きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 772 【お魚料理39】企業城下町と「太刀魚の煮干し」‥玉野 | main | 774 【やきそば44】スイトンと「ひるぜん焼きそば」 >>
773 【鳥人列伝06】鳥人幸吉フェアー‥備前八浜


幸吉さんの葬られた静岡・磐田市の大見寺には、約二分の一スケールの再現模型が有りますが、流石に出身地だけ在って備前八浜にゃ、原寸大模型がございました。コレで幸吉さんは本当に空を飛んだらしい

東日本大震災の被災者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復興成ります事を期待してます。今はカラ元気を出して乗り切ろう

瀬戸内に面した静かな海の街、岡山・玉野市への訪問記は続きます。一体ナニしにソコへ行ったかと申しますと、そりゃ勿論「仕事しに」でございますヨ。私メは講釈師と云う寄席の芸人でして、つまり講談を読みに行った訳ですナ。

但し常設の寄席ナンてぇのは東京・横浜・名古屋・大阪くらいにしかございませんで、失礼ながら玉野市に在る訳が無い!つまりホール寄席と云う、既設の何らかの会場を寄席に見立てて行う、臨時の興行スタイルでございます。

ただ今回はホール寄席ですら無い。イヤ考え様に依っては本物のホールなのかも知れませんが、中学校の体育館と云う少々不得手な状況。無駄に広くて気は散りますし、音の反響が殆ど無く、普段なら余りやりたく無い環境です。

ま、お仕事ですから‥どんな環境でも一席申し上げますのが、我ら「プロの寄席芸人」でございますが、ソレでも正直嬉しい状況じゃ無い。ですが私メは今回大喜びで、東京から七百勸幣緡イ譴振面郢圓泙濃欧辰織鵑任瓦兇い泙后


備前八浜は、瀬戸内交易の船の寄港地として大きく栄えた港町。その残影は今も濃く、造り酒屋や醤油屋などが、盛業・廃業を含め多数残ってます。ココから千石船に乗せ、諸国諸港へ送り出してたンでしょうナ

と云うのは、私メ一族の菩提寺たる静岡・磐田市の大見寺と云うお寺の境内に墓が在る、公式記録に残る限り「世界で初めて翼で空を飛んだ」浮田幸吉さんの故郷が玉野市八浜と云うトコで、ソコの中学校から呼んで貰ったから。

幸吉さんの事を知って「講談にしなくちゃ」と志し、玉野まで取材に来たのは何年前?ソレまで市名すら知らなかった街なのに(流石に宇野港だけは知ってましたが)、大勢の方にその際とても良くして戴き、すっかり気に入った街。

やがて完成した「講談・鳥人幸吉」を、東京や磐田じゃ幾度幾十度も高座に掛けてたンですが、肝心の「幸吉さんの故郷・玉野」で読む機会が無く、あぁ残念無念と私ぁ悲嘆に暮れて居ったンですが、お呼びが掛かってあぁ嬉し!

中学校の校庭には生徒達の出店が並び、体育館じゃ街の皆さんの演芸披露が続く中、私ぁ「講談・鳥人幸吉」を一席読んで参りました。音響は案の定メチャクチャでしたが、ソレでも私ぁ満足でございました。また呼んで下さいナ。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「岡山県真庭市ひるぜん高原」への訪問記です★

(参考リンク)
★「八浜町並みコース」玉野市観光協会HP
http://tamanokankou.com/kankou/hachihama.htm
★「浮田幸吉」日本航空館HP
http://www.saitama-subaru.co.jp/plane/07_ukita.html
★「鳥人幸吉フェアー」八濱漂泊傳ブログ
http://sholly.blog.ocn.ne.jp/akaaokiiro/2011/11/post_43de.html
★「ヒ ラ」ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑HP
http://www.zukan-bouz.com/nisin/hira.html

(関連する記事)
★「目次 【鳥人列伝】シリーズ」
http://rifuh.jugem.jp/?cid=53

(この『幸吉フェアー』と云うのが実に牧歌的な祭りで、妙に嬉しく成りました
)

八浜を散歩してたら、スーパー()で見付けました「ヒラの切り身の塩焼き」。ヒラと云うニシンの親分みたいな魚が瀬戸内に居りまして、岡山県と広島県東部でしか食べないと云う珍しいモノ。小骨が矢鱈多いんで、ハモの様に全身細かく包丁を入れないと食べれない。数年前からその存在を知ってましたが食べる機会が無く、今回が初めて。実に美味!




| 2011.11.24 Thursday (07:56) | もんげぇ〜岡山南部 | - | - |
スポンサーサイト



| 2020.08.10 Monday (07:56) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS