつ煮 の巻」ひばらさんの栃木探訪ブログ


(関連する記事)
★「056 那須与一は神田の生まれだってねぇ」

★「576 【野菜果物21】馬頭町の不思議なシイタケ」

★「577 【やきそば31】那須烏山のゴム焼きそば」

★「956 【名物パン73】天下御免の喜連川の殿様と『温泉パン』」
★「957 【呑みモン30】那須烏山には『洞窟の酒蔵』が在る」
★「969 【やきそば65】大田原でイロイロな『やきそば』」
★「970 【麺類色々58】太く短く生きた英雄と『太い鳥うどん』‥大田原」
★「1183 【やきそば102】『ゴム焼きそば』と雪中ツーリング‥那須烏山」
★「1184 【お肉料理29】『なんこつ煮』と銀河鉄道999‥那須烏山」

★「1568 【スイーツ94】東西ホタル大名と『トラピストガレット』・・那須烏山」
★「2611 【団子饅頭89】関東の最北端で『明治からの温泉まんじゅう』を・・黒磯」

★「3070 【やきそば336】驚愕の蓄電池電車と『ゴム焼きそば』・・那須烏山」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(次回は是非ともツーリングで参りたい・・頑張らなくっちゃ)

この日のお昼前に宇都宮駅のホームで、テキトーに決めて行くコトにした烏山でしたが・・やっぱイイ街ですナ。お土産に買って帰ったのは昭和三十五年(1960)創業の老舗「石原食肉店」さんの名物「なんこつ煮」。以前もコレを買ったコトが有りますが、タンやらハツやらハラミやらのモツだけじゃ無く、俗にタケノコと呼ばれる豚の心臓の管が沢山入れられてて、コレが美味いのナンの!店主さんは東京から来たと言ったら大喜びで、「コキュコキュしてるのが美味い」と念入りに選んで呉れましたが、もっと近くだったら頻繁に買いたい位。他にもイロイロ買いましたが、コレをつまみに烏山の地酒で楽しめる身体に戻りたいですナ




| 2018.03.02 Friday (00:15) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.18 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS