きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 3080 【お米料理304】お稲荷さんの総本宮と「沖縄のいなりめし」・・伏見 | main | 3082 【麺類色々287】寒夜の花街と「超々々々老舗のたぬきそば」・・祇園 >>
3081 【調味料類43】酒蔵の並ぶ街で「創味のぽん酢」を・・伏見

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

京阪電車「伏見桃山駅」前から延びる賑やかなアーケードは、豊臣秀吉公が築いた伏見城の大手門へ通じる「大手筋商店街」。往時は大名屋敷が連なって居たソウで、日本最初の「銀座」はココに在ったンです

 

拙宅の在る都内から旅に出て、五百数十kmも離れた京都・伏見へ参った私メです。但しコリャ先日ドクターから宣告された寛解に成る前のお噂で、「ほぼ寛解」からナカナカ前に進まずジリジリしてた頃のコトですヨ。

 

さて伏見稲荷大社サマ参拝中に降り出した雨は次第に強く成り、旅用の折り畳み傘じゃチョット辛い状況に。御本殿裏の稲荷山をグルっと廻ろうと思ってましたが、コレじゃ流石に無理と諦めざろう得ない破目に。

 

長いアーケードを通り抜けると、日本を代表する酒造会社の蔵の並ぶ街並みへ。先ずこちらは「黄桜カッパカントリー」で、地ビールレストランや清酒工房・史料館等の入ったお酒のテーマパークだったりします

 

ドコか雨の凌げそうなトコはと考えて、フト思いついたのが同じ伏見の大手筋商店街。アソコは長く伸びたアーケードだから、雨宿りがてら買い物や昼食等でイロイロ楽しめそう。ならばと京阪電車で十分ほど移動。

 

基本的に私ぁその場合わせの誤魔化し人生で、ココに参るコトに成るとは思いもしなかったケド、前にも何度か来てる・・多少は知ってる街だから、テキトーにブラついて廻りゃ宜しかろう。但し雨が上がればですが。

 

黄桜と云えばもちろん「カッパ」で、CMに使われるように成ったのは昭和三十年(1955)からだとか。酒好きな仲良し夫婦と娘に息子、そして若い頃は大の道楽者だった祖父の五人家族と云う設定に成ってますヨ

 

今冬は記録的な豪雪が降ったりと寒かった日本列島ですが、底冷えするコトにかけちゃ名代の京都市。南端とは云え伏見もやっぱりその一部で、洒落に成らない位に寒い!内側から暖めなきゃとても持たぬわい。

 

幸か不幸かココは名水の里。そしてソレを用いた日本酒造りが昔から盛んなトコで、「黄桜」「月桂冠」「松竹梅」を始めとした酒蔵が十軒も在ったりする。マスプロ清酒が殆どで、騒ぐほど美味くなくたって酒は酒だ!

 

コチラは月桂冠の旧本社や酒造蔵を改装した「月桂冠大倉記念館」ですが、その創業は寛永十四年(1637)で、明治三十八年(1905)に今の銘柄に成ったとか。大手で唯一、劣悪な「三増酒」を醸さぬ会社です

 

この時はまだ仮免許でしたが、三年以上続いた完全禁酒が解けてやれ嬉し。酒界復帰を目指して松尾大社サマへも詣でた位で、酒蔵の並ぶ街へ参りましたし、身体を暖める為ならば・・昼酒しても良いかしらん?

 

折角だから踏み出し掛けて・・イヤ待て暫しまだ早い。似てる様でも「ほぼ寛解」と「寛解」じゃ全然違い、昼酒するのは「ほぼ」が取れてからと、酒は呑まずに涙を呑んでジッと我慢。闘病の結果、大人に成りました。

 

てな訳で昼酒は次回の楽しみと諦め、缶入りの甘酒を呑みながら雨降る伏見をトボトボと。闘病中はホント良く甘酒を呑みましたが、ソレは身体に良い米麹由来のモノばかりで、酒かすが原料のはアルコール分が多少残るからとズッと避けてましたネ。ソコまで徹底して禁酒を貫いてた私メですが、少しは良かろうと酒かすの甘酒。身体が暖まりました

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市東山区祇園」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP

★「酒と歴史の薫るまち」伏見観光協会HP
★「伏見稲荷大社だけじゃない!伏見の穴場観光スポット教えちゃいます」icotto HP

★「京都・伏見を訪ねる」月桂冠HP
★「歴史と酒と水のまち『伏見』の商店街」伏見大手筋商店街HP

★「伏見の清酒」伏見酒造組合HP
★「くつろぎ、うるおい、かがやく。」黄桜HP
★「子ども連れでお酒を楽しめるお店♪」まちむすびブログ
★「カッパ家族の自己紹介」黄桜HP
★「うるおいをあなたと」月桂冠HP
★「月桂冠大倉記念館」月桂冠HP
★「酒の文化を知る」月桂冠HP
★「さしすせそうみのごちそうさま」創味食品HP
★「創味のぽん酢」創味食品HP

★「創味のぽん酢」ぐわぐわ団ブログ

(関連する記事)
★「911 【麺類色々52】清酒の町・伏見で『きざみそば』」
★「912 【名物パン71】伏見の『なつかし菓子パン』と寺田屋事件」

★「972 【お米料理67】宇治川の合戦と『鰻いいむし』」
★「973 【スイーツ54】紫式部センセも「宇治抹茶ソフト』を食べたがるか?」

★「1019 【お米料理72】隠元禅師と煎茶道と「衣笠丼』」
★「1203 【名物パン105】豊川名物『たけの子パン』とお狐サマ」
★「1361 【揚げモン48】伏見稲荷と『大き過ぎる京揚げ』」
★「1601 【麺類色々113】京都駅ビルのクリスマスと『京都ラーメン』」
★「1731 【名物パン184】黄昏の伏見で『サンライズ』を」
★「2420 【名物パン286】巨大伽藍の東福寺で『京風メロン』を」

★「2555 【呑みモン68】梅雨晴れの麹町で『米麹のうめ甘酒』を」

★「3065 【保存食品73】お酒の神サマと『酒かす大根』・・松尾大社」
★「3080 【お米料理304】お稲荷さんの総本宮と『沖縄のいなりめし』・・伏見」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(大酒呑み時代の私ぁ全くの地酒派でしたが、今は如何ナンだろう?)

てな訳で伏見の酒蔵街に折角行ったのに、酒を呑まずに帰った私メ。大酒呑むのはまた何れですが、拙宅で今冬大いに活躍した伏見のモノは、ご覧の「創味のぽん酢」。何年も前から売られてる様ですが、何しろ今頃やっと知ったモンですから。伏見区に本社の在る創味食品サンは、レストランや専門店向けの業務用スープ・調味料を専ら作ってる会社で、一番有名なのが「シャンタンDX」。ソレを小売りしてたのが昔の「味覇(ウェイパー)」だった訳ですが、イロイロ有って今じゃ自ら売り出して、元々の関西だけじゃ無く、関東でも知られる様に成って来ましたナ。もみじおろしと柚子のタップリ入ったぽん酢は少し辛いですが、味がその分立っててボンマルシェ!忽ちの内に拙宅の主力に成っちまいましたが、掛け汁やつけ汁にするだけじゃ無く、コレで作った鍋もまた素晴らしく、もっとコレが世間に広まって欲しいと切に願うばかりです




| 2018.03.14 Wednesday (00:15) | 京都上ル下ル・洛外 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.17 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS