きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3302 【スイーツ283】ローマ教皇聖下と「音羽不二家のシュークリーム」・・関口台 | main | 3304 【麺類色々334】黄葉の乃木坂で娘音曲隊と「薬膳しお牛肉麺」を・・赤坂 >>
3303 【麺類色々333】紅葉の太田黒公園と言文一致と「荻窪二郎」

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

JR中央線とメトロ丸の内線が乗り入れる「荻窪駅」は、青梅街道に面した北口(画像)の方が賑わってますが・・明治二十四年(1891)に駅が出来た時は反対側の南口しか無かったとか。今回は南口をブラブラと

 

高座が続いてるンで記事を書いてる余裕が無く、更新が些か休みがちな私メです。元気だった頃に比べれば全くですが、ソレでも嬉しい悲鳴にゃ違いなく・・ブログ旅日記はもちろん後回し。本業の方が優先です。

 

とは云え、青空療法で都内をテクテク歩くのは休み無しで、コリャ心神を安寧に保つ為だからと時間を作って出掛けてますンで、お噂がドンドン溜まって行く・・記事化を諦めてお蔵入りさせたのが幾つも出てますヨ。

 

ですが折角見付けた根多を「ボツ」にするのは勿体なく、幸い十月半ばからツイッターも始めましたンで、百四十字制限に閉口しつつ、ソッチでご紹介する様にしてますネ。お宜しければフォローしてって下さいませ。

 

荻窪の南口は戦前「別荘地」として開発され、政財界人や文化人が屋敷を構えたトコ。その一つが「太田黒公園」として残されてますが、門を潜ると樹齢百年超のイチョウの並ぶアプローチが真っすぐ延びてます

 

その他にフェイスブックもやってますンで、このブログを含めた使い分けを苦慮してますが、SNSを二刀流ならぬ三刀・四刀・五刀流で使い熟してる方が大勢居られますンで、私メもボチボチ慣れて参りたいですネ。

 

ま、高座で講談を読む際に「武士言葉」「町人言葉」を身分の高下・男女や年齢・職業の違いを考えて使い分け、「ト書き口調」「謳い口調」「座談口調」等々まで駆使して口演してますンで、ソレに比べりゃ容易いコト。

 

つまり文語と口語が頭ン中に同居をしてる訳で、如何に違和感なくスムーズに混ぜて語るかが芸ですが、文章用の言葉・会話用の言葉として使い分けられてた文語と口語は、明治時代から混ぜて使われる様に。

 

東芝を再建した後に日本の電力事業を育てた、戦前の実業家・太田黒重五郎氏の長男で、音楽評論家として知られた太田黒元雄氏の邸宅だったのが「太田黒公園」。元雄氏の死後、杉並区に寄贈されてます

 

口語と文語の乖離が激し過ぎるのは宜しくない、よって新時代の文学は口語で綴るべし。コレを「原文一致運動」と申しますが、口語小説の実質的第一号は「浮雲」。二葉亭四迷センセの明治二十年(1887)の作品。

 

まるで噺家みたいな筆名は、ご自身を「(お前なんか)くたばって仕舞ぇ」と卑下した余りに付けたと聞きますが、拙宅近くの駒込・染井霊園にお墓が在りますンで、言文一致の大先輩として私ぁ時折詣でて居ります。

 

そして四迷センセの大親友だったのが、太田黒重五郎なる実業家。ドウ云う繋がりかと云えば東京外国語学校(今の東京外大)ロシア語学科の同級生で、共に没落した武士の子だったンで気が合ったンでしょうナ。

 

太田黒邸だった頃の面影を濃く残す回遊式日本庭園が整備されてますが、ナンと云ってもココは紅葉!庭園自体はソレほど広くないンですが、園内は見渡す限り紅葉・紅葉・紅葉で真っ赤っ赤!正に絶景です

 

尤も四迷センセはロシア文学に心酔しすぎて学校を中退してますが、太田黒氏との親交は厚く続いた様で・・日本初の言文一致小説「浮雲」を執筆する時、主人公のモデルとして浮かんだのが太田黒氏だったとか。

 

確か高校生の時に学校の課題で読んだ記憶は有りますが、はてドウ云う粗筋だったかしらん?尤も当時としては画期的な文体でも、今の感覚では文語。つまり古文っぽいソレに感じられて読み辛かった覚えが・・。

 

てな事をフト思い出したのが、一年ぶりに訪ねた太田黒公園。直接の関係は無いとは云え、そんな繋がりが有ったとは。途端に親しく感じられ、妙に寛いじまいましたが・・昔の富豪の屋敷はスゴイと驚くばかりです。

 

雑踏の駅前から十分も歩くと、こんなトコが在るナンて・・しかも昔の荻窪が別荘地だったとは信じ難いですが、人だらけの東京も戦前は長閑だったンですナ。ソレがこうして残ってるのは、ホント有難いコトですネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都港区赤坂」への訪問記です★


(参考リンク)
★「なみじゃない、杉並!」中央線あるあるプロジェクト実行委員会HP
★「すぎなみ学倶楽部」杉並区産業振興センターHP

★「荻窪の情報ポータル&WEBマガジン」オギジンHP
★「荻窪ってそんなにいいんですか」へも紀行HP
★「太田黒公園」箱根植木HP
★「太田黒公園
(旧太田黒元雄邸)」すぎなみ学倶楽部HP
★「こんな美しい紅葉が無料!東京荻窪の日本庭園『太田黒公園』」たびねすHP
★「太田黒公園の紅葉♯1」Amour Tendreブログ
★「作家辞典:二葉亭四迷」ほら貝HP
★「余が言文一致の由來 二葉亭四迷」小さな資料室HP
★「【明治の50冊】
二葉亭四迷『浮雲』 苦悩描き、近代小説の原動力に」産経ニュースHP
★「東芝を創った大田黒重五郎が遺した格言」思即有備HP
★「ラーメン二郎 荻窪店」同HP
★「ラーメン二郎 荻窪店 – “絶品豚”と“やみつきスープ”の直系二郎!!」東京ラーメンレポートHP
★「荻窪二郎でラーメン!ってか『助手 かわいい』ってなんだよ?って話」ロング スリム ホットHP


(関連する記事)
★「1769 【お米料理129】読みづらい?阿佐谷で『カレーかつ丼』」
★「1770 【麺類色々130】ご当地ナンバーの区で『荻窪ラーメン』を」

★「2108 【スナック53】善福寺池と『いぶりがっこポテチ』・・上井草」

★「2154 【麺類色々179】新緑の杉並と『かつカレーそば』・・阿佐ヶ谷」

★「2215 【やきそば234】『いりそば』と高円寺の高圓寺で雨宿りを」
★「2626 【団子饅頭91】秋の善福寺池で『超薄皮の豆大福』を・・西荻窪」

★「2719 【今川焼き62】厄祓いのおそっさまと『パイたい』・・堀之内」

★「2750 【スイーツ224】ピンクの象が飛ぶ街で『じゃがいもドーナツ』を・・西荻窪」
★「2836 【今川焼き76】まぼろしの杉並木と『甘くない鯛焼き』・・阿佐ヶ谷」

★「2985 【やきそば329】紅葉の太田黒公園と『極太麺の焼きそば』・・荻窪」

★「3161 【お米料理316】謎のかっぱ公園と『豚から揚げチャーハン』・・新高円寺」
★「3299 【呑みモン100】紅葉の中のルサンチマンと『養命酒のホットワイン』・・哲学堂」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(思いも依らない繋がりを発見した時って、躍り上がりたく成りますネ)

「荻窪ラーメン」の春木屋さんを始めとして、駅の北口にも南口にも有名なラーメン屋さんの多い荻窪ですが、駅の東の外れ・・太田黒公園の近くにラーメン二郎の直系店が在りますヨ。前々からソレは知ってたンですが、営業時間がドウしても合わなかったり、高座前だったりで見送ってばかりでしたが、今回は上手い具合に問題は無く、しかも偶々並んでなかったンで入ってみましたが、随分とキレイな二郎ですネ。もちろん「二郎としては」だったりしますが、三田の本店をメインにしてると驚くばかり。そんなには食べられないンで「小ラーメン」にしてみましたが、三田ほどじゃ無いとは云え・・やっぱり二郎だから多いですナ。ですが三田と違って麺がゴツゴツして無いから、この程度は軽い軽い!何より他の二郎と違うのは、若い女性が助手として働いてまして・・一瞬たじろいだモノの二郎は二郎。ココなら大ラーメンも軽く行けそうです




| 2018.12.12 Wednesday (00:15) | 中野・杉並・練馬区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.19 Saturday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS