きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3617 【やきそば401】日本最古の本町?雨夜の上本町で「明太バター炒めスパ」を | main | 3619 【お米料理379】お西さんの本廟と「京都のぶぶ漬け」・・五条坂 >>
3618 【スイーツ316】占い屋だらけの石切さんで「かた焼き」を・・東大阪

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

大阪と奈良の府県境を貫く新生駒トンネルに入る為、近鉄奈良線は生駒山の麓まで来ると急勾配をグングン登って行きますが、トンネル直前の石切駅から眺めると大阪平野がこんな風!夜景も抜群なトコです

 

都内生まれで今も住んでる東京の講釈師なのに、ココ一ヶ月は上方の旅噺が多く成ってる私メです。桜が咲き始めたら関東の記事をドンドン書き連ねる予定ですが、ソレまでは先月参った関西のお噂の総攫え!

 

有難いコトに京都や大阪を年に何度も訪ねてさせて貰ってますが、ブラつくのは京都なら京都市だけ・大阪なら大阪市だけが殆どで、残念ながら京都府のソレ以外・大阪府のソレ以外の街にゃ殆ど参ってませんネ。

 

如何に慣れてる心算でも、所詮は旅する東夷・・馴染みのないトコが多過ぎますし、東京と並ぶ「三都」たる両市だけで充分以上に好奇心が満たされてスッカリお腹一杯。コレ以上参ると処理能力の限界を超える!

 

とは云え・・同じトコばかり行っても仕方ないし、偶には目先を変えて郊外へ出てみようかと、昨日ご案内の上本町駅から近鉄電車に乗り、大阪平野の東の果て・生駒山の麓の方。大阪市の東隣り「東大阪市」へ。

 

石切駅から坂を下って行きますと、「でんぼ(腫物)の神様」石切劔箭神社さまへの参道に・・良く在るソレは高台の寺社へ向けて上って行くモノですが、ココは駅が更に高いトコに出来たンで、全く不思議なコトに

 

東大阪は半世紀少し前に「布施」「河内」「枚岡」の三市が合併して出来たトコで、人口五十万は大阪市・堺市に次ぐ府内第三位だとか。以前から御縁が有って布施には何度も参ってますが、ソコ以外は良く知らン。

 

古代豪族の物部氏の本拠地だったとか、花園ラグビー場が在ると言えば判る向きも居られましょうし、東京の大田区と並ぶ町工場の集積地だとも聞きますが、どんな雰囲気かはジックリ訪ねて無いから良う判らン。

 

言えるのは合併した際に名前で揉めて収拾がつかず、半ばヤケで「大阪市の東隣りやから東大阪市でえぇやん」と身も蓋も無い騒ぎが有ったンだろうナと伺わせる、実にケッタイな市名。判り易いけど主体性が・・。

 

尤も世間には西東京市・北名古屋市も在りますンで、東大阪だけ責められませんが・・東京でココを知ってる人は殆ど居らンでしょうネ。私メだとて五十万も住んでるのを今回初めて知った位、意外と大きかったンだ。

 

参道で目立つのは飲食店・土産物屋と占い屋・・そして石切大佛!精力剤「赤まむしドリンク」のメーカーが四十年ほど前、創業地たる石切に建てたモノで「日本で三番目」。完成当時は三番目に大きかったとか

 

その東大阪の西端の布施は多少知ってますが、残りは奈良方面へ参る時に近鉄電車で通り抜けるだけだから良く判らず、ならばと東端の石切と云うトコへ行ってみた私メ。ココにゃ以前一度参ったコトが有りますヨ。

 

急坂の参道を下ると神社が在り、大勢の人がその境内でグルグル回ってた程度の記憶しか有りませんが、全く知らぬ場所よりは取っ掛かりが有るから都合良し。両端から攻めるのも一興と、走る急行十数分の旅。

 

道標に従って参道を降りて行くと、イヤでも目に付くのが矢鱈と多い占い屋。四柱推命やらタロットやら、その占い方はイロイロですが・・東京だと道端に机と椅子を出す占い師が、ココじゃお店を構えてゾロゾロと。

 

先月のコトだから未だ寒く、しかも平日午前だから開店休業のトコばかりでしたが、こんなに沢山集まってると云うのは・・ソレだけの需要が有るからに違いない。東夷はフト思う「大阪の人って占いが好きですナ」。

 

「いしきりさん」こと石切劔箭(いしきりつるぎや)神社さまへのお参りしますが、鳥居を潜ったトコにある門「絵馬殿」が妙に大きい!高さや幅はともかく、奥行きがフツーの御門の倍以上ある様な。屋根には剣が!

 

大阪駅からJR大阪環状線で一つ隣りの福島駅前の商店街は、「売れても占い商店街」と占いで町の再生に挑んで成功してる様ですが、こんなトコにも占い屋だらけの街が在ったとは。但し歴史は石切の方が古い。

 

昭和初期にゃ既に在ったらしく、特に増えたのはバブル崩壊後だとか。ソレからは店が店を呼び、客が客を呼ぶ有様でドンドン増加。ま、初期投資は殆ど要らないし、日々の仕入れも無いンで開店し易いですしネ。

 

占いを深く信用して万事ソレに頼る人、都合の良い結果だけ取り入れようとする人。或いは一切信じない人とイロイロ居りますが、信じて救われるならソレでイイじゃんが私メの基本スタンス。但し私ぁ信じませんが。

 

占いって「未来を知る」より「未来に向かう自分を励まして貰う」要素が強く、外見は仁王の様な人が多い大阪だけど、内面は東京より繊細な人が多いのかと、日本最大の占い街を通りながら考えた私メです。

 

皇紀二年(紀元前659年)の創建と伝わる石切さんが、関西中から多くの参拝客を集めてるのは占いじゃ無く、本人や家族のでんぼ(腫物)や腫瘍を抑える為のお百度参りですヨ。本殿前と百度石の間を大勢が連なって廻る様に行き来してる姿には感じるモノが有りますが、謂わば他力による励ましの占いと違い、コレは自助による励ましなのかも。私ぁ未だ全快出来てませんので、自らを叱咤する意味で列に連なって廻ってみましたが・・真剣みが足りないのか?途中で目が回っちまって百度どころか二十度ぐらいで早々リタイヤ。ドウも自助努力が足りません

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市東山区五条橋」への訪問記です★

 

(参考リンク)
★「東大阪市観光ガイド ひがしおおさか」東大阪観光協会HP
★「ひがしおおさか まちナビサイト」東大阪市小売商業団体連合会HP
★「東大阪を遊ぶ情報サイト」週刊ひがしおおさかHP

★「【大阪】石切神社とその参道 - 由緒ある神社の不思議な参道で占いに挑戦してみた 」仏像、ときどきアート・ブログ
★「いしきりさん」石切剣箭神社HP
★「石切神社を知る〜鳥居をくぐり」石切神社ナビ1HP

★「でんぼの神様“石切さん”の正式名称は『石切劔箭神社』というのじゃ」小ネタ隊が行くHP

★「石切劔箭神社の『お百度参り』作法 でんぼ・病に効果あり?!お百度参りのやり方をまとめてみた」日本神話.com HP
★「なぜか日本で3番目の石切神社の名所?『石切大佛』様に立ち寄った【大阪府東大阪市東石切町】」シマのブログ
★「歴史と神話のまち、石切参道商店街」石切参道商店街HP
★「占い占いまた占い!大阪府にある石切大仏の参道は、占いだらけの摩訶不思議スポットだ!」知の冒険HP
★「もっと関西 東大阪・石切さんに『占いの道』」日本経済新聞HP

★「大阪『売れても占い商店街』お金かけず黒字にできた理由」ヤフーニュースHP

★「大阪で一番硬いと評判日本一硬いを目指しています」布一屋HP
★「素朴で懐かし、布一屋御煎餅司の『かた焼煎餅』」試食れぽ〜と!ブログ
★「石切さんのお土産に布一屋で『かた焼』っていう超絶硬い煎餅を買った!歯と顎に自信がある人集まれ〜!【大阪府東大阪市東石切町

」シマのブログ

 

(関連する記事)
★「088 いしきりんは一体ナニを占うのか?」
★「444 【やきそば20】今里焼きそばは自分で味付け」

★「1382 【スイーツ78】甦る寺内町と『ちょぼちょぼ』‥富田林」
★「1383 【麺類色々94】『かすうどん』と凄まじい歴史の集積・・藤井寺」
★「2127 【名物パン238】『大阪のシベリア』と好奇心回復への闘い・・桃谷」

★「2601 【スイーツ210】上本町の青い山脈で『おふくアイスマック』を」

★「2962 【スイーツ249】大阪で一番危険な街と『パインアメのジャム』・・上本町」

★「3084 【麺類色々288】日本一のえべっさんの街で『らどん』を・・東大阪・布施」

★「3334 【お米料理340】曽根崎心中と生國魂神社と『大阪スタミナ丼』・・上本町

★「3617 【やきそば401】日本最古の本町?雨夜の上本町で『明太バター炒めスパ』を」

 

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(占いを信じないのは、運命は自分で切り開くモノと思ってるからです)

不思議なコトだらけの石切の名物と云えば、歯が丈夫で無いと絶対に食べられぬ「かた焼き煎餅」。伊賀忍者の携帯食だったとも言われてますが、昭和元年(1925)に参道で創業した布一屋さんが戦後、独自の製法・材料で美味しく作り直したンだとか。小麦粉と砂糖を良くこね、ソレを鉄板で焼いただけですが・・ジックリのんびり焼くンで水分が殆ど飛んで、イザ食べるにはトンカチを持ち出したい位の硬さに。歯が丈夫でホント良かったと思うばかりですが、実に素朴な味わいが嬉しく感じます




| 2020.03.14 Saturday (00:15) | 大阪市以外も大阪府 | - | - |
スポンサーサイト



| 2020.05.26 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS