きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 3400 【スイーツ294】「豆乳さくらソフト」と台風から甦る平野の夜桜 | main | 3402 【やきそば377】桜咲く倉敷の洋館群と「製麺所の焼きそば」 >>
3401 【麺類色々352】桜咲く倉敷・美観地区と「備中の女うどん」

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

旅してから二週間ほどしか経ってないンですが、随分前のコトの様に感じられてしまう・・平成も残りあと数日ですし。さて岡山県を代表する観光地・倉敷の美観地区へ参りましたが、ココを歩くのは二年ぶり。重要伝統的建造物群保存地区に指定された、映画セットみたいな街です

 

昨日は更新をお休みしましたが、続けてご案内させて貰ってる今春の桜旅で、最も西の場所と成ったのがこの倉敷。出来ればもっと西へ参りたかったンですが、如何に酔狂でも東京からじゃココが限界!美観地区を流れる倉敷川沿いは柳が主体で、桜は余り多く無かったですネ

 

幕府から遣わされた代官が支配する、備中国(岡山県南西部)の物資や年貢の集散地として栄えますが、代表的な商人だったのが大原家。後にクラボウを設立して中国地方有数の財閥まで膨れますが、その本宅「旧大原家住宅」は国の重文に指定され、一般公開されてます

 

一昨年参った時も感じましたが、他所と違って春はオンシーズンじゃ無いらしく、折角キレイに桜が咲いてるのに・・観光客の少ないコト!中国人の小団体が居ただけで、お陰で心静かにブラつけて・・あぁ嬉し!川沿いに建ち並ぶ土産物屋は開店休業状態、ホント暇そうでした

 

川から少し入った代官所跡に、明治二十二年(1989)に建てられたクラボウの赤レンガの建物を蔦が覆う処から、「倉敷アイビースクエア」と名付けたられた観光施設に改造されてまして、私ぁ前回泊まりましたヨ。ココは文句なしに桜の名所ですが、残念ながら閑散としてましたナ

 

改めて川沿いへ出て参りましたが、他所からの観光客が大勢集まる人気スポットに地元客が近寄らないのは通例で、一旦そのイメージが付いちゃうと・・如何に桜の時期でも寂しいモンですナ。地元の方に言わせると「もっと桜のキレイな場所が有る」だソウで、ソコに参りたい様な

 

倉敷の街並み保存は戦後すぐから始まってますが、本格的に行われて「美観地区」と呼ばれる様に成ったのは、ちょうど半世紀前の昭和四十四年(1969)。観光地然とした川沿いより、旧街道沿いの本町の方が商売っ気が少ない分だけ心地良く思えますが、ココも空いてました

 

美観地区の北側に「鶴形山」と云う小高い丘が聳えてますが、その山頂に鎮座されるのは倉敷の総鎮守「阿智神社」さま。千七百年ほど前に創建された古社で、境内には日本一の大きさを誇る藤の花が有るンだとか。将棋の女流名人「倉敷藤花」は、この神社由来の名の様です

 

阿智神社サマから美観地区を見下ろしてみましたが、このお社が創建れた頃のこの辺りは遠浅の海の中で、鶴形山は島だったンだとか。瀬戸内の海近くにはそんな元は島だった小高い丘が結構在りますが、荒波洗う太平洋沿いで育った人間にゃ想像がつかぬ自然の神秘です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日も「岡山県倉敷市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「倉敷市観光公式サイト」倉敷観光WEB HP
★「歴史ロマン薫る天領のまち」倉敷観光WEB HP
★「倉敷観光案内」くらしき観光.com HP
★「【倉敷の魅力を徹底解説】地元岡山県民が教える『倉敷美観地区』の周辺観光ガイド!」SPOT HP
★「倉敷〜海上交通の拠点から、内陸の物資集散地として繁栄。その地名由来は?」きびナビHP

★「大原家の偉業をたどる歴史トラベル」倉敷観光WEB HP

★「美観地区の桜 平成31年4月6日」クラシキ文華ブログ

★「一輪の綿花から始まる倉敷物語」倉敷アイビースクエアHP
★「倉敷美観地区本町・東町の通り」倉敷観光WEB HP
★「岡山・倉敷 / 本町通りを歩く1」じゃらんカメラ・ブログ

★「倉敷総鎮守」阿智神社HP
★「阿智神社 〜 山の上から倉敷を見守る総鎮守。祭るのは航海の神様」倉敷とことこブログ
★「【備中手延べ麺】そうめん・うどん・ひやむぎまで。江戸時代からの名産品」きびナビHP
★「【備中特産】かも川うどん」燻製と料理と日々思うことブログ


(関連する記事)
★「465 【名物パン39】倉敷玉島は築山パン」
★「466 良寛さんの『思えば遠くへ来たもんだ』」
★「864 【やきそば53】国産み神話と『児島たこしお焼きそば』」
★「865 【お魚料理46】瀬戸大橋と『火星人の干物』・・下津井」
★「1159 【麺類色々77】『ぶっかけうどん』の発祥地は倉敷」
★「1160 【スイーツ66】倉敷美観地区で名物『むらすずめ』」
★「1295 【スナック17】武士の責任の取り方と『シガーフライ』‥玉島」
★「1491 【お魚料理77】『焼きままかりの酢漬け』とバブルに踊った街・・児島」
★「1492 【麺類色々105】ジーンズの街・児島で『クルードスパゲティ式めん』」
★「1707 【名物パン181】夜の倉敷美観地区と『バナナクリーム』」
★「1708 【お魚料理89】『ママカリの酢漬け』と夜の倉敷本町・東町」
★「2160 【スイーツ159】夜の倉敷美観地区と『バナナカステラ』」

★「2803 【今川焼き72】桜咲く美観地区で『もち入り鯛焼き』を・・倉敷」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(同じ美観地区でも本町辺りに比べ、川沿いは・・映画セットみたいで)

人それぞれ好みのうどんが有ると思いますが、東京生まれで今も東京に住んでる私メなのに、一番好きなうどんは武蔵野うどんでも讃岐うどんでも無く、岡山県南西部の名物「備中うどん」だったりしますヨ。倉敷のお隣・浅口市の鴨方地区が主産地で、簡単に言えば素麺の親方みたいなモンですナ。手延べで作る乾麺で、讃岐うどんみたいな手打ちと全く違うツルツルしこしこ感が素晴らしい!「讃岐の男うどん、備中の女うどん」とも呼ぶらしいですが、東京でも時々売ってるフツーの麺()に加え、流石に産地だけ有って極細タイプのまで倉敷じゃ売ってる!しかもかなり安い・・堂々の手延べうどんの生産量日本一だけ有る!都内でも備中うどんを出す店が少しずつ増えてますし、岡山から関東に進出した和食チェーン「味の民芸」は茹でる手間が掛かるのに、断固として備中うどんを出してますネ。もっと広まって!私ぁコレが大好きです




| 2019.04.26 Friday (00:15) | もんげぇ〜岡山南部 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.27 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS