きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 3391 【お米料理349】氷雨降る栃木市で「岩下の新生姜爆弾おにぎり」を | main | 3393 【スナック97】夜桜咲く天王寺公園で「肉吸いポテチ」を >>
3392 【スイーツ291】桜咲く奥の細道の終点と「水まんじゅう」・・大垣

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

今日から拙ブログ旅日記は上方の桜旅・・と申しましても、一週間も前のお噂に成っちゃいますナ。拙宅の在る都内の桜噺を先に済ませ、しかも日光での季節外れの雪を先にご案内した結果、こんなに遅く成ったコトをご容赦願います。まずは岐阜県の水都、大垣市の桜の旅を!

 

関ヶ原を後背に控えた大垣は、岐阜県第二の人口十六万の城下町。昔から洪水の多い地域で、屋敷や集落を護る為の大きな垣(かこい)が多かったンで大垣と呼ぶソウですが、シンボルは関ヶ原合戦の際に西軍の本拠地とされた「大垣城」。公園と成った今は、桜に守られてます

 

大垣が水都と称するのは街のアチコチで泉が自噴してるのも有りますが、大垣城の外濠として用いられた「水門川」を初めとする水路が、街中を縦横に流れてるから。この水門川は揖斐川を介して伊勢湾に繋がり、海に面していない美濃国(岐阜県南部)最大の港として機能したとか

 

春の大垣へ参るのは一昨年に続いてですが、ソレは水門川沿いの桜並木が見事だから!大垣駅の近くから桜が二km以上も両岸に植えられ、ソレが運河みたいな川面に左右から枝を延ばしててホント絶景!しかも今回は快晴だったンで、ちょうど満開だった花が輝いてましたネ

 

水門川の桜並木の終点・船町は、「奥の細道むすびの地」と呼ばれてますナ。ソレは江戸から東北・北陸を廻った俳聖・松尾芭蕉翁が、長い旅の終点としたのがココ!芭蕉翁はココから川船で伊勢湾に面した桑名を経由して江戸へ帰ってますが、銅像が桜花をバックに佇んでます

 

昔と違って道路交通の発達した今は、水門川を行き来する船は有りませんが、桜の季節だけは水面から楽しんで貰おうと、観光用の舟下りが運行してますナ。但しエライ人気で乗れるまで数時間待ち・・とても待っちゃ居られないンで断念しましたが、GW中はたらい船が出るとか

 

「大垣運河」と言われる位に余り幅が広くない水門川ですが、桜並木が続く中で一ヶ所だけエラク広い船溜まり。「四季の広場」と云う名前で整備され、人工の滝なんかも設えられてますが、ソコを跨ぐ橋が少し高いモノだから・・川沿いの桜を見下ろせる!船はノンビリ進んでます

 

大垣が水都と称する自慢のもう一つが、市内各地で自噴してる泉で、その筆頭が水門川に面した大垣八幡神社さまの境内に在る「大垣の湧水」。飲用可能な水質で、ポリタンクを持って遠くから汲みに来る人が多いンだとか。歩き廻ってて喉が渇きましたンで、私メもゴクゴクと

 

水門川だけじゃ無く、ソコに流れ込む水路沿いにも桜が植えられ・・その殆どが満々開だったのも有って、上方へ向かう途中にわざわざ寄っただけの価値が有った!最終的には岡山・倉敷市まで今春の桜旅は進みますが、何れも大垣に負けぬ様な絶景ばかり。御期待下さいませ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「大阪府大阪市天王寺区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「水都旅 すいとりっぷ」大垣観光協会HP

★「西美濃のお花見」大垣地域ポータルサイト西美濃HP
★「【岐阜】水の都・大垣で必ず行きたい人気の定番観光スポット5選」Travel Book HP
★「大垣城の歴史と大垣城の戦い〜大垣城訪問記」関ヶ原観光実用マップ・ブログ

★「水の都おおがき舟下り/たらい舟」水都旅HP
★「水門川舟運」国土交通省中部地方整備局木曽川下流河川事務所HP
★「大垣城堀割 水門川の桜満開」Chajinの徒然フォトブログ
★「『奥の細道』結びの地 /大垣 水門川の桜」Mother Lake ブログ
★「むすびの地『大垣』」奥の細道むすびの地記念館HP
★「大垣市総鎮守」大垣八幡神社HP
★「水の都・大垣 八幡神社『大垣の湧水』」ヤスケの空ブログ
★「水都・大垣市の自噴水群を訪ねる。」水の旅遥かHP

★「もっちり、ぷるん食感♪大垣の銘菓、ひんやり『水まんじゅう』を食べ歩き」ことりっぷHP
★「創業文久二年 大垣城畔」餅惣HP

★「【餅惣】大垣の夏の風物詩水まんじゅうをいただきます。」ぎふのススメ・ブログ

(関連する記事)
★「112 【団子饅頭02】水の都にまんじゅうが流れる・・大垣」
★「303 【団子饅頭11】暑い夏は大垣で水まんじゅう」
★「856 【スイーツ42】真っ白な伊吹山と真っ赤な『柿羊羹』‥大垣」
★「2134 【やきそば226】伊奈波の桜と『うす焼き&焼きそば』・・岐阜市」
★「2135 【スイーツ154】連接バスと桜と『栗せんべい』・・岐阜市」
★「2274 【スイーツ177】清水湧く大垣で『水饅頭ぜんざい』を」
★「2792 【団子饅頭103】めでたき門出の水の都で『金蝶園饅頭』を・・大垣」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(余りに良いお天気過ぎて暑い位でしたが、桜が抜群にキレイでした)

大垣の春から夏にかけての名物は、ソリャ勿論「水まんじゅう」。葛とわらび粉を混ぜた半透明な生地を、お猪口に入れたこし餡に流し込んで冷水に漬けて固めたモノで、冷蔵庫の無かった明治初めに豊富で冷たい湧水を使って作られた和菓子で、アッサリした餡の甘さとツルリっとした食感が特徴。城下街らしく和菓子屋の多い街中で、店頭に出した水槽の中でお猪口が並べて冷やされてるのは、大垣ならではの風景。金蝶園総本家さんと金蝶堂総本店さんが有名ですが、両方とも以前行きましたンで・・今回は大垣城の御門そばの「餅惣(もちそう)」さんへ。生麦事件の起きた文久二年(1861)創業の老舗で、珍しいモノをとリクエストしたら、イチゴ餡()と桜の花びら入り()のを出して呉れましたヨ。大垣の清らかな湧水に入れられてて、店先に座ってコレを食べると大垣へ来た感がしますナ




| 2019.04.15 Monday (00:15) | 岐阜はエエとこやで | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.09.16 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS