きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3311 【呑みモン102】ガーデンプレイスのX’mas2018と「赤いヱビス」・・恵比寿 | main | 3313 【お米料理336】光り輝くペンギンと「たつやのもも肉とり丼」・・新宿南口 >>
3312 【お米料理335】 百年目のクリスマスツリーと「きつね牛丼」・・西池袋

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

東京を代表する大繁華街の一つなのに、新宿や渋谷に比べてクリスマスイルミネーションが大人しいのが池袋。年間3300万人が訪れる地域最大のSC「サンシャインシティ」のソレも、こんな小さなモノです

 

平成最後の師走も残り六日と成った都内をテクテクと、クリスマスイルミネーションの輝きを求めて動き回ってる私メです。クリスマスは昨日の日没を以て終了し、方々に飾られてたツリーは今日辺りに撤去される筈。

 

ソウしないと正月飾りを置けないから仕方ないですが、あんなに衆目を集めてたツリーが突然無くなると、スターが不祥事で一気に凋落したみたいで悲しいったら有りゃしない。ま、一年経てばカンバックしますケド。

 

ソレでも街頭のイルミネーションはバレンタインデー辺りまで続くトコが多いですし、クリスマスツリーを灯したままで年越しするトコも。不思議に思って調べますと、ツリーは明日片付けるべきモノじゃ無いらしい。

 

明治七年(1874)に創立された「立教大学」が、築地の外国人居留地から池袋西口にキャンバスを移したのは大正七年(1918)のコト。西口は立教のスクールカラー「紫」のペナントが、アチコチに目立ちます

 

古今東西様々な儀式や行事にはソレなりの決まりが有りまして、カトリックやプロテスタント等の西方教会じゃ、クリスマス(キリストの降誕祭)の四つ前の日曜日に飾り始めるのが正しいとか。アドベントと呼びます。

 

で、片付けるのは公現祭の翌日。つまり一月六日まで飾り続けるモノらしい・・宗派によって多少違いは有る様ですが、概ねこんな感じだとか。成るほど欧米じゃ門松を飾らないから、ノンビリとやって居られるのネ。

 

でもソレって・・イチョウの黄葉が鮮やかなままで新年を迎えそうな今冬並みの違和感を覚えますが、欧米人はサッサと片付けちまう我々に同じ感情を抱いてた筈で、コリャお互い様と云う事で御勘弁を願いましょ。

 

冬の立教名物と云えば、モリス館前の広場に植えられた樹齢百年を超す、二本の本物のヒマラヤ杉を使ったクリスマスツリー。昭和二十四年(1949)に始められた行事で、継続してるモノとしては日本最古だとか

 

ですが中には年明けまで続けるツリーも在りまして、ソレは拙宅から遠からぬ池袋西口の立教大学で毎夜灯されてるクリスマスツリー。年明け六日まで点灯し、七日に片付けるンだから全く仕来たりに則ってますヨ。

 

何しろ立教は創立から百五十年近い伝統校で、キリスト教系としては全国で二番目に古い大学。運営母体の日本聖公会は、イギリスのキリスト教ですナ。娯楽としてクリスマスをしてる輩と違う、大真面目な組織。

 

しかも立教のは出したり仕舞ったりが出来ない、地面に生えてる本物の木を使ったツリーで、ソレに付けた電飾を灯し続けて約七十年。当然乍ら公現祭(聖公会じゃ『顕現祭』と呼ぶとか)の晩まで灯して呉れますヨ。

 

最近の流行と違い、少しも派手じゃ無いし球数も少ないですが、レンガ造りの建物に囲まれた高さ25mのツリーが灯る・・本物ならではの暖かさ!コレで満たされるから?池袋のイルミネーションは大人しいのヨ

 

そして立教が池袋に移転してから満百年!キャンバス内の資料館で写真を見ましたが、移転当時は西口しか無かった池袋駅前は畑や原っぱだらけで、ソコに出来たのが立教。つまり立教の百年は池袋の百年!

 

池袋は板橋宿の拙宅に一番近い繁華街で、今でも暇が有るとブラついてますし、子供の頃から出入りしてる街。ソコで正しいクリスマスが行われ、他所じゃ明日片付けられるツリーが年明けまで在るって嬉しいナ。

 

ま、他の繁華街と違って池袋には鬼子母神サマ以外は大きな寺社が無いですし、大きなイルミネーションが無いから尚更目立ちますが、もう少しクリスマス気分で居られる・・。お正月でもクリスマス、そんな街です。

 

昼間はレンガの校舎を覆うツタが鮮やかな「立教本館(モリス館)」ですが、夜は違った雰囲気に見えますナ。百年前の池袋移転時に建てられたモノで、クリスマスツリーの反対側は日本と思えぬ感じがします

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都新宿区新宿新南口」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ビジットシティとしま」豊島区観光協会HP
★「池袋通信」東武鉄道HP
★「タウンガイド池袋」ディープイン池袋HP

★「誰も知らない池袋−サンシャイン60ができる前までは、池袋といえば西口のことでした」がん治郎のお散歩スクラップノート・ブログ

★「なんか面白いこと、ある。」サンシャインシティHP

★「Sunshine City Christmas Party!」サンシャインシティHP

★「サンシャインシティ、来訪者が過去最高に 17年度、3290万人突破」IT Media ビジネスオンラインHP
★「自由の学府」立教大学HP
★「本館
(1号館/モリス館)特設サイト」立教大学HP

★「立教大学本館(モリス館)」レトロな建物を訪ねてブログ

★「Christmas Rikkyo 2018」立教大学HP
★「素敵な『立教大学』イルミネーションへの行き方」東京生活.com HP
★「立教大学のクリスマスツリー」まちへ、森へ。ブログ
★「クリスマスツリーを飾る期間」神田キリスト教会ブログ
★「牛若丸池袋ロサ店」スターティングオーバーHP

★「池袋西口に牛丼新チェーン1号店『牛若丸』誕生!」◆毎日カレー◆と★タイ料理★ by エスニカン ブログ
★「 新しい牛丼チェーン?池袋にこっそり誕生した『牛若丸』のきつね牛丼が食べごたえたっぷり! 」ネタフル・ブログ

(関連する記事)
★「590 【名物パン45】石ノ森センセとラムレーズン」
★「929 【お米料理64】満開の桜と洋館と『炙った牛丼』・・池袋」
★「1603 【名物パン166】セントポールのクリスマスと『アップルリング』・・池袋」
★「1891 【スイーツ130】チャイナタウンでお月見を・・池袋西口」
★「2010 【やきそば215】セントポールのX’masと『正油焼きそば』・・池袋西口」
★「2067 【お米料理165】江戸川乱歩と『かつ丼おむすび』・・西池袋」
★「2198 【お米料理179】鈴懸のキャンバスで『立教カレー』を・・西池袋」
★「2275 【やきそば241】残暑の鳩寺と『とり塩炒めパスタ』・・西池袋」
★「2347 【お米料理204】『黒いカレー』と池袋が闇市だった頃」
★「2521 【お米料理228】六月の花嫁と『麻雀屋のカレー』・・西池袋」
★「2627 【今川焼き53】またまた選挙の池袋で『芋きんとん鯛焼き』を」
★「2692 【やきそば293】聖なる西池袋で『カリフォルニア焼きそば』を」

★「2817 【お米料理266】新緑のセントポールと『火星カレー』・・西池袋」
★「2946 【お米料理284】ホントの池袋で『アジアライス』を・・池袋本町」
★「2986 【お米料理289】バーミリオンの庭園と『立教伝統のカツ丼』・・西池袋」

★「3010 【麺類色々276】セントポールのX’masと『えぞ鹿のパスタ』・・西池袋」
★「3094 【お米料理306】桜咲く大繁華街で『松屋の牛めし食べ比べ』・・池袋」
★「3181 【お肉料理120】早すぎる梅雨明けの池袋で『ロシアのメンチカツ』を」

★「3224 【お米料理324】まだ夏休みのキャンバスと『サウジのカプサ』・・西池袋」
★「3236【お肉料理123】『三浦のハンバーグ』と爽夜の池袋」

★「3260 【スナック90】熱狂のお会式2018と『ウラキャラコーン』・・雑司ヶ谷」

★「3282 【スナック93】爽空のサンシャインシティと『不二家&東ハトの相互コラボ』」

★「3297 【お肉料理127】黄金色の雑司ヶ谷2018と『アボカドハンバーグ』」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(山手線が開業した時、目白〜板橋間に池袋駅は無かったンですヨ)

池袋西口の飲食店街に「ロサ会館」と云う、日本初と言っても良い位に古い頃からゲームセンターを主体としてた大型エンタメビルが在りますが、ソコの一階・・以前吉野家が在ったトコに「牛若丸」と云う、ナゾの牛丼屋が今春オープンしましたヨ。どうやら吉野家が新機軸の実験店として作ったトコらしく、自動ご飯盛り器()等を用いた省力型なシステム。目玉と成るのはジックリ煮込んで味の浸み込んだ厚揚げが、白滝入りの甘い味付けの牛丼の上に乗った「きつね牛丼」。ならばと頼んでみましたが、厚揚げの分だけ腹に来ますナ。また甘めの味が賛否を呼びそうですが、牛若・・確か新宿の大ガード交差点脇に「牛若家」と云う独立系の牛丼屋が昔在りましたが、アレとは全く関係無い様。まだ池袋に一店在るだけですが、果たして全国に広まりますやら?因みに百店舗までお店が増えたら、牛若丸から義経に店名を変えたいソウです




| 2018.12.26 Wednesday (00:15) | 行け!行け!池袋! | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.03.22 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS