きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3286 【お米料理329】深秋の目黒不動と「まるまつのさんま丼」 | main | 3288 【麺類色々328】夜のアーケード街で「ピーナッツバター拌面」を・・大山 >>
3287 【やきそば367】今年は空振りの鮭遡上と「行田の一平ちゃん」

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

日本海側は島根県の江の川だソウですが、一般的に鮭遡上の太平洋側南限とされてるのが利根川。一時は殆ど居なくなった鮭ですが、環境を整備した結果・・近年は数千匹が戻って来る様に成ったンですが

 

四年前の今頃に発病して以来、果てしない苦闘の日々の続く私メです。気にしまい気にしまいと思えども・・既に終わったコトじゃ無く、大小高低強弱な闘病が未だ続いてますンで、気にしないで居るのは無理ですヨ。

 

尤も薬の副作用でその間のコトを殆ど覚えちゃ居りませんで、このブログ旅日記を読み返して漸く薄ボンヤリ思い出す様な塩梅。処がその代わりに発病した頃の出来事を、トラウマとして鮮明に覚えてたりする。

 

心神の安定の為にはソッチを忘れたいンですが、記憶の上書き機能がイカレちゃった以上、コリャ仕方が無いとドクターから説明されましたネ。PCならばメモリを取り換えれば良いけれど、人間はソウも行かないし。

 

利根川を河口から約百五十km遡った埼玉・行田市()と群馬・千代田町()の間に、まるで関所の様に聳えるのが「利根大堰」。海から上って来た鮭の最後の難関で、あと十kmほど先に産卵場が在ります

 

そんなトラウマの一つが「利根大堰」。「講談よりバイクが好き」と公言してる私メが発病前最後のツーリングに行った先で、埼玉・群馬の境を流れる利根川に大きな堰が架かり、東京の水は一部ココから来てますヨ。

 

もちろん上水道の勉強に参った訳じゃ無く、利根川を遡る南限の鮭が見られると言うンで、ソリャ面白そうと片道七十kmほど走ってったンですが、今思うと・・あの状況で良くぞ物見遊山できたモノ。全く呆れちまう。

 

堰の隅に設けられた魚道を鮭が上って行きますが、ソレを真横からガラス越しに眺められる様に成って居て、次から次へと鮭が現れるンで実に楽しかった・・イヤこりゃトラウマじゃ無く、最後の楽しい思い出ですナ。

 

魚道脇の見学室でワクワクしながら鮭の出現を待ってましたが、時折一匹ずつ上って来るだけで・・小魚ですら滅多に現れず。随分待った結果、オイカワの撮影に何とか成功しましたが・・こんな年も有るのネ

 

元気だった頃は平気な顔して「日帰り五百kmツーリング」に行ってましたし、「丸一日で千kmツーリング」も何度かした事の有る私メ。都内から利根大堰なんてお散歩の距離ですが、闘病中はソレすら夢のまた夢。

 

この鮭見物は闘病最盛期()の目標の一つと成り、昨秋無事に成し遂げて万々歳!負けずに頑張る自信に成ったのは間違いなく、お陰様で今春に寛解へ到達。なのに猛暑だったから?再発しかかって大慌て。

 

辛うじて大事に至りませんでしたが、やっぱり鮭に励まして貰った方が良いンじゃ無い?聞けば利根川を遡る鮭は三度の冬を海で過ごした四年魚が殆どらしく、つまりあの時に眺めた鮭が産んだ子供達なのかも。

 

八代亜紀さんは「鰊はドコに行った」と唄いましたが、私ぁ「鮭はドコに行った」・・延々待っても鮭は殆ど現れず、昼食と用事を済まして夕方また行っても鮭は殆ど現れず・・スミマセン、この画像は去年の鮭です

 

処が今年は異常な程に鮭が少ないとか。ソレまでに比べて去年・一昨年も少なかったソウですが、今年は輪を掛けて減ってるらしく、埼玉県の水産試験場も首を傾げるしか無い様。夏が暑過ぎたからかしらん?

 

同じ様に海から上がって来る鰻ほどじゃ無いけれど、鮭も未だに判らないコトだらけで、判ってるのは今年は少ない!予めソレを聞いてたンで利根大堰のHPで、遡上する数が多そうな日を調べて参ったンですが。

 

ま、相手は自然の生き物だから仕方なく、四年で戻らず五年魚に成って遡って来るのも結構居るらしいンで、きっと来年ドサッと現れて呉れるでしょ。だから来年は完治してココへ参り、鮭に会おうと思った私メです。

 

利根大堰で取られた利根川の水は、ココから武蔵水路や見沼代用水を通り、東京都の四割・埼玉県の七割の上水を供給してるとか。そんな大堰は昭和四十三年(1968)の完成から、満半世紀を迎えました

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都板橋区大山」への訪問記です★


(参考リンク)
★「行田市観光情報サイト」行田市観光協会HP
★「行田市情報コミュニティーサイト」うきしろwalk HP
★「行田の観光名所20選!あの大人気小説・映画の舞台巡りへ!」skyticket HP
★「利根導水総合事務所」独立行政法人 水資源機構HP
★「利根大堰
(行田市加須)」浮間わいわいねっとHP
★「サケのこと」利根導水総合事務所HP
★「利根川のサケ
(鮭・シャケ)の遡上数は2012年以降どうなっていたのか」tektosense HP
★「鮭遡上の南限・利根川の河口から154km利根大堰でサケ遡上・採卵観察会」青い滑走路ブログ
★「利根川遡上サケ 10年で最少」八ツ場あしたの会ブログ
★「2018サケ遡上採卵観察会
(利根大堰)」渓流釣りと食べ歩き桐生岩魚のブログ
★「フライ・ゼリーフライ」行田市観光協会HP
★「いっぺん食べたらやめられない。」焼きそば・フライの一平ちゃんHP
★「行田市北河原『一平ちゃん』の焼きそば
(特盛り)」カゴハラネットHP
★「埼玉県で最強にウマい焼きそば店『一平ちゃん』を発見! ソースの味が絶妙すぎる」しらべぇHP


(関連する記事)
★「244 【お米料理13】斉藤実盛は聖天さまを建立した」
★「245 【講談の舞台04】勇女甲斐姫・・行田市」
★「618 【スイーツ24】洒落ぬきで‥あつすぎるぞ!熊谷」
★「619 【やきそば34】熊谷の焼きそばは細い!」
★「902 【やきそば56】ナゾの日本三体文殊と熊谷『ホルどん』」
★「1827 【名物パン198】『謎のメロンパン』と古代埼玉帝国・・行田」
★「1828 【スイーツ122】浮き城と『うますぎる十万石饅頭』・・行田」
★「1977 【揚げモン55】利根川を上る鮭と『ゼリーフライ』・・行田」
★「2569 【やきそば274】灼熱の熊谷で『フライ焼きそば』を」
★「2570 【団子饅頭82】灼熱の熊谷で『塩あんびん』を」

★「2944 【調味料類40】世界最大の花火と三年ぶりのツーリング・・鴻巣」

★「2981 【お魚料理110】利根川を遡るサケと『鮭のお華花』・・行田」
★「3067 【麺類色々284】びっくりひな祭り2018と『川幅うどん』・・鴻巣
★「3104 【やきそば341】鴻巣の桜2018と『太麺のモチモチ焼きそば』」
★「3195 お陰様で放送一千回、フラワータイムなぞの金曜日・・鴻巣」
★「3247 【麺類色々316】『観光大使』就任と『大行列な超濃厚つけ麺』・・鴻巣」
★「3256 【やきそば364】今年も炸裂!世界一の大玉『四尺玉』2018・・鴻巣」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(川をいざ遡り始めた時点で、鮭は本能だけに成ってるンでしょうネ)

鮭を待ってる内にお腹が空いて来ましたが、利根大堰に供食施設の有ろう筈は無く、ならばと川沿いに数km遡って「一平ちゃん」と云うフライ屋さんへ参りましたヨ。ですが行田や熊谷・鴻巣市辺りのフライは揚げ物じゃ無く、キャベツの入ってないお好み焼き・・と考えて貰うと判り易いですナ。私ぁ毎週鴻巣へ参ってますが、少し生地が薄目の鴻巣フライと違い、行田・熊谷のフライはモッチモチ。一平ちゃんのメニューにゃ「えびフライ」が有ったンでソレにしようかと暫し考えたモノの、幾らナンでもネタに走り過ぎと「チーズフライの大(右)」を。鴻巣のフライ屋さんでチーズを入れてと頼もうか思う位に凄いモチモチ感でしたが、フライにゃ焼きそばが付き物なのがこの辺り。残念ながらマヨネーズが用意されてませんでしたが、「焼きそば大盛り」を頼んだら凄いボリュウム。この三倍量の特盛りや五倍量のメガ盛りも有りますが、フライも食べなきゃ成らぬから当然ご辞退を。共に香ばしいソースのお陰で、アッサリ食べ切れましたヨ




| 2018.11.23 Friday (00:15) | なぜかココは埼玉北 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.24 Saturday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS