きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 794 【団子饅頭29】大くたびれの鞍馬山と「牛若餅」 | main | 796 【お米料理55】鹿しか居らン東大寺と「柿の葉ずし」 >>
795 【京都上ル下ル16】鞍馬の山賊と「木の芽煮」


鞍馬山は紅葉がホント綺麗で、晴れてたらもっと綺麗だったンでしょうケド、わざわざ登った甲斐が有りました。コレほど鮮やかだと西洋人達にも理解出来る様で、方々から感嘆の声とシャッター音が聞こえてました

東日本大震災の被災者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復興成ります事を期待してます。今はカラ元気を出して乗り切ろう

何年か前の今頃の事でございましたが、東京都の西果ての山ン中に在る奥多摩町の更に山奥の鍾乳洞へ行った帰り道。最初は地元の駐在所の、やがて麓の警察本署のパトカーが、対向車線を次から次へ大急ぎで走って行く。

一体ナニが起きたのか?飛行機が墜落したとか大事故が起きたのか?でもそんな音は無かったし、黒煙も上って無いのにと不思議がり乍ら大都会へ戻ったンですが、翌朝の新聞を見て真相が判り、私ぁ驚いたンでございます。

ナント「山賊が出た」らしい!山奥に住み着いた浮浪者が中高年ハイカーを襲ったらしく、パトカーはその緊急配置だった様ですが、「山賊が今時、しかも奥多摩とは云え東京都内に出たのか!」と、ホント吃驚仰天でございました。

何でそんな事を書いたかと申しますと、京都・鞍馬山へ登ったのを嫁サンに報告しましたら、「一人で登ったの?」と吃驚されたから。嫁サン曰く「鞍馬から貴船に掛けての山奥の一人ハイクは、山賊が出たりして危ないトコ」らしい。

          
鞍馬寺から降る途中に、有名な「鞍馬の火祭り」の舞台と成る「由岐神社」が。元々は御所内に在ったソウですが、朱雀帝の勅命により、都の北方鎮護を司る為に遷座したンだとか。いや御神木の太いコト太いコト

流石に山賊は冗談ですが、「女性の一人歩きは止めましょう」と云う看板が実際に立ってるトコで、何らかの「良からぬコト」が現実問題として在ったンでしょうネ。でも大丈夫だヨ、お前サンのご亭主は大体が「女性」じゃ無いからサ。

しかも鞍馬寺から奥の院を通って貴船神社への山越えだナンて、そんな草臥れそうな事は、私ぁコレっぽっちも考えてませんしネ‥。むしろ「浮気でもしてるンじゃ無いか?」と疑われたのかと、吃驚した位。残念乍ら今回は独りだ。

悩んでる人に「クヨクヨするなよ、人生は辛い登り坂ばかりじゃ無いゼ。そのうち一気に楽な降り坂ばかりに成るから」ナンぞと無責任な励ましをするコトがございますが、正直言って中年のオッサンの筋肉には降り坂の方が辛いヨ。

登りはケーブルカーで楽したンですが、叡山電車の駅まで降り切った時にはもう脛がパンパンであぁ痛い。ココから弁慶退治に五條大橋まで出撃した牛若丸は、一体ドウ云う体の構造をしてたンでしょうか?尤も伝説ですけどネ。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「奈良県奈良市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「鞍馬の火祭り」由岐神社HP
http://www.yukijinjya.jp/
★「鞍馬の火祭り」京都新聞HP
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/himatsuri/kurama/
★「鞍馬から貴船神社へ」AOI流・女の一人旅HP
http://www5f.biglobe.ne.jp/~aoihimiko/tabi_3/kurama.html
★「深山に香る四季の幸」くらま辻井HP
http://www.kuramatsujii.jp/
★「門前の名物/鞍馬寺・木の芽煮」京都新聞HP
http://www.kyoto-np.co.jp/info/sightseeing/monzenmeibutsu/101118.html

(この山中で修行してたならば、確かに牛若丸の足腰は強かったでしょうナ
)

やっぱ鞍馬まで来たら、名物「木の芽煮(きのめだき)」を買って帰らんとネ。最近は辛い中国山椒(花椒)が持て囃されてますが、日本人だったら昆布と和山椒の葉と実をお醤油で炊いたコレが一番ですヨ。あぁ美味い




| 2011.12.14 Wednesday (08:41) | 京都上ル下ル・洛北 | - | - |
スポンサーサイト



| 2020.04.06 Monday (08:41) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS