きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 3170 【カレー焼23】のおがたと読む直方で「大人のカレー焼」を | main | 3172 【お魚料理112】アジアの玄関口・福岡で「生の明太子」を・・天神 >>
3171 【お米料理317】海峡を望むレトロな港で「門司港発祥の焼きカレー」を

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

今回乗った飛行機は九州へ入る時、関門海峡の北側を通って呉れまして・・手前が本州の最西端(下関市)なら、細長い海峡を挟んだ向こうが北九州市の企救(きく)半島。そして半島の付け根の街が「門司」です

 

拙宅の在る東京から西へはるばる千百kmの彼方、九州の北東端に在る百万都市「北九州」を旅する私メです。関門海峡を挟んで本州に接してますが、普段とは違う島に渡ってると思うと妙に高揚しちゃいますネ。

 

とは云え本州・北海道間の津軽海峡ほどの広がりは無く、岸壁に立てば対岸の街並みが見えてしまう位。渡し船に乗れば僅か五分の距離だソウで、チョット大きな川みたいなモノ・・関東にゃ存在しない感覚だナ。

 

その九州側の乗り場が在るのが、北九州市東端の「門司」。瀬戸内海と玄界灘を繋ぐ海峡が、山口県の下関市と門司の間を通ってるンで「関門海峡」と呼ぶのは、こりゃ小学生だって知ってますから説明不要でしょ。

 

中国自動車道と九州自動車道を繋ぐ「関門橋(関門自動車道)」は、昭和四十八年(1973)に完成した時は東洋一の長さを誇った橋。海峡の一番狭いトコ(早鞆の瀬戸)を渡りますが、ソレでも1068mも有ります

 

日本に海峡は多けれど位置的に最重要、かつ通る船舶数が最多なのがココでして、頭上を「関門橋」が高々渡りますし、海底にはJR山陽本線や山陽新幹線の鉄道トンネルに、国道二号線の自動車用トンネル。

 

ソコを渡し船だけじゃ無く、橋でも鉄道トンネルでも通ってる私メ。九州には滅多に参らぬのに、ナゼかこの海峡を良く渡ってますナ。唯一使ってないのが二号線トンネルに付随してる「人道」、歩いて対岸へ行ける!

 

約八百mの人道は歩けば十五分程と聞きますンで、門司へ参る度に行けば良かったと後悔してますが・・新たに来ると毎回忘れちまう。当然この度もソウで、海峡を歩いて渡るのは未だ果たせぬ夢と成ってますネ。

 

明治二十二年(1889)に国の特別輸出港に指定されるまで小さな漁村だったのが、九州の玄関口として大飛躍を遂げたのが「門司港」。大正六年(1917)築の「旧大阪商船ビル」を始め、レトロな建物の宝庫です

 

処で「門司」ってドウ云う意味だろう?最近捏造の住宅地は別として、ドコにだってそれなりの由緒・由来は有りまして、例えば拙宅の在る中山道・板橋宿は「川に板の橋が架かってた」と云う、身も蓋も無い理由。

 

但し命名者は、鎌倉幕府を開かれた源頼朝公とされてます。対して門司は海峡を通る船を取り締まってた長門国・赤間ヶ関(今の下関)の対岸に、長門国を領した新中納言知盛卿が城を築かせたのが最初だとか。

 

知盛卿と云えば平清盛公の四男で、源平合戦の後半は平家の実質的な総帥として頼朝公ら源氏と戦い、劣勢を凌ごうとされた悲劇の武将。関所の対岸に設けた門みたいな城を司るンで、門司と成った様ですヨ。

 

門司は石炭等の九州の物産を送り出すと共に、本州と九州を行き来する人達で栄えた港。財閥は九州全てを統括する施設を競って設けますが、コチラは大正十年(1921)築の「旧三井倶楽部」。国の重文です

 

正直コチラも身も蓋も無いですが、知盛卿が自害なされたのも門司だったりする。相次ぐ敗戦で瀬戸内を西へ追い詰められた平家一門が、乾坤一擲の合戦の場として選んだのが「壇ノ浦」。つまり今の関門海峡。

 

そして大敗を喫し、平家の主だった者は討ち死にしたり捕らえられたり。幼き安徳天皇サマや、清盛公の妻・二位ノ尼サマらは入水し自害されますが、その行く末を全て見届けた知盛卿は「見るべき程の事は見つ」。

 

逃れ難き盛者必衰を悟ってたから、予め覚悟されてたンでしょうナ。満身創痍に鞭を打って錨を担ぎ、総帥として一門の最後に入水されて居られますヨ。門司がそんな潔い方所縁と知ったのが、大きな収穫です。

 

海底トンネルの完成と、産業構造の大変化で衰退してた門司を再生しようと、昭和六十三年(1988)から大正ロマン調の街造りや、古い建物の整備の始まった「門司港レトロ」は大成功し、今じゃ九州有数の大観光地に。些か遣りすぎな感も強いですが、或る意味・・徹底してますナ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「福岡県福岡市中央区天神」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ぐるリッチ 北Q州」北九州市情報発信強化委員会HP

★「関門海峡Navi」関門海峡観光推進協議会事務局HP
★「門司港レトロインフォメーション」門司港レトロ倶楽部HP
★「門司港レトロまち歩き 門司港めぐる」門司港レトロ倶楽部HP

★「関門海峡を歩いて渡る!?下関、門司の両岸で楽しむスローな海峡めぐり」旅ぐるたびHP
★「日本遺産 関門"ノスタルジック"海峡」関門海峡日本遺産協議会HP

★「日本遺産『関門"ノスタルジック"海峡』について」北九州市役所HP
★「福岡県北九州市の旧大阪商船門司支店
(大正モダン建築再訪)」関根要太郎研究室@はこだてブログ

★「福岡県北九州市の旧門司三井倶楽部(大正モダン建築再訪)」関根要太郎研究室@はこだてブログ
★「源平合戦から江戸時代に廃城になるまでの門司城の歴史について【福岡の旅】」にっぽん旅行記ブログ
★「見るべき程の事は見つ」影法師ブログ
★「海峡を望むロマンの街」門司港レトロ 海峡プラザHP
★「門司港発祥 焼きカレー」北九州市 時と風の博物館HP
★「【インド料理ナンダン】門司港名物焼きカレー♪」飽き娘の好きなモノだけブログ


(関連する記事)
★「1384 【お米料理92】近代芸術なお城と『肉やきめし』‥小倉」
★「1385 【麺類色々95】大衰退した街で『かしわうどん』を‥黒崎」
★「1413 【やきそば141】日本初の多い街で『元祖焼きうどん』を‥小倉」
★「1414 【スイーツ80】銀河鉄道の始発駅で『バームクーヘン』を‥小倉」
★「1452 【やきそば146】本州に臨む港町で『瓦そば』を‥門司港」
★「1453 【スナック24】黄昏の門司港レトロと勢揃い『九州醤油のポテチ』」
★「1456 【スナック25】不思議な不思議なJR九州と『九州なポテチ』」
★「1803 【麺類色々134】本当の幸村と『ドギドギうどん』・・小倉」
★「1808 【スナック42】0哩の駅・門司港で『ゆずこしょうポテチ』を」
★「3167 【名物パン355】懐かしき故郷(?)で『サニーパン』を・・小倉」
★「3168 【麺類色々302】なんしよん!夜の小倉で『資さんのかしわうどん』を」
★「3169 【やきそば354】再生目指す副都心と『銀河の焼きそば』・・黒崎」
★「3170 【カレー焼23】のおがたと読む直方で『大人のカレー焼』を」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(私メの御先祖様は攻めた源氏方ですが、知盛卿に強く惹かれます)

明治から戦後にかけてエラク栄えた港町だけに、門司にゃココ発祥の不思議な食べ物が多く有りますが、世間に一番判り易いのは・・「焼きカレー」ですか。昨日ご案内のカレー焼とは全く趣の異なるチャンとした食事で、まだ石炭積み出しで栄えてた昭和三十年代に港近くの喫茶店が、余ったカレーが勿体ないとドリア風にして焼いたのが最初だとか。以来勝手に発展したモノなんで定型が無く、お店によりテンでバラバラとのコトですが、レトロ地区の岸壁を歩いてましたら海峡を吹く夜の潮風は身体に冷たくて、芯から温めようと飛び込んだのが日本風のカレー屋じゃ無く、しっかりしたインド料理店。ですが観光地だからメニューに焼きカレーは当然存在し、ならばと頼んでみますと・・ピラフの上にシーフードカレーを掛け、チーズをタップリ載せて焼いたモノが出て来ましたヨ。勿論インドにゃ焼きカレーは無いソウですが、コレが美味しくて・・夏が終わったらば、拙宅でも是非とも試してみたいモノです




| 2018.06.19 Tuesday (00:15) | よぅきんしゃった福岡 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.18 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS