きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3398 【お米料理350】ライトアップ再開の祇園白川で「関西風だし釜めし」を | main | 3400 【スイーツ294】「豆乳さくらソフト」と台風から甦る平野の夜桜 >>
3399 【やきそば376】桜咲く上賀茂神社で「王将の焼きそば・西日本版」を

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

京都の桜巡りはまだ続きます。昨日までは洛東でしたが、今日からは洛北・・金閣寺以外は外国人観光客が少ないンで、ノンビリ過ごせるンですヨ。中でも好きなのが上賀茂の辺りで、北山の府立植物園の横から賀茂川上流へと続く「半木(なからぎ)の道」はちょうど桜の盛りでした

 

なぜ上賀茂界隈が好きかと云えば、ソリャもちろん京都総鎮守の「賀茂別雷神社(いわゆる上賀茂神社)」サマが在るから。伊勢神宮を除けば全国で最も格式の高い神社で、当然の正一位・世界遺産ですナ。御本殿前の「楼門」は式年遷宮で朱を塗り替えたンで、桜に映えますナ

 

上賀茂さまは京都盆地の北端ナンで春の到来が少し遅く、一の鳥居の内側で大きく枝を拡げる八重紅枝垂れの古木「斎王(さいおう)桜」が満開!斎王とは神々に巫女として仕える未婚の皇女で、伊勢神宮と上賀茂さまのみに宮中から遣わされた存在。他の神社とは格が違うのヨ

 

何度詣でても不思議だらけの上賀茂サマですが、二の鳥居を潜ると目に付くのが細殿(拝殿・国重文)の前に盛られた一対の「立砂」。上賀茂さまのご祭神が最初に降臨された「神山」はココの二kmほど奥に在りまして、ソレを象ったモノとされてますナ。左が陽・右が陰を示してます

 

上賀茂サマに参ったのは桜だけじゃ無く、或る目的の為・・ソレまで時間が有るンで、境内東の丘・片岡山に在る「二葉姫稲荷神社」さまへ。私ぁ霊の存在を信じませんが、上賀茂サマに初めて詣でた三十年近く前・・黄昏時にココも寄りましたら、凄いナニかを感じたのを覚えてます

 

最初の印象が強過ぎて・・片岡山はチト怖いンで、詣でるだけ詣でたら急ぎ下りて・・上賀茂サマの境内を流れる「ならの小川(御手洗川)」へ。例によって手を入れてみましたら、洛北の川水は洒落に成らぬ位に冷たい!木立の奥に斎王桜が見えてますが、向こうとは季節が違う様な

 

時間が有るンで境内を出て、御手洗川から名前を変えた「明神川」沿いの伝統的建造物群保存地区「社家町」へ。上賀茂サマに仕える神職の方々(社家)の御屋敷が並ぶ街で、洛北で無かったら外国人観光客が闊歩する下らないトコに成り果ててた筈。ホント静かで宜しぅおすナ

 

尚も時間が有りますンで・・こう成りゃ自棄だとばかりに、二十分ほど離れた国の天然記念物「深泥池(みぞろがいけ)」までブラブラと。十四万年前の氷河期からの貴重な植物が残ってるトコで、浅瀬でちょうど「ミツガシワ」の白い花が。コレも氷河期の生き残りで、四月だけだとか

 

深泥池を暫く巡ってから、改めて上賀茂サマへ・・戻りはバスにしましたが、コレ程までして参ろうとした「しんぷ」さんは結局お休みだった様!大空振りに終わってしまいましたが、ソレもまた楽しい・・と黄昏迫る賀茂川の畔で、満開の桜を見上げてボンヤリと。全く呑気ですナ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市北区北野」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP

★「半木の道〜鴨川上流の桜@京都『地元民憩いの桜のある鴨川を歩く』」お墨付き!ブログ
★「世界遺産 上賀茂神社」賀茂別雷神社HP
★「上賀茂神社」京都おもしろスポットHP

★「CLOSE UP 上賀茂神社−楼門・玉橋」ローム歳時記 春HP
★「上賀茂神社の桜」京都、桜と紅葉の観光ガイドHP
★「上賀茂神社の斎王桜と御所桜」巨樹と花のページHP
★「賀茂斎院とその歴史」葵の御所HP
★「上賀茂神社の神が降臨する場所である立砂の意義とは・・」日本の世界遺産の楽しみ方ブログ
★「二葉姫稲荷神社 心霊スポット?」ガイドブックに載らない京都ブログ
★「神水流れる清浄な街並み、京都上賀茂神社の『社家町』を散策しよう!」LINEトラベル.jp HP
★「深泥池
(京都市北区)」京都風光HP

★「ミツガシワと桜が咲き乱れる深泥池」深泥池の美ブログ
★「日本を美味しく」餃子の王将HP
★「卵アレルギーも食べられる焼きそば 餃子の王将」g−panの傍白ブログ


(関連する記事)
★「792 【名物パン57】地名連称の老舗と名物パン『カルネ』‥出町柳」
★「793 【京都上ル下ル14】世界遺産と『ざるそば』『ざるうどん』」
★「988 【京都上ル下ル19】上賀茂神社と『黒蜜掛けのところてん』」
★「2259 【団子饅頭69】天高く空蒼き上賀茂神社で『やきもち』を」
★「2260 【団子饅頭70】世界遺産の森と『元祖みたらし団子』・・下鴨神社」
★「2286 【団子饅頭72】今日も元気な商店街で『ふたばの豆餅』を・・出町柳」
★「2287 【お米料理192】深泥池と『京都の三角いなり寿司』」
★「2451 【保存食品63】霊験鮮かな上賀茂神社で『すぐき漬』を」
★「2466 【団子饅頭77】日本最古の茶店で『あぶり餅』を・・今宮神社」
★「2504 【今川焼き49】新緑の糺の森で『コーヒー屋の鯛焼き』を・・下鴨」

★「2536 【保存食品65】風狂の一休禅師と『大徳寺納豆』・・紫野」
★「2537 【スイーツ199】風そよぐ上賀茂神社と『六月祓の水無月』」

★「2603 【スイーツ211】清水流れる上賀茂神社で『したたり』を」
★「2635 【揚げモン68】京都の一番『上ル』と『組み合わせの9定食』・・上賀茂神社」
★「2709 【お米料理257】虹と桜と巡洋艦と京都だけの『衣笠丼』・・衣笠」

★「2794 【団子饅頭104】桜咲く糺の森と『京都の追分団子』・・下鴨」

★「2939 【やきそば323】秋雨降る上賀茂で『キムチ焼きそば』を」
★「3038 【お米料理296】真冬に咲く京都の桜と『大力餅の衣笠丼』・・衣笠」

★「3116 【お米料理309】遅い桜の上賀茂神社と『絶滅寸前の吉野丼』」
★「3328 【やきそば370】台風の傷跡残る糺の森と『醤油だしの焼きそば』・・下鴨」

★「3329 【保存食類79】新春の上賀茂神社と『すぐき漬け』」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(二葉姫稲荷以外でも、上賀茂サマじゃ神さまを感じたのを何度か・・)

参りたかった「しんぼ」サンは上賀茂さま門前のお好み焼き屋さんで、自家栽培の九条ネギを用いたお好みと焼きそばが人気ナンだとか。長ネギは大嫌いな私メですが、なぜか九条ネギは大好き・・歯応えが有って美味しいからネ。コレまで何度も前を通ってるのにソウと知らず、イザ参ろうとしたら・・ドウやら臨時休業だった様。ま、次回寄る事にするからと強がってみても、スッカリ焼きそばを食べる心算だったから、こう成りゃアソコで良いやと・・加茂川を渡って御園橋の商店街の「餃子の王将」へ。言わずと知れた京都発祥の中華料理チェーンで東京にも多く在りますが、東と西でメニューは違うし味は違うし値段も違う!ソレが面白いンで以前「王将の焼きそば東西食べ比べ」もしましたが、西日本の焼きそばは麺を変えて細く成り、卵を使わないアレルギー対応麺に成ったとか。味は東日本の醤油焼きそばに当りますが、ソレでも何か違う様な・・お値段も西日本の方が数十円安い!ま、こんなコトが無ければ京都まで行って王将にゃ寄りませんので、結果オーライですナ




| 2019.04.23 Tuesday (00:15) | 京都上ル下ル・洛北 | - | - |
スポンサーサイト



| 2020.03.28 Saturday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS