きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3495 【スイーツ307】今日も元気な下鴨デルタで「秋の水無月」を | main | 3497 【麺類色々369】復興に向かう桜のお宮と「にしん茶そば」・・北野 >>
3496 【やきそば388】某国人が減って静かな京都で「カラシソバ」を・・四条河原町

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

京都市中で一番賑やかな交差点は、阪急京都線の終点・河原町駅の真上の「四条河原町」。地下にある河原町駅は来月から「京都河原町駅」と名前を変えますが、ソレは外国人観光客に判り易くする為だとか

 

晩夏の雨降る京都市内をブラブラと、なるべく濡れぬ様に気を付けながら歩き廻る私メです。旅荷物の中に入れてた折り畳み傘じゃ役に立たぬ程の驟雨で、ビニールなれど大きな傘を買った位とお思い下さいませ。

 

別に雨男じゃ無く、頓に上洛時は晴れてるコトが多いンですが・・いや雨に祟られたコトも多かったナ。ソレでも明るい内は折角だからと動き廻りますが、日が暮れると参拝出来ぬ寺社が増えるンで、お宿で大人しく。

 

処がソウ出来ないのが貧乏性の現れで、少しでも楽しもうと繰り出すのが河原町界隈。京都じゃ最大の繁華街で、大丸・高島屋を始めとするデパートや、寺町通の様な長いアーケードが幾つも在るンでブラブラと。

 

御池通から三条通を越えて四条通までの約八百mに、幅の広いアーケード商店街が続くのが「寺町通」。朝から深夜まで歩行者天国で、しかも屋根に全て覆われてますンで、雨も暑さも気にせず歩けますヨ

 

そして買い物したり食事したりする訳ですが、敢えて近付かない様にする日も有る。ソレは昼間動き廻り過ぎて草臥れた日か?いやソウじゃ無くて、外国人観光客が京都中心部に多く居そうな気配がする日ですヨ。

 

以前は閑散期だった真冬にも彼らが来る様に成り、今や「いつでも混んでる観光地」に成り果てた京都。ソレでも気候の良い時期や桜や紅葉のキレイな時に多く来訪しますンで、街中は外国人観光客でごった返す。

 

その雑踏に押し出されたり、騒がしさやマナー違反を嫌った日本人が近付かなく成るのは当然で、こう成る前のこの辺りを知ってるだけに幻滅しますし、彼らの横暴ぶりに腹が立つ。だから敢えて寄らぬ時が有る。

 

真下に阪急電車が走る四条通は京都のメインストリートですが、混雑緩和の為に車線を減らして歩道を拡げる荒療治を行って数年。一般車はココを避け、今やバスやタクシーの専用道路も同然・・大成功した様

 

なのに敢えて参ったのはヒマだったのも有りますが、京都の夏夜の蒸し暑さは半端なく、しかも雨降りまで重なったら日本人だって辛い湿度だから、外国人観光客は嫌がって宿から出て来ないだろうと云う読み。

 

彼らを避ける為にドウしてこんな過酷な条件に賭けにゃならぬのか?根本的な疑問を感じますが、現状ソウだから仕方ない・・伸るか反るかの大勝負、混んでたら私ぁ宿に戻ってサッサと寝ます!黄昏の河原町。

 

コレだけ悪条件が重なったンだから、きっと上手く行くに違いない・・って絶対ヘンですが、ドウやら見事に伸った!この晩の四条通の歩道に欧米系外国人の姿は余り多く有りませんナ。但し東アジア系は結構居る。

 

雨が弱まったンで少し散歩と、四条大橋で鴨川を渡って祇園の方へ。少し下流の五条辺りの川沿いに、光源氏のモデルとされた「源(みなもとのあつる)」卿の屋敷・河原院が在ったから、河原町と呼ぶンだとか

 

でもその殆どは中国人で、韓国人が少ない!拙宅の在る都内でも、京都の前に訪ねた大阪でもソウ。勿論お天気の所為じゃ無く、日本政府に始めた輸出規制物質の審査厳格化に依るモノ。今までが易し過ぎた!

 

約束を守らぬ相手で信用出来ぬから、他国に対するのと同じ基準に戻しただけ。だから審査を通れば変わらず輸出出来るのに、甘やかされるのを当り前と思ってた韓国が猛反発し、訪日観光を止めさせる世論に。

 

実に良いコト嬉しいコト!むしろ御得意の国民感情法とやらを駆使して貰い、公務以外の訪日を禁止して欲しい位。韓国人が来ないと静かでイイと言ったら極論ですが、この夜の河原町がスッキリして見えました。

 

四条大橋で川を渡ったトコに在るのが、現存する日本最古の劇場「南座」。今月のお芝居はナニかしらん・・「東海道四谷怪談」ってお江戸の噺じゃん!京都を東京が制した様で嬉しく成りますが、九月に怪談か

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市北区紫野」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP

★「四条河原町のおすすめ観光スポット17選!京都最大の繁華街!」KAUMO HP

★「四条はなやぎストリート」四条繁栄会商店街振興組合HP
★「かさねあわせるまち」河原町商店街振興組合HP

★「compasso teramachi」寺町京極商店街振興組合HP

★「河原町の由来とは?実は、、、★☆」京都占い処 銀月堂ブログ

★「京都四條 南座」松竹HP
★「京都に異変!?日本人観光客“激減”の背景に『訪日外国人客』」zakzak HP

★「韓国人観光客』は減っても訪日外国人総数は『過去最高』を記録!」Asagei Biz HP
★「『韓国人観光客激減』は長い目で見れば、日本のためになる理由」ITmediaビジネスオンラインHP
★「鳳泉
(ほうせん)」BEACON KYOTO HP

★「広東料理 鳳泉@京都市役所前『エビカシワソバ』京都市中京区」とらきちおやぢの食べ歩きブログ

★「【保存版】徹底比較!京都中華名物カラシソバ!!病みつきになる老舗の味【厳選5店】」Kyotopi HP

 


(関連する記事)

★「239 【京都上ル下ル05】錦は今日も賑やか」
★「1051 【粉なモン19】祇園で涼を楽しみ『一銭洋食』を」
★「1402 【スナック22】『東海道五十三次ポテチ』の起点と終点は?‥京都」
★「1600 【名物パン165】吉例顔見世!南座と『三つ編みサンライズ』・・四條」
★「1680 【スナック35】『京七味ポテチ』と祇園精舎の鐘の音・・京都祇園」
★「2030 【お米料理161】『皿盛』とスッキリした祇園・先斗町」
★「2086 【団子饅頭63】『阿闍梨餅』と夜の祇園散策」
★「2329 【麺類色々201】四条通の歩道革命と『天下一品のあっさり』・・河原町」
★「2370 【呑みモン62】強烈すぎる『いり番茶』と夜のお茶屋街・・祇園」
★「2452 【スイーツ189】さよなら新風館と『錦市場の豆乳ドーナツ』・・烏丸御池」

★「2505 【お米料理226】一人寂しき夜の河原町で『唐揚げ親子丼』を」
★「2605 【スイーツ212】黄昏迫る雑踏の河原町で『ちご餅』を」
★「2657 【お米料理244】光源氏のモデルと『黒い炒飯』・・六条河原院」
★「2658 【スイーツ218】『贅沢な丁稚羊羹』と南座の『まねき上げ』・・四条河原町」
★「2735 【スイーツ222】夜のお茶屋街で『舞妓焼DX』を・・祇園」

★「2795 【呑みモン72】夜桜ライトアップ中止の祇園で『京番茶』を」

★「2897 【スイーツ232】インバウンド頼りの恐さと『豆乳アイスクリン』・・四条河原町」
★「3022 【お米料理294】足腰の神サマと『近江牛の柳川丼』・・御所西」

★「3040 【カレー焼22】夜の四条通と『京都で見付けたアラモード焼』・・河原町」
★「3112 【呑みモン84】桜咲く花見小路と『京番茶その6』・・祇園」
★「3331 【保存食品80】寒夜の花見小路と『おらがむら漬』・・祇園」

★「3359 【やきそば373】オフシーズンが消える京都で『ヤングマンランチ』を・・河原町」

★「3360 【呑みモン108】本能寺のナゾと『京番茶その7』・・寺町御池」
★「3495 【スイーツ307】今日も元気な下鴨デルタで『秋の水無月』を」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(日本人が戦後初めて怒ってるのを、韓国人は知らないンでしょうネ)

京都と云うと和食のイメージですが、実はパンの消費量が日本一だったり、「京風中華」と言われる独自の中華料理が有ったりしますが、その中華の特徴はお出汁を大切にした和食と中華のハイブリッド!アッサリとした味が多かったりしますが、かつて在った鳳舞と云う名店の流れを引く店の名物が「カラシメン」。御池河原町の交差点から上がったトコに在る「鳳泉」は鳳舞の料理人が始めた店で、ココじゃ「撈麺(ローメン、エビカシワソバ)」と呼ばれてますネ。柔らかな麺に和辛子をタップリ和え、上から鶏肉や九条葱・レタス等の入った鶏ガラ出汁の餡を並々とかけた一品。柔らかい餡かけ焼きそばの一種ですが、和辛子が鼻にツーンと来てコリゃ美味い。和食でも中華でも無い、不思議な発想です




| 2019.09.14 Saturday (00:15) | 京都上ル下ル・洛中 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode