きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 3126 【名物パン350】負けない横綱と桜と「カレーパンサンド」・・白石 | main | 3128 2018年04月の目次 >>
3127 【やきそば345】絶景!一目千本桜と「串刺したこ焼き&焼きそば」・・宮城・船岡

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

線路沿いに咲く桜並木は全国に数有れど、JR東北本線の船岡駅(宮城・柴田町)付近の「一目千本桜」に勝るトコは無いのでは。線路と白石川の間の堤防沿いに、南隣りの大河原駅付近まで延々続いてます

 

先月半ばから長々続けた今春の桜遍路も、今日でいよいよ大団円でございます。拙宅の在る都内だけじゃ飽き足らず、京都・大阪等の関西各地を巡り歩き、ソレでも満足出来ずに東北まで・・思えば長い旅でした。

 

総移動距離は二千kmを軽く超えてますンで、我ながらホント酔狂と思うばかりですが、ソレも漸く終わりと思うとむしろホッとします。尤もコレで懲りた訳じゃ無く、またぞろ来春に成れば悪い虫が蠢き出す筈ですが。

 

さて仙台の青葉城へ参ろうと、昨日ご案内の白石から乗ったJR東北線の電車は、大河原と云う駅を過ぎたら「線路沿いでちょうど満開の桜並木をご覧下さい」と徐行運転に。ナニ事かと窓を見れば、外は真っ白。

 

東北一と名高い「一目千本桜」は大正十二年(1923)に、東京で財を成した地元出身の実業家・高山開治郎氏が故郷への恩返しと、白石川の改修に合わせて合計千二百本を全く自費で植えたモノだソウです

 

乗り合わせた地元と思しき他の乗客に、コリャ一体何かと尋ねれば「一目千本桜」と云うトコで、宮城県じゃ一番の花見の名所だと仰る。青葉城より断然ココの方が良いと勧められたンで、ならば行ってみましょ。

 

仙台へ急がにゃならぬ用も無く、旅は思い立ったが吉日だからと初めて降りた船岡駅。右も左も判らないンで駅員さんに聞きますと、桜並木は駅のすぐ裏から延々続き、ソレを通ったらお隣の駅まで行けるとのコト。

 

如何に仙台近郊でも東京辺りと違い、駅と駅の間の距離は結構離れてる筈。ソレが桜伝いに行けるとは剛毅な話だし、桜に埋まる城山も在ると言われれば・・歩かにゃ成りますまい!知らない街にゃ興味が湧く。

 

ソメイヨシノの寿命は一般に六十年程度と言われますが、驚く事にココは九十年以上の大木ばかりが植わってて、ソレが八km以上に渡って続いてるのは"驚異"としか言い表せませんヨ。まさに天下の絶景です

 

コリャ聞いた話ですが、ソメイヨシノの様にまず花だけ咲き、ソレが散ってから若葉を伸ばす桜を眺めるのは、人の心理にとても宜しいとか。花萌ゆる姿を見ると交感神経が活発に成り、心がワクワク活発化する。

 

逆に若葉の輝く姿を見ると副交感神経が活発に成り、心はジックリ落ち着く様に成るとか。一体ナニが作用してるのか?難しいコトは講釈師風情にゃ判りませんが、確かに桜を愛でますとパワーを貰った気に成る。

 

発病して以来、自分でも呆れるほど桜遍路を毎春する様に成ったのは、人並みに働かぬ交感神経を強引に動かす為の、思わず知らずの自己防衛だったかも知れません。でもナニ事も過ぎたるは及ばざるが如き。

 

桜並木から歩道橋で線路を渡り、講談の伊達騒動の主役・原田甲斐さんの居城だった「船岡城址公園」へ入りますと、ココもまた満開の桜!忠臣なのか奸賊なのか評価の難しい方ですが、地元では英雄ですナ

 

一目千本桜とは良く付けたモノで、蔵王から流れる白石川と東北本線の線路の間に延々続く桜並木は実に心地よく、ドコまでも歩いて行けそうな気分に。でもイヤ待て暫し、敢えて途中で断念した方が良いのでは。

 

自分を元気づけようと、途轍もない大移動をした今春の桜遍路。無茶したお陰で人並み以上のワクワクを得た筈だから、そろそろジックリ落ち着いてフツーの暮らしに戻らなくちゃネ。楽しみは来年に残しておこう。

 

思いもよらぬ絶景に感服したからなのか?突然ソウ思って踵を返し、仙台へ向かわず東京へ帰る・・つまり桜遍路を終えるコトにしましたが、改めて思うのは桜はホント偉大なり。四季の有る国に生まれて幸せです。

 

仙台藩がお取り潰し寸前まで行った伊達騒動は講談だけじゃ無く、歌舞伎の「伽羅先代萩」や山本周五郎先生の小説「樅の木は残った」でも扱われてますが、実際の原田甲斐さんが船岡城主だった頃はこんな桜並木は無かった筈。でも城跡から遥かに望める蔵王は全く不変で、この風景を眺めて居られてたンでしょうネ。私メの桜遍路のゴールです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明後日は「東京都豊島区雑司ヶ谷」への訪問記です★


(参考リンク)
★「一目千本桜、樅の木は残った・・柴田町の観光情報が満載」柴田町観光物産協会HP
★「花のまち柴田」柴田町役場HP
★「柴田町 花のまち」Miyagi Explorer HP
★「白石川堤一目千本桜から船岡城址公園へ。宮城県の桜の名所を徹底紹介」旅ぐるたびHP
★「東北の桜名所!白石川堤一目千本桜をひたすら歩いてみた」スナログ・ブログ
★「桜の名所『一目千本桜』」"Ackee"のブログ!!
★「陸前 船岡城
(柴田町)」タクジローの日本全国お城めぐりHP

★「桜名所!船岡城址公園から一目千本桜を一望」スナログ・ブログ
★「伊達騒動と原田甲斐」いり豆 歴史談義ブログ
★「大河ドラマ『樅ノ木は残った』」HHKアーカイブスHP
★「人体の自律神経はなぜ二つあるのか?」このゆびと〜まれ!ブログ
★「たるや飲食店」焼きそば名店探訪録ブログ
★「船岡名物『たるや』のたこ焼きで昭和にタイムトリップ!」花のまち しばた ゆず子さくら子おでかけ日和ブログ


(関連する記事)
★「382 【麺類色々19】小十郎はうーめんを食べたのか?」
★「743 【粉なモン11】三大稲荷と『タコ焼きの串ざし』・・岩沼」
★「1527 【野菜果物56】今年もいちじくを煮てみた!2013・・白石」
★「1528 【今川焼き17】『ハム焼き』と名君が三代続いた城下町‥白石」
★「2281 【お米料理191】隠された城下町と『はらこめし』・・亘理」
★「2699 【麺類色々225】光のページェント2016と『仙台味噌のタンメン』・・仙台」
★「3126 【名物パン350】負けない横綱と桜と『カレーパンサンド』・・白石」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(来春はタップリ時間を確保して、のんびりジックリ訪ねたいモノです)

東京へ帰る前に腹塞ぎしておこうと、フト思い立って全国の焼きそば探しの盟友Salty氏のブログを見てみれば、あらイヤだ・・船岡駅近くの焼きそば屋「たるや飲食店」の情報が出てる。こんなトコまで来てたのネ、あの焼きそば魔人は!素直に恐れ入って店へ参れば、昭和の雰囲気が濃厚に漂う懐かしい内装で、メニューは焼きそばとたこ焼きだけ。と云っても関西風のソレじゃ無く、以前も近くの岩沼市で似た様なのを食べましたが、宮城県南部のたこ焼きはお団子みたいにモチモチした食感のモノが、ナゼか串に刺されて甘いタレをかけられて出て来るのですヨ。もちろん中にはタコの身が入ってますが、東京とも大阪とも違う不思議な味わい。一方、肝心の焼きそばの方はエラク味の濃いソースで、具はキャベツとモヤシのみ。青海苔が山頂に積もってます




| 2018.04.29 Sunday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.24 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS