きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3395 【麺類色々351】桜咲く花見小路で「八ッ橋屋さんの鶏そば」を | main | 3397 【スイーツ293】桜咲く南禅寺で「チョコミント八ッ橋」を・・蹴上 >>
3396 【スイーツ292】桜咲く知恩院で「さくら八ッ橋」を・・京都・円山

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

京都・祇園の総鎮守「八坂神社」さまと云えば、四条通のどん突き(突き当り)に聳える国重文の「西楼門」が有名ですが、正門に当るのは御本殿近くの「南楼門」の方。明治十二年(1879)の再建で、一昨年改修されたばかりナンで朱色が鮮やか!祇園祭の御輿はコチラを通ります

 

諸説有りますが、八坂神社さまの創建は貞観十八年(876)と云うのが有力だとか。当初から神仏習合の色合いが濃く、神社よりもお寺に近い存在だった様ですが、室町幕府の三代将軍・足利義満公によって神社として独立し、明治に成って旧名の「祇園感神院」から改名してます

 

桜の時期だと云うのに、境内にソレが殆ど無い八坂神社サマ。なのにドウして賑わってるかと云えば、すぐ奥の「円山公園」が京都随一の桜の名所として知られてるから。元はココも八坂神社サマの境内の一部で、明治政府の上地令によって公園・庭園化されたトコだったりします

 

余り広くない敷地に約七百本の桜がギッシリ植えられてる、円山公園の主は「一重白彼岸枝垂桜(ひとえしろひがんしだれざくら)」。ココだけじゃ無く、京都全体の桜のシンボル的な木ですが、近年メッキリ弱り気味なのが心配・・その前では、舞妓はんに扮したモデル嬢の撮影会が

 

枝垂れ桜の周りにはソメイヨシノが沢山植えられ、東京生まれ・染井の近くに住んでる私メとしては・・敵地で昔馴染みに会った感が!その下では大勢のグループ客がお酒を呑みつつ宴会してまして、騒々しさは東も西も同じですナ。ソメイヨシノには、そう云う魔力が有るのかしらん

 

人混みと騒ぎ声がスゴすぎて、居るだけで疲れてしまう円山公園を脱出し、少し北へ歩きますと・・巨大な御門が!浄土宗の総本山「華頂山知恩教院大谷寺(いわゆる知恩院)」さんの三門で、江戸幕府の二代将軍・徳川秀忠公が元和七年(1621)に寄進した国宝で、国内最大です

 

国内外の老若男女で大混雑する円山公園に比べ、知恩院さんの境内がソレほどでも無いのは・・三門を潜ってスグの男坂の階段がキツイから。僅か五十一段ですが、一段辺りが平均40cm・・毎日の青空療法が五年目の私ぁ苦じゃ無いですが、フツーの人にはキツイでしょうネ

 

私メが坂道や階段を嫌いじゃ無いのは、登ると違う景色が見えて来るから・・男坂の上に在るのが御本堂で国宝の「御影堂」で、寛永十六年(1639)に三代将軍・徳川家光公により再建されたモノ。八年ほど前から大修理が行われてましたが、先月で無事に完工。落慶は来年ですヨ

 

江戸幕府の徳川将軍家が浄土宗の信者だっただけ有って、境内のアチコチに三つ葉葵の御門が目立つ知恩院さんですが、奥へ進むにつれて観光客が減り、桜の時期の東山区とは思えぬ静けさを楽しめるから嬉しく成りますナ。御影堂裏の大方丈の新玄関辺りで、満開の桜を眺めながらボンヤリと。ずっと居たく成りますが、次へ参りましょうか

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市左京区南禅寺」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「あなたは祇園観光の全てをまだ知らない!」カウモHP
★「祇園の歩き方」祇園商店街振興組合HP

★「京都祇園総鎮守」八坂神社HP
★「八坂神社 知ってしまうと気になる正門」気ままでごめん!ブログ
★「八坂神社」偲フ花ブログ
★「京都市情報館 円山公園」京都市役所HP
★「今年こそ。京都で最も有名な桜、円山公園のしだれ桜を愛でる旅に」まぐまぐニュースHP
★「京都桜だより 円山公園の桜」まいぷれ京都HP
★「受けつぐ想い 未来へ」浄土宗総本山 知恩院HP

★「国宝 知恩院三門」祇園祭山鉾巡行、京都観光写真集HP
★「国宝御影堂平成大修理 落慶法要」浄土宗総本山 知恩院HP
★「境内のいたるところに桜が植えられてる知恩院」京都観光旅行のあれこれHP

★「2019年 京の桜『知恩院』」きまぐれ爺、京都 Photo Blog HP
★「知恩院と円山公園の桜」京都で定年後生活ブログ
★「八ッ橋発祥の家」本家西尾八ッ橋HP

★「生八ツ橋『あんなま(さくら)』は桜のかすかな余韻が心地良い」人生は宇宙だブログ

(関連する記事)
★「280 【京都上ル下ル06】白川は涼しげに流れる」

★「1050 【やきそば84】地獄への入口と『京都焼きそば』」
★「1051 【粉なモン19】祇園で涼を楽しみ『一銭洋食』を」
★「1680 【スナック35】『京七味ポテチ』と祇園精舎の鐘の音・・京都祇園」
★「2262 【名物パン259】夏の水遊びは『ペッパーカルネ』を連れて・・祇園白川」

★「2370 【呑みモン62】強烈すぎる『いり番茶』と夜のお茶屋街・・祇園」
★「2735 【スイーツ222】夜のお茶屋街で『舞妓焼DX』を・・祇園」

★「2795 【呑みモン72】夜桜ライトアップ中止の祇園で『京番茶』を」

★「3082 【麺類色々287】寒夜の花街と『超々々々老舗のたぬきそば』・・祇園」

★「3112 【呑みモン84】桜咲く花見小路と『京番茶その6』・・祇園」
★「3113 【お米料理308】知恩院の桜と『明治時代の親子丼』・・祇園白川」
★「3152 【スイーツ267】巨大アフロな阿弥陀仏と『フルーツ八つ橋』・・京都・岡崎」

★「3330 【保存食品80】寒夜の花見小路と『おらがむら漬』・・祇園」

★「3395 【麺類色々351】桜咲く花見小路で『八ッ橋屋さんの鶏そば』を」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

 

(男坂が無かったら、知恩院さんは騒々しいトコに成ってた筈ですナ)

昨日に続き京都名物「八ッ橋」の元祖・本家西尾八ツ橋さんですが、聖護院の本店まで行って買って来た「あんなま」を。祇園の支店でも同じモノを売ってますが、本店の方へ先に参りましたンでネ。西尾さんじゃ定番のモノだけじゃ無く、不思議な八ッ橋が季節毎に出されてて楽しいンですヨ。今回もスゴイのを買いましたが、ソレは明日のご案内・・先ずは季節らしい桜味。皮に桜の葉っぱが練り込まれてて、気分良しです




| 2019.04.20 Saturday (00:15) | 京都上ル下ル・鴨東 | - | - |
スポンサーサイト



| 2020.05.26 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS