きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 894 【スイーツ45】梅が咲いたゼ!湯島天神と「ほのか」 | main | 896 【講談の舞台10】佐野源左衛門の駆付け‥佐野市 >>
895 【やきそば54】もと県庁都市・栃木と「じゃがいも入り焼きそば」


かつては栃木県の県庁都市だった「栃木市」。その中心街「蔵の町大通り」は最近、観光客が喜びソウな街並みに整備されましたヨ。数年前は朽ち果てた見世蔵が何軒か残ってましたのに、すっかりリニューアル!

東京都を除く全国四十六道府県の中で、県名と県庁都市名が合致してるトコがどの位在るか御存知ですか?二十八府県が合致してまして、九州の七県は全て合致してると云う判り易さ。誰です?福岡は博多市だと思ってる人は。

と云う事は‥残り十八道県が違うと云う訳で、覚えるのが面倒臭いと云う方が多いでしょうナ。ソウ云う県に限って県庁都市が変更されてたりして、あぁヤヤコシイ。特に関東はその手が多く、神奈川・埼玉・群馬・栃木で変ってる。

神奈川は神奈川町から横浜市に県庁が変り、埼玉は岩槻市から浦和市に県庁が動いてる。尤も神奈川町は吸収され「横浜市神奈川区」に成りましたし、岩槻も浦和も合併で同じ「さいたま市」に成ったから、比較的損害は少ない。

問題はライバル市同士で県庁の取り合いをやった場合で、群馬は高崎市から前橋市に県庁が移り、栃木は栃木市から宇都宮市に県庁が奪われたと未だに騒いだり致します。そう、栃木県の県庁都市は元々「栃木市」だったのヨ。


市中心部を流れる「巴波川(うずまがわ)」を使い、江戸との水運が発達し古くは商都として栄えた栃木市は、当時の繁栄を残す豪勢な蔵が方々に立ち並び、「下野(しもつけ)の小江戸」として再浮上を目指してますゼ

明治の廃藩置県で「旧下野国」は南北に分割されまして、北半分は「宇都宮県」・南半分は「栃木県」に成ったそうナ。ま、日本中こんな調子で県の数が多過ぎたンで大胆な整理統合をし、旧下野国は一つの県に纏められる事に。

宇都宮は大きな城下町として、栃木市は北関東有数の商都として栄えて居り、両県合併の際に「県名」も「県庁都市」も両方とも栃木市が取った!そのまま行って呉れれば我々は悩まなかったンですが、事態は俄に動きます。

詳しい経緯は省きますが、当時の県令(今の県知事)サンの独断で、宇都宮市へ県庁が移ってしまった‥。栃木市が県庁だったのは、両県合併から僅か八年だけ。勝った側はキッパリ忘れても、負けた側は恨みを忘れませんナ。

恨み骨髄で、百数十年前の事を未だに騒いでる人が居るから余所者には面白い。お陰で県名と県庁都市名が合致しない十八道県に、栃木県が入る事に成っちまったンですが‥。でも高崎に較べりゃ、溜飲は下がるンじゃない?

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「栃木県佐野市葛生町」への訪問記です★

(参考リンク)
★「鯉のいる街、蔵の街」栃木市観光協会HP
http://www.kuranomachi.jp/
★「関東の小京都・栃木市」カメラマンweb HP
http://www.digi-came.com/jp/modules/pguide2/index.php?id=19
★「栃木・下野の小江戸」まちあるきの考古学HP
http://www2.koutaro.name/machi/tochigi.htm
★「じゃがいも入り焼きそば」地産地消を楽しむHP
http://www.geocities.jp/yamapon65/tisantisyou_yakisoba_totigi.html

(関連する記事)
★「目次 【やきそば】シリーズ」
http://rifuh.jugem.jp/?cid=33

(地元資本の福田屋デパートも閉じてしまい、消費不況は深刻化してますナ
)

栃木県南部(=昔の栃木県)はドウいう訳か「焼きそばにジャガイモを入れる」トコが多く、ココら辺一帯じゃ大して珍しく無いンですが、街興しの為にゃ「先に騒いだ者の勝ち」‥と栃木市は我がモノとしてアピールしてます。同じ様にココら辺一帯で食べられてる「いもフライ」と一緒に食べましたが、コレだけで小芋を一体幾つ食べた事に成るンでしょうか?我が女房殿はジャガイモを入れるのをすっかり気に入った様で、自宅でフツーに焼きそばを作る時も、芋を入れて来る様に成っちまいました。肉が入って無くても、芋を入れて炒めると必要以上に美味いから不思議




| 2012.03.20 Tuesday (07:40) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.11.17 Sunday (07:40) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS