きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 3104 【やきそば341】鴻巣の桜2018と「太麺のモチモチ焼きそば」 | main | 3106 【今川焼き87】ツツジと桜と「伊勢茶の鯛焼き」・・津市 >>
3105 【麺類色々294】桜遍路の旅!花咲く四日市で「桃太郎うどん」を

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

JRと近鉄の駅が少し離れてる四日市ですが、JR駅前はエラク閑散としてて・・三重県最大の都市とは思えぬ程。両駅間を結ぶ中央通りの緑地帯は桜が満開だったのに、ソレを見てる人は誰も居ませんでした

 

昨日だけ埼玉県でしたが、ソレまで延々と拙宅の在る都内の桜を御案内して参った私メです。一年中温暖な沖縄は流石に別ですが、ソレ以外の都道府県の中で一番先に満開に成るのはナゼか毎年東京ですナ。

 

最初と云うのは万事嬉しいモンですが、その分散るのも早くって・・長旅に出掛ける前は花吹雪が舞い始めた位だったのに、帰って参りましたらスッカリ葉桜に成っててアラ残念。花の盛りはホント短いと思うばかり。

 

賑やかな近鉄の駅の方へ歩き出しますと、両駅のほぼ中間の三滝通りでも桜並木が満開。毎秋この通りを閉鎖して盛大な祭りを行うソウですが、今は静かなモノ・・でもコチラでは多少は花を眺めてる人の姿が

 

でも花をまず都内で堪能した上で、桜遍路の旅に出られるってお得じゃん!長い闘病の末・・悪い風に考えるのは止めにした私メで、ハハ呑気だネと自虐しつつ、幾つかの用事に託けて朝早い列車で西へ参らん。

 

通勤ラッシュの雑踏がイヤだから早朝発ですが、最初の目的地たる三重・津市へその分早く着いちまう訳で、お約束の時間を考えるとドコかで時間調整しなくては。ならばブラリ途中下車の旅と決め込みますか。

 

三滝通りで行われる四日市祭は、神輿は出るわ山車は出るわ舞獅子が出るわとエラク賑やかなモノだソウですが、ソレは街の産土神「諏訪神社」サマの江戸時代から続く御祭礼だとか。境内の桜も満開でした

 

てな訳で降り立ったのは、半年ほど前にも来てる四日市。桜の名所が在るかドウかは判らぬけれど、寂れっぷりに驚くJR駅から賑わう近鉄の駅の方へ向って歩けば、きっと楽しいナニかが見付かるかも知れない。

 

始まりからコレじゃ今春の桜遍路は前途多難だと呆れつつ、出たとこ勝負も大いに結構。そんな阿呆を楽しめるのも元気に成った証拠の一つと肯定し、イザ改札を出たら駅前の大通りの緑地帯に満開の桜の木。

 

近鉄駅前のアーケード街まで参りますと、四日市祭の名物「大入道」の模型が首を延ばしたり縮めたりしてましたヨ。本物は全高九mと巨大で、二百年も前から親しまれてる「日本一大きなカラクリ人形」だとか

 

こいつぁ出だしから縁起がイイやと喜んで、直線なら一km強の距離を何倍にもする勢いでテキトーに歩き廻れば、確かに名所と云うトコは街中に無いけれど、いやいやドウして桜の多い街ですナ。予想外の大収穫。

 

戦争末期の大空襲で粗方焼かれて昔が残ってませんし、国内有数の工業都市なだけに「観光しに行くトコ」と思って無かった四日市ですが、季節次第で結構楽しめると思いつつ、更なる桜を求めて旅は続くのです。

 

近鉄の駅を一旦通り抜け、中心街で桜が一番多いと聞いた「鵜の森公園」へ。驚いたことにココは駅のソバなのに、織田家によって攻め落とされるまで四日市を治めた戦国領主・田原氏の城跡ナンだとか。この殿様が四の日に城下で市を開かせたのが、四日市の始めだソウです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「三重県津市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「おかげさまで五十周年」四日市観光協会HP
★「四日市へようこそ」同HP
★「四日市タウン情報」YOUよっかいちHP
★「四日市観光スポット50選 グルメなど定番〜穴場までご紹介!」KAUMO・HP
★「明と暗:二つの四日市駅」南さんちのつれづれなる記ブログ

★「満開!十四川桜まつり!」南野クラフト建築設計室きまぐれ日記ブログ
★「四日市の歴史とともに歩んできた総産土神」諏訪神社HP
★「郷土の伝統芸能を楽しめる『四日市祭』」るるぶ.com HP
★「四日市商店街を歩くだけ!」ゆとりごとブログ
★「【三重】大四日市まつりで大入道を見よう!」BQ〜B-spot Explorer〜ブログ
★「鵜の森公園の桜が満開!」四日市・桑名韓国語教室 ハングル語学堂・四日市校ブログ
★「浜田城
(伊勢国・三重県四日市市)」お城学のお城を学ぼうブログ
★「桃太郎は真心こめておいしくにぎります」おにぎりの桃太郎HP
★「おにぎりの桃太郎 四日市駅前エスカーラ店」はんなりらいふブログ


(関連する記事)
★「008 【お肉料理01】四日市のトンテキ!!」
★「070 【団子饅頭01】伊勢のなが餅、高虎ゆかり」
★「106 その手は桑名の焼きハマグリ、が喰えず」

★「291 【団子饅頭10】関に坂下、東海道ウォーク」
★「524 【お肉料理10】大入道とトンテキ in 四日市」
★「525 【やきそば27】亀山の味噌焼きうどん・チルド版」

★「650 【スイーツ28】暑い日は桑名で『アイス饅頭』」
★「826 【カレー焼08】新顔を発見!四日市の「カレーベイク』」
★「1648 【やきそば178】『みそ焼きうどん』と講釈師の余計な心配・・亀山」
★「2936 【スイーツ242】七里の渡しのナゾと『アイスまんじゅう』・・桑名」

★「2937 【スイーツ243】寂しき駅前宿場町と『ゴールドあずきバー』・・四日市」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(工場街の夜景を船で見て回るツアーが人気・・乗ってみたいモノです)

四日市を中心に店舗網を広げる「おにぎりの桃太郎」さんは、ママさんばかりを雇う「お母さん企業」だソウで、ソレが工業都市・四日市の合致したのか?今じゃソウルフードの一つとしてなくては成らぬぬ存在だとか。各種おにぎりとお弁当、そして持ち帰りの出来るうどんが主力の様ですが、レジのお母さんに一番人気と聞いた「桃太郎うどん」と「味おにぎり」を頼んでみましたヨ。健康に良いからと梅干の入れられたうどんは、四日市を含む三重県は間違いなく関西だナと実感させて呉れる味付けでしたが、楽しいのが味おにぎり・・味って一体ナンの味?ナンでも創業者さんの御母堂自らが味付けした「四日市のおふくろの味」らしく、醤油味ナンだけど僅かに甘辛いのがご当地流なのネ。うどんを啜りながらレジの方を見てましたら、確かに味おむすびは良く売れてるみたい・・四日市ならではの郷土の味として市民から愛されてる様です




| 2018.04.06 Friday (00:15) | 三重ってナニ地方? | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.24 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS