きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3317 【お肉料理128】平成最後の新年は「四川の辛い角煮」から・・板橋 | main | 3319 【スイーツ284】高崎光のページェントと「焼きまんじゅうソフト」 >>
3318 【呑みモン103】知られざる箱根駅伝の発祥地と「福茶」・・鴻巣

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

FM鴻巣フラワーラジオでDJを始めてから、コレで目出度く二十一回目の新年・・初回はまだ二十世紀でした。こんなに長く続くとは思いませんでしたが、こうなりゃトコトンやろうじゃん。局長、コレからも宜しく

 

元旦から御挨拶回り等でアチコチ動き廻ってたが為に、ご覧のブログ旅日記の更新を四日も休ンでた私メです。何しろ私メら寄席芸人にゃ盆暮れ正月のお休みは無く、むしろ忙しくなる時期だから仕方無いですネ。

 

特に三が日の間は無我夢中で、ましてやその前のクリスマスや大晦日なんか全く覚えてませんナ。ほんの数日前のコトなのに、ナンだか遠い過去の様に思われるのが全く不思議。尤もコリャ毎年のコトですけど。

 

その対策の大まかな備忘録としてブログを書いてるンですが、服薬治療の為に命じられてた絶対禁酒が解けて最初の正月なモノだから、色々と呑む機会が多くって・・アルコールを少しでも入れたら文章なんて無理。

 

とは云え発病前と違い、お酒抜きでも酒宴を過ごせる様に成ったンで、止むに止まれぬ事情以外は深酒せずに過ごすのが今年の目標。好きなお酒を全く絶ってた三年半の苦痛に比べれば、大した辛さじゃ無い。

 

埼玉・鴻巣市は中山道の宿場町で、江戸から数えれば第七番宿。その鎮守はコウノトリ伝説を持つ「鴻神社」サマでして、局入りの前に詣でようとしたら・・長い行列!番組が始まっちゃうンで、来週にします

 

そんな私メが新年四日からシャキッとしましたのは、カレンダーワークのラジオDJの初仕事だったから。「フラワーラジオ」と云うコミュニティFM放送局ですが、私ぁココの開局以来の最古参で二十一回目のお正月。

 

長く居れば良いってモンじゃ無いですが、続かないより続いた方が良いにゃ違いなく、幸いにして局長から肩を叩かれちゃ居ませんネ。ドウやら評判も宜しいらしく、昨年は鴻巣市の観光大使にまでして貰いましたヨ。

 

尤もナニもしてない観光大使で赤面の至りですが、せめての務めとして長らく通ってる鴻巣のアピールを!しかも唯のソレじゃ無く、全国的に毎年正月の話題に成る「箱根駅伝」のルーツが鴻巣だったと云う一席を。

 

ナニを抜かしやがる!アレは東海道を往復する駅伝で、鴻巣は中山道だから違うと叱られるかも知れませんが、今年最初の拙番組にゲスト出演して戴いたKセンセが話された、関東陸連公認の事実だったりする。

 

先日の番組に御出演のKセンセは面白い人で、戦後の住居表示法施行で消滅した旧町名を枝番として復活させる「鴻巣方式」を実現させたり、旧宿場等の住居表示板をご覧の様に変えたり・・アイデアマンです

 

ソレは箱根駅伝の始まる前年、大正八年(1919)秋の鴻巣の尋常小学校で行われた運動会。地元の有力者の要請でゲスト審判員として参加しのが、今年の大河ドラマの主人公たる名選手「金栗四三(しぞう)」氏。

 

その他に「沢田英一」「野口源三郎」と云う、大正時代を代表する長距離ランナーが審判として運動会に呼ばれてますが、懸命に駆ける児童を見ている内に三人の話題は自ずと、日本陸上界の将来についてを。


中でもオリンピックのマラソンに日本人として初めて出場した金栗氏は、後進のランナーを数多く育てるには駅伝大会が最適と熱弁を振るい、沢田・野口の両氏に賛同と協力を求めたと申しますヨ。もちろん大賛成!

 

当時の陸上をリードしてたのは大学だから、ソレ単位で競ったら盛り上がるに違いない。問題はドコを走ろうか・・半端ない長距離を一本の襷で繋ぐから物語性が生まれ、関係者の意気は高まるが・・ドコを走ろうか。

 

百年前だから学校は少なく、問題の運動会が行われたのは鴻巣市の「東小学校」か「笠原小学校」のドチラか。東小の場合は宿場内最大の広場「鴻巣公園」が会場だった可能性が・・春は桜の大名所に成ります

 

鴻巣から帰った三人は、直ちに各大学の陸上仲間に声を掛けて会議を開きますヨ。アメリカ大陸横断なんて話が出るモノの、流石に無理だから国内にするべき。大学の多い東京から、ドコかへの往復が良かろう。

 

第一案は日光東照宮ですが、真っ直ぐ日光街道を行くべきか。或いは所縁の鴻巣を廻る中山道ルートを取るべきか。或いは箱根関所までの東海道を走ろうか・・最終的に宿泊施設等の関係で箱根に決まった様。

 

あぁ悔しい!鴻巣は東京からピッタリ50kmで、東海道なら平塚が同じ距離。平塚にゃ中継所が在りますンで、箱根駅伝ならぬ日光駅伝だったらば、行きは三〜四区・帰りは七〜八区の襷リレーが鴻巣だったかも。

 

ソレは仕方ないですが、気に成るのは金栗氏らが駅伝を思い付いた運動会は、鴻巣のナニ小学校だったのか?候補は二校ある様ですが、共に決定的な証拠が無いらしく・・ご存知の方、居たらお教え下さいませ

 

二十一年間も通ってますンで、初めは小規模だったイベントが次第に大きく成って行く様が判って面白いですネ。日本一巨大なピラミッドひな壇が見物客のド肝を抜く「びっくりひな祭り」は、来月から開催です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「群馬県高崎市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ひな人形と花のまち こうのす」鴻巣市観光協会HP
★「鴻巣の地域情報サイト」こうのす広場HP
★「こうのすってこんなまち」鴻巣市役所HP

★「こうのとり伝説が残る鴻巣市の、訪れたくなる観光名所13ヶ所!」skyticket HP

★「こうのとり伝説の地」鴻巣総鎮守 鴻神社HP

★「東京箱根間往復大学駅伝競走」関東学生陸上競技連盟HP
★「箱根駅伝誕生秘話」日本テレビ箱根駅伝HP
★「箱根駅伝と鴻巣の微妙に深〜いカンケイ」たまみやんラプソディー・ブログ
★「2019年大河の主役!金栗四三が『箱根駅伝』のコースを決めた理由」講談社・現代ビジネスHP
★「金栗四三のどでかい夢!」駅伝ひとくちメモHP
★「FLOWER RADIO」フラワーコミュニティ放送HP
★「新しい年を健やかに。『福茶』の由来とは?」東京都茶協同組合HP
★「お正月は福茶」小野園HP


(関連する記事)
★「531 【揚げモン12】数千円で旧町名を復活させました」
★「839 【団子饅頭33】渡辺さんの発祥地と『いが饅頭』‥鴻巣」
★「916 【団子饅頭37】また復活した旧町名と『塩あんびん』‥鴻巣」
★「1259 【やきそば115】『焼きそばサンド』とひな祭り‥鴻巣」
★「1267 【やきそば117】『手打ち焼きそば』とびっくりひな祭り‥鴻巣」
★「1306 【麺類色々87】桜咲く鴻巣で『世界最広!川幅ラーメン』」
★「1523 見事成功!世界最大の大花火『四尺玉』・・鴻巣」
★「1678 【お米料理116】『パンチ丼』とびっくりひな祭り・・鴻巣」
★「1767 【やきそば186】日本一のポピー畑と『ポテト焼きそば』・・鴻巣」
★「1953 【やきそば210】一千万本のコスモスと『フライ&焼きそば』・・鴻巣」
★「1978 【やきそば213】『にんにく焼きそば』とナゾの街区表示板・・鴻巣」
★「2072 【団子饅頭62】『いが饅頭』と五千体のお雛様・・鴻巣」
★「2124 【お肉料理72】桜祭りの苦悩と『にんにくステーキ』・・鴻巣
★「2297 世界一の大花火『四尺玉』を打ち上げる男たち・・鴻巣」
★「2433 【お米料理217】びっくりひな祭りと『こうのすコロッケ丼』・・鴻巣」
★「2472 【団子饅頭78】鴻巣の桜と『いが栗まんじゅう』」
★「2751 【団子饅頭99】びっくりひな祭り2017と『いがまんじゅう』・・鴻巣」
★「2789 【やきそば306】鴻巣の桜2017と『ふらい焼き&焼きそば』」
★「2944 【調味料類40】世界最大の花火と三年ぶりのツーリング・・鴻巣」
★「3067 【麺類色々284】びっくりひな祭り2018と『川幅うどん』・・鴻巣
★「3104 【やきそば341】鴻巣の桜2018と『太麺のモチモチ焼きそば』」
★「3195 お陰様で放送一千回、フラワータイムなぞの金曜日・・鴻巣」
★「3247 【麺類色々316】『観光大使』就任と『大行列な超濃厚つけ麺』・・鴻巣」
★「3256 【やきそば364】今年も炸裂!世界一の大玉『四尺玉』2018・・鴻巣」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(今年の箱根で母校・中大は、シード権を僅差で逃したのが残念です)

鴻巣にゃ全く関係有りませんが、まだ松が明けてないンで正月の縁起物「福茶」をご案内。千年以上前の村上天皇サマの時代、皇室じゃ悪病除けのまじないとして梅干し入りのお茶を飲まれたソウで、室町時代以降は昆布や黒豆も加えて縁起物としたンだとか。梅は年を重ね、昆布は新年を喜ぶ、黒豆はまめまめしく働くと云う意味で、江戸時代に庶民にも広がって講談や落語にも出て来ますヨ。縁起物としてだけじゃ無く、梅や昆布の成分はお屠蘇を呑み過ぎた胃のもたれに効能が有るらしく、身体にも優しかったりします。元旦に飲むと良いとされてますが、節分の時も良いとされてますナ。古くからの吉例、お試し下さい




| 2019.01.06 Sunday (00:15) | なぜかココは埼玉北 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.13 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS