きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3074 【調味料類42】日本最大の天守台と「静岡みかんのお酢」・・葵区 | main | 3076 【やきそば337】実在したバカ殿様と「あとがけ焼きそば」・・遠州横須賀 >>
3075 【スイーツ258】若き日の家康公・史跡巡りと「チョコあげ潮」・・浜松

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

若き日の徳川家康公が本拠とした頃の「浜松城」は、土塁ばかりの粗末な造りだった様で・・天守閣も無かったとか。現在のソレは江戸初期に一時在ったモノを模して、昭和三十三年(1958)に復元されてますヨ

 

昨日ご案内の静岡市に続き、静岡県の最大都市・浜松へ参った私メです。ココと天竜川を挟んで東隣する磐田市に実家が今在りますが、如何せんソコにゃ住んだコトが無いンで・・出来るだけ帰る様にしてますが。

 

子供時分に住んでた静岡市と違って浜松市はドウにも馴染みが薄く、未だに良く判らンのが実状ですが・・ソレじゃ将来の稼業的に困るかもと、今回は街中をテクテク歩いてみるコトに。知らない街は歩くのが一番!

 

約千七百年前に創建された「浜松八幡宮」から、家康公がこの街を浜松と名付けたソウですナ。元は浜辺の松林の中に在ったお社で、街中に遷座する際に松も一緒に移し替えたンで、「浜の松」と呼ばれたとか

 

尤も私ぁ講釈師だからドウしても、史跡巡りから始めちまうのが悪い癖ですが、この街には天下人・徳川家康公の青年期の史跡が沢山在りまして、ソレを見て廻るだけで楽しめそう。但し「負の歴史」ばっかですが。

 

「負け方を知りたい」と公言されてる某半島の北半分の首領サマ以外、古今東西全ての国に百戦連勝の英雄は未だ居らず、徳川二百七十年の天下太平を築いた大御所・家康公も、勝ってばかり居た訳じゃ無い。

 

浜松駅前から高架線を北へ向かう「赤電(遠州鉄道)」の二つ目の駅の側に、江戸幕府の二代将軍・徳川秀忠公の御生誕地が!もちろん当時は線路傍じゃ無く、浜松城の下屋敷がココに拡がってたソウですが

 

勝てぬ戦さは避けられた方ですが、生涯で唯一「ケチョンケチョンに負けた」のが浜松城主だった青年期。攻め寄せる武田の大軍とココ近郊の三方ヶ原で合戦に及び、見るも無残な大敗北を喫して居られます。

 

私メら講釈師は入門するとまず、その合戦の模様を「修羅場(ひらば)口調」で読む修行を行います。コレは江戸の頃から斯界の先輩諸師が勢いつけて勇ましく、そして大袈裟に声張り上げて来た古典中の大古典。

 

今度は昭和三十九年(1965)に廃止された「ラッキョウ軽便(遠鉄奥山線)」の線路跡を通ってみると、浜松城の北側にゃ遊歩道化されたトンネルが。SLの煙突がラッキョウに似てたンで、ソウ呼ばれたソウです

 

家康公御在命中にその原型が作られ、講釈師が大衆に語って聞かせてた様ですが、良い教訓であると咎められ無かったとか!コリャ負の歴史だから禁止されても仕方無いのに・・だからこそ天下が取れた訳だ。

 

ですが楽しい思い出だった筈は無く、この敗戦から立ち直った大御所様は、やがて本拠を静岡市に移してしまうコトに。人は苦い経験をドウ生かすか次第と言いますが、天下人に成る為の転機の街だった様です。

 

ラッキョウ軽便跡の遊歩道を暫く歩くと「犀ヶ崖(さいががけ)」と云う、三方ヶ原合戦の古戦場跡が在りますヨ。東西約二km・幅五十m・深さ四十mに及ぶ断崖絶壁で、徳川方はこの崖に白い布を張って橋が在るかの様に見せかけ、城を取り囲んで夜営してた武田方に奇襲を掛けてココに追い込み、大勢を谷底に突き落として一矢報いたンだソウです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「静岡県掛川市大須賀町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「浜松だいすきネット」浜松観光コンベンションビューローHP
★「we love 浜松」浜松エンジョイ情報倶楽部HP

★「ありそうでなかったローカルエンタメ情報サイト」POPdee HP
★「隠れた魅力がたくさん!浜松の人気おすすめ観光スポットTOP20」RETRIP HP
★「徳川300年の歴史を刻む出世城。浜松のセントラルパーク」浜松城公園HP
★「浜松城が出世城になるまで【浜松の歴史をしらべてみた】」浜松エンジョイ情報倶楽部HP
★「浜松城鬼門鎮護」浜松八幡宮HP
★「地域と共に、走り続ける赤電」遠州鉄道HP
★「浜松の隠れた散歩スポット『徳川秀忠誕生の井戸』」TOWTOWMI.jp HP
★「遠州鉄道奥山線・・ラッキョウ軽便廃線跡」ねこじゃらし・Kの懐かし処ブログ
★「三方ヶ原犀ヶ崖古戦場へ出陣!」Love城!Go名所旧跡!ブログ
★「三方ヶ原の合戦で負けた徳川家康が書かせた肖像画の意味が深い!」ひすとりびあHP

★「まるたや物語『あげ潮』編」まるたや洋菓子店HP
★「【期間限定】浜松で愛される『あげ潮』のチョコ味が登場!」HP


(関連する記事)
★「298 【名物パン21】遠州限定!お葬式には平パン」
★「736 【スイーツ33】浜松中心街の再生?と『あげ潮』」
★「737 【スイーツ34】祝!『うなぎパイ』生誕から50年」
★「1079 【名物パン82】舘山寺温泉で『アイスコルネット』を」

★「1616 【お肉料理46】『浜松餃子』は質より量な食い物!」

★「1794 【麺類色々131】天女と津波と『五味八珍』・・浜名湖」

★「1818 【名物パン197】西日本の東端で『カニぱん』を・・浜松」

★「2014 【スナック46】巨大SCの潰し合いと『三ヶ日みかんのポテチ』・・浜松」
★「2141 【スイーツ156】空自エアーパークと『チョコバット』・・浜松」

★「2172 【やきそば230】出世城と『モーニング焼きそば』・・浜松」
★「2173 【お魚料理99】大津波で生まれた、日本一の『舞阪しらす』」

★「2552 【調味料類34】夜の浜松中心街と『いちごドレッシング』」
★「2590 【調味料類36】小さな瀬戸に架かる橋で『市作みそ』を・・浜名湖」
★「2647 【名物パン309】懐かしの『ポルテ』と今も健在『ピープ』パート3」

★「2851 【調味料類38】出世城で失脚した殿様と『和風みかんドレッシング』・・浜松」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(ソレにしても浜松城界隈は、タイワンリスがウジャウジャ居りますナ)

浜松のお土産と云えば「うなぎパイ」が全国的に有名ですが、ソレよりも地元民に愛されてるのは「まるたやのあげ潮」。レーズンとくるみ・オレンジピールの入った生地にコーンフレークをまぶして焼いたクッキーで、昭和二十四年(1949)から殆ど変わらないロングセラー!レーズンの甘さとフレークのサクサク感が最高で、忽ち一袋食べきっちまいますが、冬の間だけは数量限定でココアパウダー入りの「チョコあげ潮」も売ってますナ。フツーのより苦めで大人の味わいで、ホワイトデーのお返しに最適かと。うなパイも良いですが、やっぱ「あげ潮」が一番です




| 2018.03.06 Tuesday (00:15) | やらまいか静岡遠州 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.23 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS