きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 824 【お魚料理45】「佃煮」の発祥地は佃島です | main | 826 【カレー焼08】新顔を発見!四日市の「カレーベイク」 >>
825 【お米料理57】新作講談と「三重大学カレー」‥津市


西国三十三ヶ国の旗頭・藤堂家の居城「安濃津城」址のほぼ真ん中に建つ、津市「高山神社」。初代高虎公を祀ったお社で、その御法名から採られたお名前だとか。ご挨拶として五百円、お賽銭に弾ンどきました

東日本大震災の被災者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復興成ります事を期待してます。今はカラ元気を出して乗り切ろう


私ぁ高座で「講談」と云う話芸を申し上げるのが仕事でございまして、この世界に入ってもう二十数年に成りますナ。有難い事に数年前、諸先輩方の御推挙により「真打」に昇格させて戴き、只今の芸名を襲名した訳でございます。

尤も芸歴二十数年程度じゃ、例え真打だろうと「屁」みたいなモンで、まだまだヒヨッコ洟垂れ小僧でございますヨ。芸道に終わりは無く、死ぬまで修行だソウでして、根を詰めると早死にする。のんびりじっくりヤレと言われてます。

ソレをイイ事に‥一寸のんびりし過ぎな感が強いンですが、古典講談の継承のみならず、意欲的に様々なジャンルの新作講談作りにも手を出して居ります。ソコで「人物伝を作って、ソレを口演して呉れ」と頼まれる事が有ります。

結構あるンです。但し、お賽銭を弾まないと神様仏様が願いを叶えて呉れない様に、出すモン出して貰わないとソレは作れない。そりゃソウよ、私メだって生活が掛かって居りますからネ。私メらはプロで有って、アマチュアじゃ無い。


安濃津城は広大なお堀に囲まれた、三十二万石の大々名・藤堂家に相応しい大きなモンだったソウですヨ。高山神社(こうざんじんじゃ)にしろ城址にしろ、会場のソバだったンで楽屋から抜け出して行って参りました

でも己の満足の為に、「新作講談」を作る事も有る。実は一昨年、放送作家わぐりたかしセンセとタッグで、「阿漕の平次」と云う語源講談の会を三重・津市で開いて貰ったンですが、その時(別会場で)もう一つ会を開いて貰った。

津市のお大名だった「藤堂和泉守高虎公」と云う武将の古典講談を、たまたまネタとして私ぁ持ってましたンで、ソレを読む会を開いて貰ったンです。若くて浪人してた頃の高虎公が、空腹の余りに餅を食い逃げすると云うお噂だ。

処がお出でのお客様にはお喜び戴けなかった様で‥私ぁ頭抱えて帰京したンですが、後日真相らしいモンが判った。曰く「津に来る講釈師はみんな同じ食い逃げの話ばかりする」「先日来たのもソウだった」と御不興だったらしい。

「ならば他のをやってやろうじゃ無ぇか」と知恵を絞り、敢えて高虎公の一代記を新作として作りあげたンですが、念ずれば叶う!ソレを津市で、数百人のお客様の前で口演する機会に恵まれまして‥。今度はお歓び戴けた様です。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「三重県四日市市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「津城址と高山神社(津市丸ノ内)」歴史の情報蔵・三重県庁HP
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/rekishi/kenshi/asp/meiji/detail.asp?record=504
★「藤堂高虎が見た津を歩く」歴史の歩き方HP
http://onishi-lab.jp/rekiaru/018.html
★「『三重大学カレー』と『付属牧場で育てた松阪牛』」全国大学生協HP
http://www.univcoop.or.jp/active/cooperation/vol22.html

(関連する記事)
★「070 【団子饅頭01】伊勢のなが餅、高虎ゆかり」
http://rifuh.jugem.jp/?day=20100118
★「309 【揚げモン04】味噌カツの元祖は名古屋じゃ無く、津です」
http://rifuh.jugem.jp/?day=20100905

(最近、根多のストックが有り過ぎまして、昨秋のお噂が今頃出て来てます
)

津市にキャンバスの在る、国立三重大学の練習船名物のカレーを大学当局が売り出したソウです。鰹だしの効いた和風なモンでして、同校の学食でも食べれるンだとか。独立行政法人に成って以来、国立大学も商売しないと駄目な様で大変ですナ。でもコウ云う取り組みは実に楽しく、もっと色々やって下さいヨ!そう云えば‥最初の高虎講談の時、ご不興を被った方々の中に、三重大学の教授センセも確か居られました




| 2012.01.12 Thursday (07:51) | 三重ってナニ地方? | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.13 Friday (07:51) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS