きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3602 【スイーツ315】冬のならまち散歩と「県庁のぜんざい」・・奈良市 | main | 3604 【麺類色々387】満月に輝く大仏殿と獅子神楽と「天スタ」・・奈良市 >>
3603 【スナック102】東大寺・二月堂から眺める奈良と「きなこ雑煮ポテチ」

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

奈良県庁の屋上庭園から若草山(342m)を眺めると、奈良公園の中に巨大な建物・・木造の在来工法としては世界最大を誇る国宝「東大寺大仏殿」ですナ。県庁の屋上と大仏殿はほぼ同じ高さ(49m)ですが、奈良市内は景観条例により大仏殿より高い建物はダメらしいです

 

県庁を出て若草山の麓の春日大社へ、奈良公園の奥にテクテクと。私メも高座で時折読む「奈良の鹿裁き(=落語の鹿政談)」と云う一席に出て来る奈良名物は、『大仏に鹿の巻き筆・奈良晒し、春日燈籠・街の早起き』。春日大社の燈籠は三千以上も在るとか、ホント燈籠だらけだナ

 

奈良公園の中を二kmほど歩き、漸く着いた「春日大社」は藤原氏が神護景雲二年(768)に氏神として創建したお社で、全国の春日神社の総本社であると共に世界遺産!朝廷が定めた「上七社(全国の重要神社ベスト7)」に奈良から唯一選ばれてますが、境内は御神鹿だらけです

 

春日大社と云えば御神鹿・石灯籠と原生林!御神域として狩猟や伐採が千年以上も禁じられた為、極相に達した手付かずの森林が境内裏に二百五十haも広がってますネ。その端を少しだけ通れますが、余りに珍しくて国の特別天然記念物や世界遺産にも指定されてますヨ

 

原生林の裾野を通り抜け、県庁の屋上から見えてた若草山の木の生えてない特異な部分・・ココだけの固有種「ノシバ」に覆われた芝原の一番下まで参りましたが、この芝は鹿が居ないと生育できない不思議なモノで、千年以上の時を掛けて独自に進化したのが判明してるとか

 

春日神の御使いとして保護されてる奈良公園の鹿は、近年どうも増加傾向らしく・・昨夏行った生態調査によると1388頭も居たらしい!そんな御神鹿にちょっかい出して毎年二百人ほど怪我してるソウで、一番危険なのは九月〜十一月の発情期だとか。ドウか鹿にはご注意を

 

若草山の麓を北へ進むと、気付かぬ内に東大寺さんの境内へ入ってしまいますが・・ソコが広い境内の最奥「上院」エリア。少し高いトコに聳えてる建物は寛文九年(1669)に再建された国宝「二月堂」で、東大寺の前身「金鐘寺」はこの辺りに在ったとか。もちろん登ってみますヨ

 

二月堂と云えば、毎年3/1〜15の晩に行われる「修二会」・・燃え盛る篭松明を僧侶が持って階段を駆け上がる「お水取り」と呼ぶ方が判り易いかも。その際に用いる長さ八mの青竹がお堂下に置かれてましたが、お松明の燃える様をもう一度見たいと思いつつ果たせてません

 

県庁の屋上から眺めたのと逆に、二月堂から県庁の方向を眺めてみましたが・・正面の木陰に大仏殿の屋根が在るのを判りますか?その奥遥かに見えてるのは生駒山、ソレを越えると大阪・そして海で‥ソコから船に乗って平城の都人は中国や西域諸国へと向かった訳ですヨ。つまり東大寺、中でも二月堂は正にシルクロードの終点だったりします

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日も「奈良県奈良市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「NARA Travelers Guide」奈良市観光協会HP
★「奈良市に特化した少しマニアックな観光情報サイト」奈良まちあるき風景紀行HP
★「ならじかん」奈良市役所農政課HP

★「古都・奈良でのんびり観光のススメ!名所だけじゃない奈良の魅力教えます」SPOT HP

★「【奈良県庁屋上広場・展望室】『奈良を一望』する360度のパノラマが魅力の憩いの空間」奈良まちあるき風景紀行HP
★「春日大社は平成三〇年に御創建一二五〇年を迎えました。」春日大社HP
★「春日大社の石燈籠」TEYEN文化財日記ブログ
★「春日山原生林ってどんな森?」春日山原始林を未来へつなぐ会HP
★「太古の森を気軽にお散歩・春日山原始林」アメカヒヨリカHP
★「若草山」奈良県庁HP
★「【若草山】『山焼き』で有名な奈良を代表する観光名所
みどころ・入山料金・ルート・アクセスなどを解説」奈良まちあるき風景紀行HP
★「芝とシカのふしぎな関係」セブンイレブン記念財団HP
★「奈良公園におけるシカの功罪」東京奈良県人会HP
★「これはダメ!観光客の方が『奈良の鹿』に『してはいけないこと』まとめ」奈良まちあるき風景紀行HP
★「華厳宗大本山 東大寺」同HP
★「東大寺二月堂
とうだいじにがつどう」関西の国宝建造物と国宝彫刻仏像のすべてブログ

★「『お水取り』をご紹介!東大寺二月堂で二週間にわたって繰り広げられる法要がすごい!」オマツリジャパンHP
★「【二月堂『舞台』】奈良で一番美しい眺めをしみじみと味わえる贅沢な空間」奈良まちあるき風景紀行HP
★「ポテトチップス47都道府県の味」カルビーHP

★「47都道府県の『地元ならではの味』をポテトチップスで再現 奈良の味『ポテトチップス きなこ雑煮味』」PRTIMES HP
★「奈良の味ポテトチップス『きなこ雑煮味』甘じょっぱさを見事に再現!」奈良に住んでみましたブログ

★「奈良の珍しいお雑煮『きな粉雑煮』をいただきました」奈良に住んでみましたブログ

(関連する記事)
★「093 藤原京の後の都はどうなってンのか」
★「094 【お米料理03】まずは西大寺に行ってみたのヨ」
★「095 【お米料理04】続いて東大寺に行ってみたのヨ」
★「096 【講談の舞台01】もとの黙阿弥・・生駒市」
★「796 【お米料理55】鹿しか居らン東大寺と『柿の葉ずし』」
★「797 【保存食品18】ほんまモンの『奈良漬』と茨城出身の御神鹿たち」
★「998 【麺類色々60】青丹よし奈良の名物『びっくりうどん』」
★「1686 【麺類色々122】『にゅうめん』と二つの三笠山・・奈良市」
★「1687 【保存食品43】ならまちと『本物の奈良漬け』・・奈良市」

★「2413 【野菜果物83】黎明の東大寺散策と『大和まな』・・奈良市」
★「2414 【お米料理215】朝の飛火野と『奈良の玉子ごはん』・・奈良市」

★「2949 【お米料理285】黄昏の二月堂と『BFPのエアーズロック』・・奈良市」

★「2950 【お米料理286】闇夜に輝く五重塔と『メガオムライス』・・奈良市」

★「3119 【麺類色々295】もったいない奈良公園の夜桜と『釜揚げうどん』」

★「3602 【スイーツ315】冬のならまち散歩と『県庁のぜんざい』・・奈良市」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(中国人や韓国人観光客が居ないと、奈良もホント静かで良いですネ)

全国各地へ参ってると最近は余り申せませんが、ソレでも旅先で珍しい食べ物を見付けると嬉しくて仕方ない。ソレは全く知らないモノだったり、知ってるモノなのに全く違うアレンジだったりとイロイロ有りますが、今年の正月明けに吃驚したのが香川県のお雑煮。白味噌仕立ての丸餅なのは西日本に多いですが、香川は餡子入りの甘い餅を使ってたンで世間は広いと驚かされましたが、同じ白味噌仕立てでコレまたエラク違ってるのが奈良県のお雑煮だとか。焼いた丸餅を汁の中に入れて食べるだけじゃ無く、椀から出した餅をきな粉に塗して安倍川風にして食べるンだとか。一旦味噌汁に入れて塩味が付いてるンで、フツーの安倍川と違って甘塩っぱいそうナ。ドウしてそんな習慣に成ったのかナゾですが、ソレをカルビーがポテチにして数日前に新発売!全国の珍しい味を使った47都道府県ポテチの最新作の一つで、コリャ面白そうと買ってみた私メ。きなこ雑煮自体を食べて無いンで軽々にゃ言えませんが、確かに甘塩っぱくてこんな味なんでしょうネ。次はきなこ雑煮を食べてみたいですが、何しろお正月の縁起物。来年以降への宿題に成りソウです




| 2020.02.25 Tuesday (00:15) | 奈良は国のまほろば | - | - |
スポンサーサイト



| 2020.05.26 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS