きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3493【お魚料理115】猛残暑の温泉地・熱海で「マンボウの刺身」を | main | 3495 【スイーツ307】今日も元気な下鴨デルタで「秋の水無月」を >>
3494 【麺類色々368】幻の西寺捜索と「九条葱ラーメン」・・京都・九条

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

真言宗の総本山「八幡山教王護国寺(東寺)」の正門・南大門は、同じ京都の三十三間堂の西門として慶長六年(1601)に建立されたモノだとか。元の門が焼失した為、明治二十八年(1895)に移築されてます

 

自分の会の興行が有ったり旅仕事へ行ってたりで、何日か変則的にお休みを頂戴して居りました拙ブログ旅日記ですが、今日から漸く再開です。コレから暫く遠出等の予定は無いンで、文章をジックリ編めそうな。

 

問題は根多が山積み!ま、先月末からアチコチを慌ただしく動き回ってましたンで、段々と記事化して参ろうかと。東京生まれ東京住まいの寄席芸人なのに、都内のお噂は当分出来そうも無い・・旅噺をまず優先。

 

とは云え予定は所詮タダの予定で、急遽ご案内したいコトが有ったらソレを差し込みますンで、関西から東北までの残暑の旅の御報告を、果たして秋の間に終えられるか?なるべく根多を増やさぬ様にしませんと。

 

てな訳で「鮮度が余り宜しくない」記事が次第に増えますが、拙ブログ旅日記は「リアルタイムやソレに近い更新を目指さない」と公言してますンで、お急ぎの方は拙ツイッターをご覧下さい。ソッチはほぼリアルです。

 

東寺は当然の世界遺産で国宝・国重文の宝庫ですが、南大門を潜ると正面に在るのが国宝の「金堂」で、慶長八年(1603)に再建された中心伽藍ですナ。この他に、御影堂と五重塔が建物としての国宝です

 

てな訳で、今日から暫く京都の旅を。私メら東夷が列車で上洛致しますと、最初に降りるのは八条通に南面する京都駅の筈。ソコから更に列車に乗り換えたり、バスやタクシーに乗ったりして目的地に向かいますヨ。

 

処が市中深くへ入る時間が無く、駅の近くで気軽に京都気分を味わいたい・寺社仏閣へ詣でたいと成ると、その選択肢は二つに絞られる。一つは駅の北側・七条通沿いの「東本願寺」さんで、真宗大谷派総本山。

 

もう一つはもう少し歩きますが、九条通に面した「東寺」で新幹線のホームから五重塔が見えます。共に東が名前に付くのは、西の付くお寺と対に成ってるからで、「西本願寺」さんは七条通を少し西へ行ったトコに。

 

問題は東寺と対の「西寺」で、九条通を西へ進んだ先に在ったらしい。過去形なのは消滅してしまったからで、現在は遺構の一部が公園として残されてるらしい・・けど行ったコトが無い。ならば行ってみましょ。

 

東寺と西寺の間に聳えていたのは、平安京の正門たる「羅城門(らじょうもん)」でココから真っ直ぐ北へ朱雀大路が延びてましたヨ・・但し天元三年(980)に大風で倒壊して以来、再建されるコトは無かったとか

 

桓武帝により延暦十三年(794)に建都された平安京は、南北を貫く朱雀大路を中心に東側の左京・西側の右京を置く碁盤目の街で、ソレゾレを守る官立寺院として直ちに建立されたのが左京の東寺・右京の西寺。

 

羅城門から等しい距離に等しい広さで設けられたと聞きますが、コレを託されたのは空海(東寺)・守敏(西寺)の両僧。空海はもちろん真言宗の開祖・弘法大師サマですが、守敏(しゅびん)僧都とは一体ナニ者か?

 

在野出家の代表みたいな空海サマと違い、守敏僧都は朝廷に長らく仕える政僧で、西寺を下賜された時の身分は一段上。真言密教については空海より通じてるとされた位で、宗派として開かなかっただけだとか。

 

ならば私が・・と教団化した空海に対して激しい憎悪を抱き、万事に於いて対立するコト夥しく、厳しいライバル関係を和らげさせる為に朝廷が両者に等しく与えたのが東寺と西寺だったのでは・・講釈師は考えますヨ。

 

東寺と同じく南大門・金堂・五重塔等を持って居た西寺は消滅し、その一部が「唐橋西寺公園」として残されるのみ。ですが発掘により巨大な寺院だったのは確認されてるとか。今も在ったら世界遺産だったかも

 

処が対立は激しくなる一方で、格上なだけに攻める西寺に守りの東寺。コレに終止符が打たれるコトと成ったのは、嵯峨天皇サマの御代に都に雨が一滴も降らずに、困った朝廷から雨乞いの祈祷が命じられた時。

 

先ずは法力絶大として知られた守敏僧都で、十七日の祈祷を講ずると雷鳴辺りに轟き渡って激しい大雨に。処がソレは都の中だけで、廻りは一滴も降ってない。ならばと次は空海サマで、コチラも十七日の祈祷。

 

処が一滴も降らず、禅定して調べると守敏が法力で邪魔をしてた事が判り、更に禅定を重ねて天竺の竜王を勧誘し、都周辺に三日三晩の雨を降らせたとか。コレが元で守敏は帝の信任を失い、失脚する羽目に。

 

西寺は勢いを失い、ソレで消滅したと云うンですが・・一体ドコまで信じて良いのやら。鎌倉時代に二度の大火を出し、戦国中期に廃寺に成った様ですが、もし残ってたら壮大だったろうと跡地で想像するばかりです。

 

西寺跡の唐橋西寺公園から少し西へ行ったトコに、ナント「西寺」が在る!もちろん直接の繋がりは無く、西寺が消滅してから随分経って、その跡地の一画に出来た浄土宗のお寺が「御縁だから」と、明治二十七年(1894)に「興国山西寺」と改称したとか。例えこんな形でも西寺がまさか残って居るとは・・吃驚仰天!ホントに京都ってナゾが深いです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市左京区下鴨」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「おこしやす南」京都市南区役所HP
★「<京都半日散策>羅城門跡-例えばこんな、南区散策-」京都どこ行く?HP
★「日本で初めての密教寺院」世界遺産 真言宗総本山 教王護国寺 東寺HP
★「弘法大師空海の立体曼荼羅@世界遺産の東寺
(教王護国寺)」letuoe’s roomブログ
★「東寺があれば西寺もあった 〜平安京の玄関考〜」あべしんのブログ
★「西寺跡」京都のITベンチャーで働く女の写真日記ブログ
★「城南宮の参道西寺跡(京都市・南区・唐橋西寺町)」エナガ先生の講義メモ・ブログ
★「東寺の弘法大師と西寺の守敏僧都の雨乞い対決!」kurouの鎌倉メモ・ブログ
★「西寺 旧西寺の旧跡が残る」ガイドブックに載らない京都ブログ
★「とれたて大百科 九条ねぎ」HP

★「京都背脂醤油」京都北白川 ラーメン魅力屋HP

★「魁力屋の九条ネギラーメン」男のシンプルライフ・ブログ


(関連する記事)
★「911 【麺類色々52】清酒の町・伏見で『きざみそば』」
★「912 【名物パン71】伏見の『なつかし菓子パン』と寺田屋事件」

★「972 【お米料理67】宇治川の合戦と『鰻いいむし』」
★「973 【スイーツ54】紫式部センセも「宇治抹茶ソフト』を食べたがるか?」

★「1019 【お米料理72】隠元禅師と煎茶道と「衣笠丼』」
★「1203 【名物パン105】豊川名物『たけの子パン』とお狐サマ」
★「1361 【揚げモン48】伏見稲荷と『大き過ぎる京揚げ』」
★「1601 【麺類色々113】京都駅ビルのクリスマスと『京都ラーメン』」
★「1731 【名物パン184】黄昏の伏見で『サンライズ』を」
★「2131 【団子饅頭65】東寺の夜桜と『花見団子』・・九条大宮」

★「2420 【名物パン286】巨大伽藍の東福寺で『京風メロン』を」

★「2467 【スイーツ190】東寺の夜桜と『笹屋伊織のどら焼』・・九条大宮」

★「2555 【呑みモン68】梅雨晴れの麹町で『米麹のうめ甘酒』を」

★「3065 【保存食品73】お酒の神サマと『酒かす大根』・・松尾大社」
★「3080 【お米料理304】お稲荷さんの総本宮と『沖縄のいなりめし』・・伏見」

★「3081 【調味料類43】酒蔵の並ぶ街で『創味のぽん酢』を・・伏見」
★「3327 【麺類色々340】大階段イルミネーション2019と『東京の第一旭』・・京都駅」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(西寺跡一帯の詳しい発掘調査を今年行うらしく、新発見が有るかも)

告白します・・私ぁ太ネギが苦手!あのネチョッとした食感が駄目で、出来るだけ避けてたりしますが、唯一好きなのがシャキシャキした「九条葱」。遷都以前から京都の九条界隈で栽培されてたンでコウ呼ばれますが、ソレがタップリ乗ったラーメンが京都に有る!北白川に本店を置くチェーン店「魅力屋(かいりきや)」さんの「特製醤油九条ネギラーメン」で、細麺を鶏ガラの醤油スープに豚の背脂をタップリ入れ、そこに縦切りにした九条葱を親の仇の様に山ほど入れた恐るべき一品。サッパリしながらコクのあるラーメン自体も美味いけど、ナンと言っても九条葱!ドウしてフツーの太葱はダメなのに、九条葱なら食べられるンだろう?コレじゃ足りない、もっと入れて呉れと叫びたくなる位ですが、仕入れ量に限界が有るらしく・・早々に売れ切れてしまうコトも有るとか。西寺跡の近くにもお店は在りますが、今回は京都中心街の四条烏丸のお店でツルツルと。東京にもお店が在るらしいンで、また九条葱に挑ンでみたいモノです




| 2019.09.12 Thursday (00:15) | 京都上ル下ル・洛外 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.19 Saturday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS