きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 371 電波は来ぬ来ぬドコモまでも・・玉川温泉 | main | 373 【野菜果物15】不来方のお城の中をブラついて・・ >>
372 【団子饅頭13】八幡平は雲の絨毯の上!


ナンか凄い写真が撮れてしまった。雲の絨毯から顔を出すのは岩手山

地方の素敵なドライブ向けな道路を走ってますと、時折思い出しますのは「ハテ?この道は有料道路だった筈だけど・・」と云う事。講談稼業に入る前、私メが日本中をフラフラしてた頃と違い、無料開放されたドライブウェイは多い。

そりゃ二十年以上も前のコト。何時まで経っても無料開放されない高速道路と違い、地方のドライブウェイは償却期間が終われば無料開放されるお約束な訳でして、二十数年経ってりゃ変わってるのは至極フツーなコトですわナ。

ちなみに私メは、某政権党の阿呆どもがホザク「高速道無料化」は絶対反対です。高速道だけは或る程度は料金を取らなけりゃ、本来必要の無い連中まで高速道に乗り出して、収拾は付かなく成るし意味も無く成ると思ってます。

でも一般有料道路は、サッサと償却して貰いたいと思ってます。でもイザ無料化されますと、その道に以前払った料金にナンか損したなぁ!と思えてしまうのは、私メが貧乏性ナンでしょうか?コレは皆様も同様に思われましょうか?


八幡平から、松尾鉱山跡を眺めてみる。何時まで経ってもその儘ですナ

玉川温泉からの帰り道、チョット寄ってみたのは秋田と岩手の県境に聳える、標高千五百m程の八幡平(はちまんたい)。ココは山頂付近をすり抜ける「アスピーテライン」と云うドライブウェイが整備されてまして、素晴らしい眺め。

日本中をフラフラしてた頃、私ぁ有料道路だったココを通りたくて、確かに料金を払った記憶が有ります。あの日はピーカンで、払った分以上の眺望を楽しんだ。今回は無料化されてたけど、同じ様にピーカンで眺望を楽しめました。

初めは霧の中でしたが、車が標高を上がるに連れ晴れて行き、遂には雲の絨毯の遥か上へ。南となりの岩手山や、遥か遠くの早池峰山。また北方の青森・八甲田連峰まで良く見えてる。う〜む、吹き荒ぶ寒風が無けりゃ最高だ。

ちなみに翌日ココは初雪が降ったソウで、私ぁ全く僥倖に恵まれた訳です。山々も綺麗だけれど、ソレよりも雲の絨毯の美しいコト・・。あぁあの上に立てるなら立ってみたい・・。でもその為には、仙人に成る修行が必要な様です。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「岩手県盛岡市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「豊かな自然の大パノラマ」八幡平市観光協会HP
http://www.hachimantai.or.jp/
★「八幡平山頂エリア」八幡平市観光協会HP
http://www.hachimantai.or.jp/area/area01.html
★「かます餅」へらい農園 自然栽培 米農家ブログ
http://ameblo.jp/herai/entry-10317727471.html

(流石に八幡平は見事な紅葉でした。でも冬将軍は着実に近付いてますネ)

行商のオバちゃんから買った「かます餅」。中身は甘い味噌のみたらし




| 2010.11.04 Thursday (08:10) | がんばっぺし岩手! | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (08:10) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS