きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3321 【麺類色々338】極寒の城跡と大星雲と熱々の「ほうとう」・・甲府 | main | 3323 【麺類色々339】極寒の街!真冬の松本城と「すんきそば」 >>
3322 【団子饅頭120】初詣の諏訪大社と「切山椒」・・下諏訪

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

中山道六十九次の第二十九番宿「下諏訪」は、江戸から真っすぐ来た甲州街道との合流地。中山道じゃ唯一の温泉のある宿場で、鎌倉時代から栄えてた様ですが、何と云ってもココは諏訪大社の門前町です

 

昨日ご案内の甲府を後に一路西へ、標高を上げつつ走って行く中央線のローカル電車に乗って、信州しなのの長野県へ入った私メです。車内は暖房が効いてますが、車窓は冠雪した高峰がキレイ・・でも寒そう!

 

寒い寒いと愚痴った甲府の標高は約250mなのに、甲信国境の富士見町は約950m。標高差が大きいだけじゃ無く、信州の峰々から甲府盆地へ寒風が吹き下ろすルートの上だから、一体何度違うのかしらん。

 

トンでも無い極寒地だから冬は寒天づくりが盛んだったりしますが、とても手伝えないンで列車で通過し、200mほど標高の低い下諏訪町へ。諏訪湖の畔に在る温泉町ですが、わざわざ来た目的はソレじゃない!

 

全国に二万五千社もある諏訪神社の総本宮は、信濃国の一之宮たる「諏訪大社」サマ。但し諏訪湖南東の「上社前宮」「上社本宮」、湖北の「下社春宮」「下社秋宮」の四つに分かれてまして、今回は下社秋宮へ

 

もちろん初詣しに参ったンですが、やいやい松が明けてから何日経ったと思ってやがる!と怒らぬ様に。拙ブログ旅日記はリアルタイムでの更新を目指さないのがモットーで、この時はまだ正月の内だったンですヨ。

 

ならばお前が住んでる都内の神社に詣でりゃ良いじゃん!とも仰らぬ様に。本来ならば東京十社の何処かへ参るべきトコですが、毎年ソレじゃ飽きちゃいますンで・・偶にゃ目新しい神さまにお願いしてみようかと。

 

ま、地元の城北は雑司ヶ谷の鬼子母神サマと、関口台の東京カテドラル聖マリア大聖堂サマにゃ詣でましたンで、コレで勘弁して貰いましょ・・ナニも神道・仏教・キリスト教をコンプリートする必要は無いンですが。

 

大国主神サマのご次男・建御名方(たけみなかた)神サマが、国を譲様に言って来た高天原の建御雷(たけみかづち)神サマと闘って敗れた結果、諏訪大社に御祭神として閉じ込められたと古事記に出てますネ

 

ですが鬼子母神さまにしろ聖母マリア様にしろ、御心優しき母性の塊みたいな方だから、神道も女神様に詣でましょうかネ。幸い私メの子供ン頃の遊び場・静岡浅間神社の御祭神は、富士山の木之花咲耶姫さま。

 

でも三大宗教全てがソレじゃ、今年も女性に頭の上がらない年に成っちまいソウで・・せめて神道だけは男神!しかも荒々しい武神が宜しかろうと考えたのが、日本最強の暴れ神・建御名方様を祀ってる諏訪大社。

 

私ぁ成人式が長野県でしたし、ソレから一体ドレだけ信州に参ったか判らぬ位ナンで、その一之宮たるお諏訪さんは四社全てを当然参拝済みですが、初詣として訪ねた経験は一度も無いナ・・ならばイザ参らん!

 

諏訪大社と云えば「御柱(おんばしら)」。六年おきに行われる諏訪地方の最大行事「御柱祭」で、各社四本ずつの樅の巨木を山から境内へ運び込みますが、コチラは本殿南西に立つ「秋宮一之御柱」。スゴイです

 

もちろん理由はソレだけじゃ無いですが、雪道を車で走るのは怖いンで列車で参ろう・・一番駅に近い諏訪大社は下社の秋宮サマ。中山道・下諏訪宿の東端に在るお社で、西端に鎮座されるのは同じ下宮の春宮。

 

出来れば両社共に詣でたいンですが、ご案内の富士見町ほどじゃ無いとは云え下諏訪は寒い、寒い・寒過ぎる!ま、東京からはるばる信州まで初詣に参った心意気を買って貰い、秋宮だけで御容赦を願いましょ。

 

元々が神社好き。去年だけで何百社詣でたか判りませんが、その年最初の柏手の心地良いコト。尤もその為に手袋を外すと、途端に指先が痛く成るのがチト辛く、早く暖かいトコへ入りたく成っちまう私メでした。

 

戦国時代より前のお城は余り頑強なモノじゃ無く、大きな寺や神社の方が余程立派だったりしますンで、寺社が城塞化したトコも珍しく無いですが、下社秋宮の境内南側・・諏訪湖を見下ろす高台は、木曽義仲公配下の有力武将・金刺光盛公の「霞ヶ城」址。金刺氏は諏訪大社下社の神官を務めた一族で、居城にするのは都合良かったンでしょうネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「長野県松本市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「おいでなして しもすわ」下諏訪観光協会HP
★「諏訪観光ナビ」諏訪地方観光連盟HP
★「下諏訪のオススメ観光スポット5選!懐かしい路地と宿場の風情が残る町」Skyticket HP
★「宿場」下諏訪観光協会HP
★「ようこそ下諏訪温泉へ」下諏訪温泉旅館組合 事務局HP
★「全国各地にある諏訪神社の総本社」信濃國一之宮 諏訪大社HP
★「諏訪大社・下社秋宮
(下諏訪町)の御朱印と見どころ」神社と御朱印を巡る男の旅ブログ
★「信州諏訪 御柱祭り」諏訪地方観光連盟 御柱祭観光情報センターHP

★「御柱のサイズ比較!太い順に全部並べてみた」ヨーイサヤレヨーイサ・ブログ
★「霞ヶ城
(長野)」お城散歩ブログ
★「皆様に支えられ、100年」福田屋本店HP

★「下諏訪町『福田屋』の切山椒」松本市の最近の・・・ブログ

(関連する記事)
★「134 今年はお諏訪サンの御柱祭らしい」
★「135 【煎餅お餅01】信州諏訪の氷柱」
★「346 【野菜果物13】諏訪の街で御柱祭りはまだ続いてるみたい」
★「347 【呑みモン10】諏訪湖は信州味噌に染まるのか?」
★「1023 【揚げモン39】『山賊焼き』のルーツは何処?‥塩尻」

★「1085 【呑みモン32】諏訪湖でお味噌を考えてみる」
★「1244 【スイーツ71】真っ白な『諏訪湖豆』と凍りついた諏訪湖」
★「1245 【やきそば109】珍品『焼きそばスパゲティ』と下諏訪温泉」
★「1849 【麺類色々138】味噌の都で『肉揚げ味噌ラーメン』・・諏訪市」
★「1850 【やきそば194】『チャーメン』とまぼろしの諏訪国・・諏訪市」
★「2116 【スイーツ152】塩の道の終点で『塩羊羹』を・・塩尻」

★「2910 【麺類色々261】高原の寒天工場で『きのこ寒天麺』を・・伊那市」
★「2911 【団子饅頭110】信州人最期の意地と『高遠まん頭』」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(さぁコレで方々の神社へお詣りに行ける〜歯止めが効かなく成る〜)

諏訪大社の正月の縁起物として、初詣の参道で売られてたのが「切山椒」。上新粉に砂糖と山椒粉を混ぜて練り上げた柔らかい餅菓子で、山椒風味が強く効いた短冊状のすあまと云えば、取り敢えず関東や静岡の方はお判りに成りましょうか。東京にも同じモノが有りますが、専ら年末の酉の市で売られる縁起物だったりするのに対し、信州諏訪地方じゃ正月の風物詩として元旦から十五日までだけ売られるソウです




| 2019.01.13 Sunday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.03.22 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS