きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3642 【呑みモン138】静まりかえった明治神宮と「台湾の黒豆乳」 | main | 3645 さよならフラワーラジオ! >>
3643 【麺類色々395】コロナ閉門中の深大寺で「深大寺そば」を・・調布

新型コロナウイルスの感染防止の為、社会的距離を保って訪ねてます

中国を発生地とする新型コロナウイルス(COVID−19、武漢肺炎)の世界的大流行で、緊急事態が宣言されてた都内もソレが解除されて一週間。昨日までは拙宅のある城北地区に籠ってましたが、そろそろ良かろうと23区から出た私メ・・但し行先は同じ東京の多摩地区ですが

 

向かった先は多摩じゃ最古のお寺として知られる、調布市にある天台宗の名刹「浮岳山深大寺」さん・・創建は天平五年(733)だから奈良時代ですナ。近年はすぐ傍を通る中央高速道の渋滞ポイントとしても有名ですが、お寺は深い森の中。朝まだ早いのも有って、実に静かです

 

門前には土産物屋や料理屋が並んでますが、深大寺さんは東京都全体でも浅草寺に次いで古く、少し遠出気分の行楽地として江戸時代から栄えたとか。尤も今回ココへ参ろうと初めから決めてた訳じゃ無く、近くの某所を訪ねようとしたら早く着き過ぎたンで・・序でで御免なさい

 

緊急事態解除から間もない今、気に成るのは感染拡大防止の為に閉鎖されてた施設が再開してるかドウか!予め参る心算だったら調べた筈ですが、何しろ「序で」だったンで・・取り敢えず行ってみたら、深大寺さんは明日(6/1)から門を開けるンだとか。一日早かった様ですナ

 

仕方が無いから深大寺さんの周囲をブラブラと。今だって結構大きなお寺ですが、かつては無闇矢鱈と寺域が広く・・裏山は都内唯一にして最大の植物園「都立神代植物公園」に成ってたりしますヨ。バラが見頃だから入りたいですが、一日じゃとても足りないンでやむなく断念を

 

神代植物公園は戦後からが一般公開されてますが、ソレ以前は街路樹を育てる苗場だったらしく・・都内各地の並木の多くは深大寺の裏山育ちと云うコトかしらん。ソメイヨシノを破竹の勢いで植え替えてる「ジンダイアケボノ」もココ出身ですが、お寺の周囲は紫陽花が一杯てした

 

深大寺の裏は神代植物公園・・同じ「ジンダイ」でも字が違うのは、明治から戦前にかけて地名的に揺れ動いてた時期が有るからだとか。そもそも深大とは仏法を護る十六善神の一人「深沙大将」様の略で、西遊記の沙悟浄はこの方がモデル!道理で周囲は清水が一杯なのネ

 

私メらのイメージは「沙悟浄=河童」ですが、河童は我が国オリジナルの妖怪で有るらしく、中国じゃ「毛むくじゃらの海坊主」みたいな妖怪として扱われてますナ。何れにしろ水に関係してますが、武蔵野の丘陵の崖地にある深大寺さん界隈は湧水が豊富。ココは水垢離場かナ?

 

ナニ一つ下調べもせず、突然の思い付きだけで寄った深大寺でしたから・・結局参拝も出来ず、ただ周囲を歩いたと云うだけで終わりましたが、普段はもっと混んでるトコだから今回みたいに「静けさを楽しむ」訳にゃ参らず、コレはコレで良かったのかも。さて23区内から漸く外へ出ました、次なる目標は都県境を越して埼玉辺りへ乗り込むコト。その為には感染拡大がこのまま収まり、再度の緊急事態が宣言されぬのを願うのみ!ソウしたら六月中旬に他県へのお出掛けが解禁されます

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「東京都内のドコか」への訪問記です★


(参考リンク)
★「調布観光ナビ」調布市観光協会HP

★「ちょうふとっとこむ」調布市地域情報化コンソーシアム HP
★「大人の穴場散歩『深大寺』。美味しい蕎麦屋に鬼太郎茶屋、日帰り温泉も!」キナリノHP
★「東日本最古の国宝仏」深大寺HP
★「新緑の深大寺」晴れたらいいねブログ
★「調布・深大寺が山門閉じる 参拝・拝観停止、そば組合も加盟店に休業呼び掛け」調布経済新聞HP
★「神代植物公園へ行こう!」東京都公園協会HP
★「『深大』寺と『神代』植物公園」カメラを持って散策ブログ
★「『深大』と『神代』の由来」自転車散歩〜何処訪ねて、何見て、何味(感動)わった!ブログ
★「深大寺開創と水神『深沙大王』」深大寺HP
★「深沙大将と沙悟浄」ZZ・倶舎那・渋谷申博のブログ
★「深大寺そば組合と近隣のお店情報」ちょうふとっとこむHP

★「深大寺そば」調布観光ナビHP
★「【調布市深大寺】コスパ最強!深大寺門前蕎麦本舗でお腹いっぱい蕎麦を食べてきました!」号外NET調布市・狛江市ブログ
★「深大寺『門前そば本舗』安くて美味しいお蕎麦に蕎麦いなり」つれづれ蕎麦ブログ


(関連する記事)
★「876 【東京十社12】武蔵国の総社は大國魂神社」
★「1675 【お魚料理88】新撰組・近藤勇と『新島のくさや』・・調布」
★「1676 【スイーツ107】国立天文台と『天文学量のチョコ』・・三鷹」
★「2026 【お肉料理63】二十四番目の区で『チキン南蛮』を・・三鷹」
★「2037 【麺類色々163】お散歩ついでに元祖『油そば』を・・武蔵境」
★「2049 【名物パン225】玉川上水と『紀ノ国屋のドイツパン』・・三鷹」
★「2091 【調味料類26】『超高級マヨネーズ』とキューピーたち・・調布」
★「2242 【麺類色々192】湧水涼しき深大寺で『お蕎麦のお代り』を・・調布」

★「2243 【やきそば238】東京の府中と『広島の府中焼きそば』」
★「2381 【麺類色々204】アメリカンスクールと『マッケンチーズ』・・野川公園」
★「2441 【今川焼き38】多摩川の蒼空と『ボーノ!な鯛焼き』・・狛江」

★「3388 【名物パン364】井の頭公園の桜2019と『高知のぼうしパン』・・吉祥寺」

★「3410 【お米料理351】渋沢栄一翁が造った井の頭公園と『肉いせやの牛丼』」

★「3411 【名物パン366】初夏の吉祥寺巡りで『レーズンミニぼうし』を」

★「3443 【麺類色々363】藻に埋まる井の頭池と『濃厚トマトスープ麺』・・吉祥寺」

★「3468 【麺類色々367】藻だらけの井の頭池と『冷やしトマト麺』・・吉祥寺」
★「3469 【お肉料理136】猫と金魚と青空と『行列のジャンボ餃子』・・吉祥寺」
★「3557 【お肉料理143】紅葉の井の頭池2019と『台湾の紅焼牛肉』・・吉祥寺」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(神代植物公園の再開は、深大寺よりも一日遅い6/2からだソウです)

深大寺の名物と云えばもちろん「深大寺そば」。江戸時代初めには既に有名だったらしく、三代将軍・徳川家光公が気に入って度々食べただけじゃ無く、江戸に屋敷を持つ各大名家が次々に注文したンで「献上そば」と呼ばれたンだとか。今でも門前には蕎麦屋が並びますが、お寺が開いてないから門前の蕎麦屋群も殆ど開いて居らず・・ふと思い出したのは、この近くに大病院を構える杏林大学医学部の某センセに教わって、一度行ったコトの有る「深大寺門前そば本舗」さん。昭和二十九年(1954)創業の老舗で、かつては京王線沿線で手広く店舗網を拡げてたトコだとか。今は神代植物公園近くだけに成ってる様ですが、某センセの「美味くて早くて量が有って、門前町の蕎麦屋ほど混んでなくて高くない」なるお言葉は伊達じゃ無く、成るほどココは確かにLe Bon Marche!しかも無料サービスで大盛りにして呉れたンで、久しぶりに蕎麦をたっぷり手繰った感が。コレからは二十三区外にも少しずつ出て行ける筈だから、楽しいコトが多いのを願うばかりです




| 2020.05.31 Sunday (18:15) | たまタマTAMA多摩 | - | - |
スポンサーサイト



| 2020.08.10 Monday (18:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS