きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 3262 【やきそば365】那須与一の郷で「手打ちのスープ焼きそば」を・・大田原 | main | 3264 【スナック91】北関東の小江戸で「新生姜ポテトチップス」を・・栃木市 >>
3263 【お米料理328】新生姜ミュージアムで「ピンクニュージンジャーカレー」を・・栃木市

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

ソレまでの企業資料館を三年前にリニューアルしたのが、JRと東武の栃木市駅にほど近い「岩下の新生姜ミュージアム」。入口に聳えるピンクの巨大新生姜に驚きますが、こんなのホンの序の口だったりします

 

関東の北端、栃木県を旅する私メです。昨日は更に北端の大田原市のお噂でしたが、今日は南端の栃木市へ。両市は七十kmほど離れてますが・・続けて向かった訳じゃ無く、多少のタイムラグが有ったりします。

 

ま、元より「リアルタイムの更新」を謳わぬ拙ブログ旅日記だから御勘弁を願いますが、同じ関東でも拙宅の在る都内と雰囲気の違った高原地帯に比べ、南部まで降りて来ると少し通じる感覚が・・やっぱ関東平野。

 

中でも栃木市は古くから「小江戸」と呼ばれた商都で、街中に古い蔵が多く建ってるトコから「蔵の街」と称して観光振興を図ってますが、エラク怪しい観光施設()が在るンでご紹介を。街ン中は明日ご案内します。

 

ミュージアムは入場無料ですが、受付が有るンでソコを通るといきなり巨大な新生姜のパッケージ。記念写真の撮影用ですが、このサイズの袋を満たすとしたら‥一体ドレだけの新生姜を入れれば良いかしらん

 

地元を代表する企業ってイロイロ御座いますナ。全国規模から県内じゃ有名レベル、或いは知られてないけど(その業界じゃ)実は世界的な会社なんか有りますが、個人的にゃ食べるモンの製造会社だと嬉しい。

 

ソレ即ち郷土の味ですし、アウトレット品を売ってたりもしますし、時折お祭りなんか開いて呉れて中にも入れたり。私ぁ勤め人じゃ無いンで経済的な面は奥さま方並みに疎く、興味の向き先も奥さま方と似たレベル。

 

栃木市にも銘菓や伝統の名物は有りますが、この街が生んだ全国シェアNo.1企業は「岩下食品」と云う会社。ラッキョウや生姜の酢漬けじゃ日本一の売り上げを誇るトコで、「岩下の新生姜」と言えば判ります?

 

今月末のハロウィンに向け、全館挙げて悪乗りの限りを尽くしてましたが・・このピンクの南瓜を良く見ると、光る新生姜で出来てる!生姜の形をしたペンライトを束ねたモノらしく、周りに居るのはアルパカだとか

 

その岩下さんが全国の新生姜好きに喜んで貰おうと、栃木市の本社近くに開いた「新生姜ミュージアム」が或る意味ブッ飛び過ぎてて、私ぁヘンな意味で感心しちゃいましたネ。だって悪ふざけが徹底してンだモノ。

 

フツーの企業博物館は会社の沿革や製品を、如何に品格を落とさずに展示するか苦心する筈で、ソレは重苦しさを伴うモンだから・・暫くいると正直イヤに成りますが、ココはもう少し真面目にしろと叫びたくなる位。

 

世に悪ふざけは沢山有るけれど、その殆どが見るに堪えないのは内輪受けの延長だったり、発想を良く練らないでテキトーに誤魔化そうとしたからで、同じ阿呆なら踊らにゃ損損!やるならば徹底的にやらなきゃ!

 

社長自ら知恵を絞って悪ふざけしてますが、その社長イチ押しなのが「新生姜の部屋」。ファンシーな空間に現れた新生姜と、「時をかける生姜」「ジンジャー畑でつかまえて」等が並ぶ本棚。シュール過ぎます

 

学生気質の新興企業なら判りますが、驚くコトに岩下さんは明治三十二年(1899)創業と結構な老舗。八百屋から漬物屋に成り、販路を次第に広げてシェアを上げ、昭和六十二年(1897)に売り出したのが新生姜。

 

社長が台湾で食べた生姜の酢漬けが美味かった・・が発端で、忽ちの快進撃で全国ドコでも売られる様に。つまり老舗でも、今みたいに成ってから日が浅い。だから頭が硬くない・・酢に漬かってるから柔らかい。

 

だからと云ってココまで悪ふざけして良いのかと思えども、会社ぐるみでトコトンやるって面白い。いや素晴らしいと褒めたくなる位。ナニ事も半端はつまらない、どうせだったら徹底的に・・と感心した新生姜です。

 

館内の一番奥に鎮座されるのは、生姜の効果で夫婦や恋人の仲がポカポカ熱々に成ると云う「ジンジャー神社」。狛犬ならぬ狛鹿の角は新生姜ですし、社殿の柱も新生姜。御利益はともかく、確かに食べたらポカポカ熱々に成るのは請け合いで、悪乗りの参拝客が結構居りました

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日も「栃木県栃木市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「鯉のいる街、蔵の街」栃木市観光協会HP
★「『小江戸』栃木市のご案内」とちぎ小江戸ブランドHP

★「栃木市を元気にする市民のためのポータルサイト」栃木市ドットコムHP

★「栃木県で小江戸を満喫♪『蔵の街』を観光しよう!」icotto HP
★「食卓に、あたらしい笑顔を届けたい。」岩下食品HP
★「岩下の新生姜ミュージアム」岩下食品HP
★「ショウガ部屋が怪しすぎる 『岩下の新生姜』ミュージアム開館」withnews HP
★「人気沸騰中!『岩下の新生姜ミュージアム』で新生姜まみれになるの巻」ぐるたびHP
★「初の『謎解き』も♡岩下の新生姜ミュージアムで『ピンクニュージンジャーハロウィン!』開催」COCONUTS HP
★「カフェ・ニュージンジャー」岩下食品HP
★「【栃木市】新生姜ミュージアムの『ジンジャーカフェ』に行ってきた」クラーケンハック・ブログ
★「カフェニュージンジャーの『ピンクニュージンジャーカリー』@栃木県栃木市」茨城のスローフード・ブログ


(関連する記事)
★「046 【麺類色々02】野州佐野の耳うどん」

★「047 【揚げモン01】野州佐野で芋喰って泡喰った」

★「081 【粉なモン02】げに恐ろしきチャルメラシューマイ」

★「091 【スイーツ04】佐野のカンロはとっても甘露」

★「484 【名物パン41】佐野はホントにもったいない」

★「895 【やきそば54】もと県庁都市・栃木と『じゃがいも入り焼きそば』」
★「896 【講談の舞台10】佐野源左衛門の駆付け‥佐野市」
★「897 【揚げモン34】田沼意次公と田沼の『唐揚げ』」
★「1347 【関東三大師06】金金キラキラ!佐野厄除け大師」
★「1437 【スイーツ83】日本一の道の駅と『いちごジェラード』‥旧田沼町」

★「1439 【スイーツ84】『天然氷のカキ氷』と干瓢の故郷‥壬生町」
★「2790 【今川焼き71】栃木の小京都の桜と『パンヂュウ』・・足利」

★「2810 【やきそば311】鯉舞う蔵の街で『じゃがいも入りカレー焼きそば』を・・栃木市」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

 

(11/11は新生姜の日、去年のメインゲストは林家ペー師匠でした)

新生姜ミュージアムの中に、料理もスイーツもドリンクも全て新生姜入りと云う、実に恐ろしい「カフェ・ニュージンジャー」さんが在りますヨ。館内全てがピンク色のトコですから、こう成りゃ私メもトコトンやってやろうじゃんと・・一番ピンクの激しかった「ピンクニュージンジャーカレー」を頼んでみましたが、十六ヶ月もの開発期間を費やしただけ有って、もぅ笑っちゃう位に生姜味!ホワイトカレーに粗みじん切りの新生姜が山ほど入ってますが、具はソレだけで他は一切なし。付け合わせの新生姜は取り放題だったンで沢山乗せちまいましたが、世の中にはスゴイ料理が有りますネ。フツーのカレーと全く違う辛さで、とにかく体が暖まる・・思わず汗を拭く位。コレはコレで有りだと納得した次第です




| 2018.10.23 Tuesday (00:15) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.11.17 Saturday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS