きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 3092 【お肉料理115】夜桜の大手町で「つばめの和風ハンブルグ」を | main | 3094 【お米料理306】桜咲く大繁華街で「松屋の牛めし食べ比べ」・・池袋 >>
3093 【お米料理305】満開の神田川の桜と「白いカレー」・・江戸川橋

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

都内の桜も遂に見頃に!今日からドンドン御案内する心算ですが、その最初は「江戸川」・・と云っても千葉県との境を流れるソレじゃ無く、神田川の飯田橋〜早稲田〜高田馬場辺りは江戸開府の頃から江戸川と呼ばれてたンですヨ。だもんでメトロの江戸川橋駅からスタートを

 

都花「ソメイヨシノ」は地元(豊島区の染井)で生まれた桜だから、ソレを異常なまでに愛する城北エリアにゃ花の名所は沢山ありますが、私メが感じるに・・江戸川が一番先に満開に成りますナ。もちろん僅か数日の差ですが、去年も一昨年もココが最初・・やっぱり今年もソウでした

 

神田川は水源の井の頭池から隅田川に合流するまでの二十五kmほど有りますが、江戸川と呼ばれてたのは新宿区(南岸、画像右)と文京区・豊島区(北岸、画像左)の境界の約五km。中でも江戸川橋より上流は両岸に桜が密集して植えられ、ソレが延々と続く人気の遊歩道です

 

桜の季節以外でも私ぁこの辺りにが良く参りますが、ソレは婚礼MCをしてた頃の古巣「椿山荘」さんが江戸川沿いに在るから。古くからの景勝地だったこの辺りにゃ大名の下屋敷(=別荘)が多く置かれ、椿山荘さんは久留里藩・黒田家だったトコ。園内の池畔の桜も咲き出しました

 

江戸川北岸は結構な高低差の有る崖地(バッケ)が続き、椿山荘さんもソレを活かした造りの庭園に成ってますが、崖上のシンボル「三重塔(室町時代末期に建てられた本物を移築したモノ)」傍らの桜もキレイに咲き揃い、ナンだか京都へ行った様な気分。夜はライトアップされます

 

画像左奥にホテルが見えてる椿山荘さんから川沿いに戻り、改めて桜の遊歩道を進むコトにした私メ・・考えてみればまだ半分も進んでませんナ。ココから先は崖からチョット離れますンで、川の流れも多少は穏やかに成る様な。そんな川面に白く映る花の暖簾はまだまだ続きます

 

遊歩道を更に進むと新目白通り(画像左手)沿いに出ますが、昔のこの辺りには紺屋が沢山在って、染めを終えた反物を川の中でジャブジャブ洗ってたンだとか。今はもう少し上流の落合水再生センターから出た下水処理水が多く流されてますが、さぞかしキレイだったンでしょうネ

 

川沿いの新目白通りには都電荒川線が通り、「面影橋」と云う洒落た名前の電停が在りますが、ソコから南岸の早稲田側に入ると徳川御三卿の一つ清水家の下屋敷だった「甘泉園(かんせんえん)公園」が。その入口に被さる様に聳える枝垂桜がちょうど満開、コレまたステキです

 

桜が密集して植えられてるのは、都電が江戸川を渡る「高戸橋」のトコまで。普段は橋を勢いよく通って行く電車が、桜の時期だけは徐行運転・・中には一時停止までしたりで、乗客へサービスをしてますナ。ま、昨春から「東京さくらトラム」なんて愛称を付けられちゃいましたからネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都豊島区池袋東口」への訪問記です★


(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP

★「ビジットシティとしま」豊島区観光協会HP
★「観光の見どころ満載の新宿を楽しもう!」新宿観光振興協会HP

★「江戸川公園と神田川桜並木」佳景探訪HP
★「【都内】お花見なら神田川沿いがおすすめ!桜並木をのんびり散歩しよう!」はなうた横丁ブログ
★「江戸川橋
(えどがわばし)[神田川]」東京エキストラNOTES HP
★「世界をもてなす、日本がある。」ホテル椿山荘東京HP
★「春は東京『椿山荘』の庭園で桜を楽しみませんか?」icotto HP
★「甘泉園
(かんせんえん)公園〜大名屋敷跡につくられた日本庭園〜」新宿区役所HP
★「甘泉園公園−東京しだれ桜めぐり
()」fanfanfanneのつれづれ日記ブログ
★「面影橋
(おもかげばし)[神田川]」東京エキストラNOTES HP
★「サクラ、サク〜都電荒川線 高戸橋付近にて」ごっさん居眠り中ブログ
★「1/fゆらぎ」渋谷とっておき!!HP
★「高田馬場にある不思議な白いカレーを食べられるお店『ゆらぎ』」こたらずのーとブログ


(関連する記事)

★「428 【五色不動03】目白不動は空襲に遭った」
★「1027 【やきそば78】学生街と『エルムのカルボ』‥早稲田」
★「1322 【やきそば125】都の西北!早稲田で『ソース焼きそば』を」
★「2004 【麺類色々158】早大生の街で『釧路のスパカツ』を・・高田馬場」
★「2046 【お米料理162】穴八幡で『日本元祖のかつ丼』を・・早稲田」
★「2098 【お米料理170】都電の終点で『ドカベン・マシマシ』を・・早稲田」
★「2118 【やきそば223】神田上水の桜と『ニラ焼きそば』・・関口台」
★「2138 【名物パン239】新緑の新江戸川公園と『元祖フランスパン』・・関口台」

★「2421 【今川焼き35】梅と桜とカテドラルと『天然鯛焼き』と・・関口台」
★「2469 【お米料理220】神田川の桜と『前ぬき明太マシ』・・江戸川橋」
★「2508 【お肉料理90】めでたし海の星と『ケイジャンチキン』・・関口台」

★「2512 【お米料理227】青葉繁れる学生街で『唐揚げ丼・親方』を・・早稲田」
★「2559 【団子饅頭80】梅雨明け間近の関口台で『豆餅』を」

★「2561 【お米料理233】漱石センセの故郷と『唐揚げ丼・理事長』・・早稲田」

★「2592 【お米料理238】まだ夏休みの早稲田で『ポークライス』を」
★「2623 【スイーツ216】東京で一番急な坂と『とうふゼリー』・・目白台」

★「2718 【お肉料理97】寒桜咲く椿山荘と『英国の超濃厚クロテッド』・・関口台

★「2782 【お米料理261】神田川の桜と『前ベス・マシ弁当』・・江戸川橋

★「2830 【お米料理268】初夏の早稲田大学で『早慶オムライス』を」

★「2994 【お米料理290】椿山荘の紅葉と『チキンオーバーライス』・・関口台」

★「2998 【お肉料理108】早稲田の杜の紅葉と名物『ジャンジャン焼き』」
★「3043 【お米料理297】銀雪輝く椿山荘と『WASEDA丼』・・関口台」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(今春は一体ドレだけの桜を見て廻れるのか、まだ全く判りませんネ)

高戸橋を過ぎると急に寂しく成りますが、そのまま川沿いを進んで高田馬場駅が近付いた辺りに、「1/fゆらぎ」と云うカレー屋さんが在りますヨ。高田馬場にゃ変わったカレー屋が多いですが、ココはターメリックの量を減らした代りにココナッツミルクを増やした「白いカレー」のお店で、前々から気に成ってたンですが、同じ川沿いで真っ白な桜を眺めて来たコトだからと、意を決して入ってみましたヨ。某牛丼チェーンが最近メニューに加えてた白いカレー自体は結構方々に在り、板橋宿の拙宅の直ぐソバにもソレを出す喫茶店が在りますが、店主さんが御高齢だったンで・・最近閉まってて心配だなぁ。ソレはさて置き、コチラのは辛いシチュー掛けご飯と表現すべきかしらん?カレーと云うほど辛くは無いンですが、ソレでも確かに喉に来る辛さ・・実に不思議な味です




| 2018.03.26 Monday (00:15) | 音羽・関口・早稲田 | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.11.14 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS