きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 3081 【調味料類43】酒蔵の並ぶ街で「創味のぽん酢」を・・伏見 | main | 3083 【スイーツ259】修験の総本山・聖護院で「フルーツ八ツ橋」を・・左京区 >>
3082 【麺類色々287】寒夜の花街と「超々々々老舗のたぬきそば」・・祇園

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

京都のメインストリート「四条通」は、延暦十三年(794)の平安遷都の際に造られた東西の大通り「四條大路」だった道。当時から賑やかなトコだった様で、千三百年以上も繁華街で有り続けてるってスゴイです

 

冷たい雨がシトシト降る京都の街を、呑気にブラブラ旅する私メです。と云ってもココ数日のお噂じゃ無く、寛解宣告される前の気分がジリジリしてた頃の根多で御勘弁を願いますが、コレも記録の一つと云うコトで。

 

伏見稲荷サマを詣でた時に降り出した雨はナカナカ止まず、初め描いてた予定は総崩れと成りましたが、別に約束のあった訳じゃ無く・・ソレもまた一興。尤も京都の雨は底冷えするから堪えます、風邪を引きそう。

 

河原町から鴨川を越えて四条通は祇園界隈へと繋がってますが、夜だと云うのに人通りの多いコト!四条大橋は永治二年(1142)に架けられたのが最初で、現在の橋は昭和十七年(1942)に架けられてます

 

そんな時はデパ地下や繁華街巡りするのが良かろうと、大丸や高島屋の並ぶ四条河原町辺りへ繰り出したと考えて下さいナ。私ぁソウ云うトコをブラ付くのが好きでして、都内でも雨降りだったらそんなコトしてます。

 

さてデパ地下は美味そうなモノが沢山並んでて嬉しいですが、イロイロ買い込むと持ち運びに面倒ですし、大体が財力と云う難しいモノが。だもんでテキトーなトコで切り上げて表に出たら、雨がスッカリ止んでる!

 

四条通より南の「花見小路」はお茶屋や料理屋が建ち並び、祇園を代表する美しい風景・・って、マナー知らずの外国人観光客が闊歩してなければネ。晴れてたら夜でも混雑して、風情の欠片も有りゃしませんヨ

 

コレで多少はブラブラ歩け廻れそう。雨が上がった分だけ寒さは一層キツク成った様な気もしますが、ナニも嘆く事ばかりじゃ無い。普段だったらワラワラ沸いてる外国人観光客の姿が、明らかに少なく思えますゼ。

 

てぇ事は傍若無人な彼らが些か邪魔で、最近メッキリ足を踏み入れ辛くなった祇園界隈をノンビリお散歩出来るかしら。京都は国際観光都市だから外国人観光客はホント多いですが、素直に喜べる状況じゃ無い。

 

四条通より南はもともと建仁寺さんの境内だったソウで、ソコが明治以降に花街に成ったとか。雨上りの路面は街灯を殊更に反射して、整った街並みが一層キレイに思えます・・外国人が居ないと静かで良いナ

 

遠くからはるばる飛んで来た旅先だから、目一杯楽しもうと云うのは良く判る。自国に居る時と違って、気分が高揚してるのも良く判る。ですが羽目を外して良いと云う訳も無く、守るべきマナーは守って貰わねば。

 

私メだって無責任な旅行者ですが、ソレでも最低限の仁義は守ってる心算。市井の都人の苛立ちを、上洛する度に心配してしまう位。祇園も昔はこの位静かだったナと、懐かしく思ってしまった寒夜の雨上りでした。

 

結局のトコ、インバウンドを煽ってる観光庁と京都市が責任を持つべき問題ナンだと思いますヨ。花見小路でも外国人観光客向けのマナー啓蒙看板を出してますが、ソレで多少は良く成ったとは聞かないですし。目先の金を求めるのも良いですが、所詮そんなモンは水物と割り切って、市民の生活と街の文化を守る方が優先だろうと思えて成りません

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市左京区聖護院」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP

★「四条河原町のおすすめ観光スポット17選!京都最大の繁華街!」KAUMO HP

★「四条はなやぎストリート」四条繁栄会商店街振興組合HP
★「かさねあわせるまち」河原町商店街振興組合HP

★「京都四条大橋の話」しばやんの日々ブログ

★「あなたは祇園観光の全てをまだ知らない!」カウモHP
★「祇園花見小路通」一路一会HP
★「祇園 街並みが変わらなかったのは?」京都ブログガイドHP
★「祇園・花見小路が『ホコテン』化、事故の恐れ」毎日新聞HP
★「京都に増え続ける観光客に地元はキャパオーバー・・住民の生活などに弊害も」TogetterまとめHP

★「『訪日客は迷惑』京都を悩ます"観光公害"」プレジデント・オンラインHP

★「京都、観光客増え過ぎで『街並み一変&良さ消失』の危機・・交通混乱やトラブル多発も」ビジネスジャーナルHP

★「創業五百五十余年」御用蕎麦司 本家尾張屋HP

★「京都・尾張屋」カナディアンロッキーで暮らすブログ
★「キツネとタヌキのうどんとそばが、京都と大阪で違いすぎる!」日本気象協会HP


(関連する記事)
★「239 【京都上ル下ル05】錦は今日も賑やか」
★「1051 【粉なモン19】祇園で涼を楽しみ『一銭洋食』を」
★「1402 【スナック22】『東海道五十三次ポテチ』の起点と終点は?‥京都」
★「1600 【名物パン165】吉例顔見世!南座と『三つ編みサンライズ』・・四條」
★「1680 【スナック35】『京七味ポテチ』と祇園精舎の鐘の音・・京都祇園」
★「2030 【お米料理161】『皿盛』とスッキリした祇園・先斗町」
★「2086 【団子饅頭63】『阿闍梨餅』と夜の祇園散策」
★「2329 【麺類色々201】四条通の歩道革命と『天下一品のあっさり』・・河原町」
★「2370 【呑みモン62】強烈すぎる『いり番茶』と夜のお茶屋街・・祇園」
★「2452 【スイーツ189】さよなら新風館と『錦市場の豆乳ドーナツ』・・烏丸御池」

★「2505 【お米料理226】一人寂しき夜の河原町で『唐揚げ親子丼』を」
★「2605 【スイーツ212】黄昏迫る雑踏の河原町で『ちご餅』を」
★「2657 【お米料理244】光源氏のモデルと『黒い炒飯』・・六条河原院」
★「2658 【スイーツ218】『贅沢な丁稚羊羹』と南座の『まねき上げ』・・四条河原町」
★「2735 【スイーツ222】夜のお茶屋街で『舞妓焼DX』を・・祇園」

★「2795 【呑みモン72】夜桜ライトアップ中止の祇園で『京番茶』を」

★「2897 【スイーツ232】インバウンド頼りの恐さと『豆乳アイスクリン』・・四条河原町」
★「3022 【お米料理294】足腰の神サマと『近江牛の柳川丼』・・御所西」

★「3040 【カレー焼22】夜の四条通と『京都で見付けたアラモード焼』・・河原町」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(バブルの頃の日本人も、多分あんな風に顰蹙を買ってたンでしょうネ)

花見小路界隈への外国人の立ち入りを禁止にしよう・・と云う話がドウやら出てる様ですが、今のままじゃ暮らしと文化が壊されちまうンで、ソレも仕方無いかも知れませんナ。ま、京都は昔からのモノがホント多く、ソレにゃ相応の敬意を表すべきだと私ぁ思ってますンで、冷え切った身体を暖める為に踵を返し、河原町界隈を通り抜けて御池通の北側まで移動し、寛政六年(1465、応仁の乱の前々年)創業の超々々々老舗の蕎麦店「尾張屋」さんの本店で、京都ならではの「たぬきそば」を戴いて参りましたヨ。東京と違って京都のタヌキは餡かけで、短冊状のお揚げさんが入れられてますが(実は狸も油揚げが好きだとか)、毎朝とって居られる鰹と昆布両方のお出汁は実に美味で、生姜の効いた餡かけと相まって身体が暖まる・・いや熱くなる!ですが驚いたのはココも半分ぐらいが外国人客で、インターネットで情報を仕入れてる様ですナ。尤も超々々々老舗の威厳に圧せられたのか?皆が静かでしたが




| 2018.03.15 Thursday (00:15) | 京都上ル下ル・鴨東 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.17 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS