きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 040 【名物パン02】群馬ではパンに味噌を塗る | main | 042 謎のペルー料理カラプルクラ!! >>
041 【名物パン03】群馬ではパンに餡子を混ぜる

コレが前橋で売ってる「胡麻マーブル」という蒸しパンだ。見た目は悪い

ウチの師匠・神田松鯉(しょうり)は群馬は前橋市の出なので有ります。本人曰く「煉瓦造りの前橋刑務所」近くの閑静なトコロで育ったらしいンですが、そのせいか時折通る事が有るンでございますネ。「行く」じゃ無くて「通る」ヨ。

草津や水上・尾瀬方面へ行く時に、「まず前橋まで」と云う心構えで進むモンですからよく通りますねぇ。ただ目的地とする事はこの頃少ないですなぁ。以前はよく前橋まで、番組のナレーションをしに行ってたンですけれど・・。

ココはもともと厩橋(うまやばし)と呼ばれ、戦国期には越後上杉家と小田原北条家が激しい奪い合いを繰り広げた城。幕府成立後は「下馬将軍」大老酒井雅楽頭家や、「引越し大名」松平大和守家が藩主を勤めて十五万石。

坂東太郎と名も高き利根川の畔にお城が在りますが、このお城に行くのに間違える事はまず有り得ないのでご安心。何しろ本丸跡に三十二階建ての群馬県庁がズドーンと建ってます・・、何デソンナ野暮ナ事スルンダロウカ。


胡麻マーブルを二つに割ったみたが、残念な事に見た目はやはり悪い

県庁としては日本で一番高いそうでして(都庁はもっと高いが)、コレより高いビルは多分群馬県に無いンでしょうねぇ。展望室から「絶景かな絶景かな」。上毛三山(赤城・榛名・妙義)だけで無く、晴れたら東京都心も見えるらしい。

ですが超車社会群馬だけ有って、前橋の中心街がドンドン寂れてくのを傍で見てて悲しい限り。昔はデパートが沢山有ったのに、地元資本のスズランが孤軍奮闘するのみ。関東の県庁所在地でココが一番シャッターだらけの街。

そんな前橋で私メは「胡麻マーブル」という不思議な蒸しパンを密かに贔屓にして居るンです。どうやら市内の某スーパー位にしか無い様ですが、餡子を蒸しパンの粉にブチ込んで良〜く混ぜ、胡麻まみれで蒸し上げるシロモノ。

餡子を上に塗るとか中に仕込むという常識的なやり方じゃ無く、一緒に混ぜて蒸し上げるストロングスタイルでして、正直言って見た目はとても宜しくない!他の街で見たコトは有りませんが、でもナンだか妙に懐かしい味がするのヨ。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ
↑↑ 押してもらえると更新する張り合いが出ます ↑↑

★明日は「謎のペルー料理」の試食記です★

(参考リンク)
★「前橋まるごとガイド」前橋観光コンベンション協会HP
http://www.maebashi-cvb.com/
★「前橋城」ザ・登城HP 
http://woodone3831.web.infoseek.co.jp/kanntou/
c-1-3-4-4-siro-MAEBASHI.html


(それにしてもマーブルは何故しみずストアーにしか無いンだろうか?)



| 2009.12.21 Monday (08:08) | いいだんべぇ群馬南 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.19 Wednesday (08:08) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS