きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3134 【名物パン352】懐かしき浦賀で「元祖ソフトフランスパン」を | main | 3136 【スイーツ266】新緑の天神で「フォンダンフロマージュ」を・・福岡市 >>
3135 【やきそば347】旧東海道ちょっと旅と「天竜川の焼きそば」・・浜松

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

中心繁華街の空洞化の久しい浜松で、唯一賑やかなトコと言っても良いのがJR浜松駅すぐソバの「遠鉄百貨店」。昭和六十三年(1988)に開店した最後発のデパートだったのに、生き残ったのはココだけです

 

日頃の疲れが溜まったか?更新を一日休ませて戴いた私メです。尤もお呼びが掛かれば全国ドコへでも参る主義で、疲労の蓄積をソッチ除けにして新たな長旅に出てますンで・・明日・明後日も休ませて戴きます。

 

ま、疲れてるのは逆戻りせぬ様に気を張ってる所為も有りますが、やっぱナニより歩き過ぎですナ。穏やかな昼前の陽光を浴びながら、胸張り前見てリズムよく一心に歩く。誰名付けたのか「青空療法」と呼びます。

 

浜松駅前から旧東海道を東へ三十分ほど歩いたトコに在るのが、大同元年(806)に創建された浜松最古のお社「蒲(かば)神明宮」サマ。平家追討軍の総大将、「蒲冠者」源範頼公の育った場所だったりします

 

闘病中はホント意義の有るコトでしたし、寛解に達してからも決して悪いコトじゃ無く、出来ればずっと続けた方が良い位の習慣。でもソレは程々ならば・・と云う条件が付く訳で、ナニ事も過ぎたるは及ばざるが如し!

 

雨にも風にも暑さにも寒さにも全く挫けず、毎日歩き続けて三年半で一万四千km・・東海道五十三次に換算して十四往復は多過ぎた様な。寛解してもペースは変わらず、もう少しで十五回目の往路が終わりそう。

 

浜松市内の旧東海道を更に東へ。街道筋に長く続いてた筈の松並木は道の拡張や病害虫やらで殆ど残ってませんが、所々に何本か生えてますンでソレを目印にしてテクテクと。昔の旅人みたいな気分ですネ

 

どう考えたってマトモじゃ無く、しかも実際の東海道を殆ど歩いてないのに我ながら呆れます。スマホの記録上じゃこんなに往復してるのに、しかも東海道沿いに縁故地が随分多いのに、果たしてソレで良いのか?

 

ならチョット歩いてみよう・・この発想自体が変ですが、静岡県西部の大都市・浜松から、一つ東隣りの宿場・見附(磐田市)まで・・天竜川を越えててテクテクと。住んだコトは無いですが、磐田市は実家が今在る街。

 

浜松も天竜川に近い辺りまで参りますと、旧東海道沿いに昔の建物が残っててイイ雰囲気に。一際立派なこの建物は、天竜川の治水に生涯を掛けた「金原明善」翁の御生家・・私メの母方の遠縁に当る人です

 

多寡が一宿と侮る勿れ。東海道は概ね二里(約8km)を目安に宿場が置かれてますが、ココは倍以上の四里七町(16.5km)も距離が有り、五十三次の道中じゃ小田原〜箱根間(16.6km)に次いで長い区間。

 

私ぁココを舞台にした一席を得意ネタにしてますンで、試しに歩いてみるには都合が良かろう。本当の東海道だからとスマホは特別扱いして呉れませんが、僅かでもコレで記録上だけじゃ無いと気分は上々でした。

 

天竜川の畔まで参りましたが、コレでやっと半分くらい・・先はまだ長いですナ。「暴れ天竜」として知られた東海道屈指の大河・急流で、軍事上の観点からココに橋は架けられず、対岸まで渡し船で行き来してたとか。現在の何倍の水量が有ったソウで、スゴイ風景だったンでしょうネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「福岡県福岡市中央区天神」への訪問記です★


(参考リンク)
★「浜松だいすきネット」浜松観光コンベンションビューローHP
★「we love 浜松」浜松エンジョイ情報倶楽部HP

★「ありそうでなかったローカルエンタメ情報サイト」POPdee HP
★「隠れた魅力がたくさん!浜松の人気おすすめ観光スポットTOP20」RETRIP HP

★「歴史と文化の香る街 浜松市東区」浜松市東区役所HP
★「遠鉄百貨店30周年」遠鉄百貨店HP
★「東海道五十三次。見附宿
(磐田市)から浜松宿」旧車(クラシックカー)のレストア日記と国内旅行ブログ

★「東海道珍情報 蒲神明宮」歴史を極める旅の人生ブログ
★「東海道の松並木」浜松市東区役所HP
★「カメラ散歩"『金原明善翁生家』を訪ねて"」アンドレのデジタル喫茶店HP
★「暴れ天竜と池田の渡し」東海道 川を渡る道HP
★「東海道53次距離表」350ml.net HP

★「かどや(静岡県浜松市)」焼きそば名店探訪録ブログ

★「地元の味『かどや』さんのやきそば&お好み焼き」浜松市中区サポート行政書士事務所ブログ


(関連する記事)
★「298 【名物パン21】遠州限定!お葬式には平パン」
★「591 【お魚料理31】まぼろしの二代将軍『徳川信康』・・天竜二俣」

★「736 【スイーツ33】浜松中心街の再生?と『あげ潮』」
★「1334 【やきそば131】熊野松風に『薄焼き玉子焼きそば』‥磐田」

★「1616 【お肉料理46】『浜松餃子』は質より量な食い物!」

★「1752 【やきそば185】偉人の出る町で『キムチ焼きそば』を・・天竜二俣」

★「1818 【名物パン197】西日本の東端で『カニぱん』を・・浜松」

★「2014 【スナック46】巨大SCの潰し合いと『三ヶ日みかんのポテチ』・・浜松」
★「2141 【スイーツ156】空自エアーパークと『チョコバット』・・浜松」

★「2172 【やきそば230】出世城と『モーニング焼きそば』・・浜松」
★「2488 【今川焼き45】晴天に靡く長藤と『あづま焼』・・磐田」

★「2552 【調味料類34】夜の浜松中心街と『いちごドレッシング』」
★「2647 【名物パン309】懐かしの『ポルテ』と今も健在『ピープ』パート3」

★「2851 【調味料類38】出世城で失脚した殿様と『和風みかんドレッシング』・・浜松」

★「2983 【お肉料理107】晩秋の月面世界で『げんこつハンバーグ』を・・天竜区」
★「3075 【スイーツ258】若き日の家康公・史跡巡りと『チョコあげ潮』・・浜松」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(東京から京都まで、ホントに歩いてみたいと思って居るンですが・・)

旧東海道を歩いた理由のもう一つが、街道沿いの「かどや」さんで焼きそばを食べたかった為だったりします。JR天竜川駅近くの角地に在るからこの店名ナンですが、七年ほど前に一度閉店したモノの、復活を求める地元の声に応えて再開店した名物店。でも私ぁ病魔との戦いに忙しくて、復活してからまだ一度も行ってなかった・・だから念願の初新店舗ナンですが、モダンさが全く無くてヘンな意味で大いに安心。さて焼きそばはドチラかと云うとズルズルの柔らか麺で、具はキャベツと挽肉と切りイカ・・そしてたっぷりの鰹節!ソースは地元浜松のトリイソースだからおぉ甘い!キワ物だらけナンですが、不思議とマッチしてます




| 2018.05.08 Tuesday (00:15) | やらまいか静岡遠州 | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.12.14 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS