きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 3292 【お米料理332】紅葉の北の丸公園と「アパ社長のカレー」・・九段上 | main | 3295 【麺類色々330】黄金色の東大2018と「赤門拉麺」・・本郷 >>
3294 【スイーツ281】黄葉・紅葉の日比谷公園と「キャッサバケーキ」

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

日比谷三井ビル(昔の三井銀行本店)跡に三月末にオープンした「東京ミッドタウン日比谷」は、何だかエラクお高い感じのするトコで息が詰まりますが、そんな人の為?三十五階建ての高層ビルの六階に「パークビューガーデン」と云う空中庭園が。空が広く見えて気持ち良いですナ

 

ミッドダウンの空中庭園を「パークビューガーデン」と名付けたのは、その真ん前に日比谷公園が広がってるから。その向こうには霞が関の中央官庁の高層ビル群が聳えてますが、眼下の森の奥の方に黄金色の大木が幾つも見えてますナ。ならばビルを降り、ソッチへ向かいましょ

 

日比谷公園からミッドタウンを眺めるとこんな感じ。隣接する丸の内や虎ノ門の様に日比谷も再開発がドンドン進められてますンで、何れは埋没して目立たなく成っちまうでしょうけど、今のミッドタウンは界隈随一の背高ビルですンで、園内のアチラコチラからその姿が望めますネ

 

「日比谷公園」は日本初の洋式公園として明治三十六年(1903)に完成してますが、特徴的なのが中央を貫く「S字状」の大園路。完成当時から在ったモノで、ソレに沿って樹齢百年超のイチョウが沢山植えられてますヨ。古木だけに銀杏の実がチト臭いですが、ソレもまた一興かと

 

日比谷公園のイチョウの主と云えば、松本楼の前に威容を示す「首賭けイチョウ」。日比谷交差点の拡張の為に切られる運命だったのを、この公園の設計者・本多静六博士が「自分の首に賭けて移植させる」と頑張ったンでコウ呼ばれますが、樹齢約三百六十年・・凄く太い幹です

 

首かけイチョウのそばに在る「雲形池」は、開園時にドイツ風庭園の池として造られた筈ナンですが、園内最大の紅葉の名所だったりしますンで・・全くドイツっぽくない!昨日ご紹介の北の丸公園「もみじ山」は静かな美しさでしたが、コチラは途轍もない真っ赤。派手な美しさです

 

雲形池の廻りはカエデだけじゃ無く、当然の様にイチョウも植えられてますンで、共に絶頂期を迎えた真っ赤と真っ黄色がガップリ四つを組んで譲らぬ大勝負!秋の数日間だけの絶景で、私ぁ毎年コレを楽しみにしてますが・・ココが東京の真ん中なのがチト信じられない気分です

 

公園南端には昭和四年(1929)に建った「市政会館」が在りますが、この脇にもイチョウの大木が。都の木として選ぶ位にコレ好きな東京都ですが、街路樹以外のイチョウの群生としてはココと、東大・本郷キャンバスが双璧かナ。東大も何度か偵察に行ってますンで、乞うご期待

 

ずっと居ると寒いンで・・公園から日比谷通りを再び渡り、今度は天下の帝国ホテルへ。日本を代表する大名門ですンで、ロビーに飾られてたクリスマスツリーが無駄にゴージャス!ミッドタウンとは違う意味でお高いトコなんで、私メ見たいな寄席芸人にゃ場違いで仕方無いです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都文京区本郷」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ちよだの魅力」千代田区観光協会HP
★「霞ヶ関・永田町エリア 今こそ歩きたい政治の街」千代田区観光協会HP
★「日比谷周辺で人気のおすすめ観光スポット10選」TravelBook HP
★「映画みたいな街が生まれる。」東京ミッドタウン日比谷HP
★「【日比谷駅】東京ミッドタウン日比谷6Fパークビューガーデン」座れる休憩場所検索HP
★「日比谷公園」公園へ行こう!東京都公園協会HP
★「おでかけガイドTOKYO 日比谷公園」立川オンラインHP
★「紅葉の日比谷公園」佳景探訪HP
★「首かけイチョウ」巨樹と花のページHP
★「日比谷公園の雲形池
(東京都千代田)」水辺遍路ブログ
★「12月の日比谷公園:紅葉の雲形池と鶴の噴水の風景 PART1」緑には、東京しかないブログ
★「TOKYO Since 1890」帝国ホテル東京HP
★「アナス サリサリストア」ココパレスHP

★「フィリピンのスイーツ」セブスタイルHP
★「キャッサバケーキ」森の蜜もの忘れ防止diaryブログ


(関連する記事)
★「1038 【スナック11】マッカーサー元帥と『お米でつくったカール』」

★「1298 【名物パン119】桜咲く霞ヶ関官庁街で『頭脳パン』を」

★「1758 【呑みモン48】新緑むせ返る皇居前広場と『ココウォーター』」

★「1993 【やきそば214】皇居の紅葉見物と『後楽焼きそば』」

★「2084 【やきそば220】『ジャポネのチャイナ』と皇居でお散歩」
★「2205 【お米料理180】ナゾの体脂肪率と『タニタ食堂』・・丸の内」
★「2227 【麺類色々191】騒乱の日比谷公園と『農水省のお蕎麦』」
★「2302 【やきそば244】爽秋の日比谷公園と『ぼっかけスパゲティ』」

★「2361 【やきそば250】紅葉の日比谷公園と『きのこバター焼きスパゲッチ』」

★「2538 【名物パン299】熱狂!フィリピンフェスタの日比谷公園」

★「2582 【やきそば275】蝉時雨の日比谷公園で『タラコ焼きスパゲッチ』を」
★「2675 【やきそば290】イチョウ輝く皇居外苑と『大手町のジャポネ』」

★「2686 【やきそば292】紅葉輝く日比谷公園で『キムチ焼きスパ』を」
★「2694 【お米料理252】シャンパンゴールド煌めく丸の内で『ステーキカレー』を」

★「2744 【やきそば298】梅花咲く皇居前広場と『名ばかりのヘルシー焼スパ』」

★「2765 【保存食品69】咲き始めた都心の桜と原発と『根菜漬』・・日比谷」
★「2825 【やきそば312】新緑爽やかな丸の内で『ジャポネのバジリコ』を」

★「2941 【スイーツ245】フィリピンフェスティバルで『エッグパイ』を・・日比谷」
★「2977 【麺類色々268】黄金色の皇居前で『気象庁の麺弁当』を・・大手町」

★「2995 【やきそば330】錦秋の日比谷公園で『大盛り焼きナポリタン』を」
★「3004 【麺類色々275】イルミネーション輝く丸の内で『東京タンメン』を」
★「3198 【お米料理321】意外と凉しい丸の内で『オフィス街の海鮮丼』を」

★「3226 【麺類色々310】違う眺めの日比谷公園と『冷やし・超大吉田』」
★「3290 【お米料理331】黄金に輝く行幸通りと『BIGとんチキ』・・皇居前」
★「3292 【お米料理332】紅葉の北の丸公園と『アパ社長のカレー』・・九段上」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(ミッドタウン自体は少し苦手ですが、空中庭園は実に宜しいですナ)

日比谷公園は様々なイベントが行われるトコで、ソレを見に出掛けたりもしますが、ココ数年楽しみにしてるのが「フィリピンフェスティバル」。園内に建国の英雄ホセ・リサール博士の銅像が置かれてる関係か、在日フィリピン人最大のお祭りで、記事にこそしませんでしたが今年も九月初めに行われ、私ぁ当然の様にソレへ参り、彼ら向けの料理を買って参りましたが・・その一つが「キャッサバケーキ」。今流行りのタピオカの原料にもなるキャッサバ芋と、コンデンスミルク・ココナツミルクを良く混ぜて焼いたケーキで、冷たいままでも少し暖めてでも美味いンですが、向こうではクリスマスの必需品だとか。埼玉・戸田市にお店を持つ「アナス」さんのを頂きましたが、食感としては甘い外郎?世の中には不思議なモンが有ると驚くと共に、行ったコトの無い異国に夢を見る私メです




| 2018.12.01 Saturday (00:15) | 皇居・丸の内・大手町 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.09.24 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS