きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 896 【講談の舞台10】佐野源左衛門の駆付け‥佐野市 | main | 898 【お肉料理21】国宝と広島の郷土食「やおぎも」‥福山 >>
897 【揚げモン34】田沼意次公と田沼の「唐揚げ」


今から八百数十年前、ココら辺の領主だった佐野讃岐守によって創建された「一瓶塚(いっぺいづか)稲荷神社」。田沼町はこのお稲荷さんの門前町で、六斎市が開かれて賑やかだったンだそうナ。立派なお社です

栃木県の南西部を訪ねて居ますが、私メら講釈師が基礎中の基礎としてまず学ぶ、修羅場「源左衛門 駆付け」に出て来る佐野源左衛門サンのお墓を、現在は佐野市に吸収されました旧葛生町で発見し、吃驚仰天でございました。

佐野地域のご領主だったから「佐野氏」と云う訳ですが、この一族は「関東新皇」こと平将門公を討伐した、「俵藤太」こと藤原秀郷公の子孫でございますナ。昔の有名人は「ふたつ名前の仇名」を持ってる人が多くてヤヤコシイね。

佐野家は名門だけに永々と続き、最後は徳川将軍家の配下に成って幕末まで家名は保たれますが、長い歴史の有る分だけ分家が沢山出来、そン中に「田沼」と云う分家が生まれます。佐野市に吸収された旧田沼町がご領地。

江戸時代中頃、その「田沼家の末裔」と称する人が政界の大立者に相成ります。その大立者こそ「田沼意次」と云う人で、皆さんも名前は学校で学んだ筈です。小姓から身を興して幕府老中に進み、重商政策を取った経済改革者。

             
田沼町の西端に「出流原弁財天(磯山弁財天)満願寺」と云う、朱塗りのお堂が印象的な天空のお寺がございます。すぐ側に綺麗な泉が在り、風光明媚なトコ。お堂に登るのは大変で、足がパンパンに張っちまった

江戸時代でも稀な大出世した人で、当然妬む者は出て来る。政敵たる松平定信と云う人により「賄賂大好き」てなレッテルを貼られ、稀代の悪人の様に思ってらっしゃる方は多いでしょうが、当時は経費として賄賂を貰うは当然。

時代の遷移により常識は変るのが当り前で、現代の倫理で昔を計るのは間違ってる。ま、ソレはさて置き、意次公は己に箔を付けようと、偶々同じ名前の田沼家の末裔と云う事にしちまった。コレも当時としてはフツーの事です。

処がソコを判ってなかった人が居た。ソレは佐野家の本当の末裔で、幕府の旗本だった佐野善左衛門と云うお方。「田沼といえばウチの分家だな、ならば本家の自分を取り立てて呉れ」。必死に願ったが、意次公からすりゃ煙たい。

適当にあしらってる内に善左衛門は恨みを抱き、意次公の子息を江戸城内で殺害する暴挙に‥。善左衛門さんも当初は悪意は無かったンでしょうが、歴史とはホント無常なモンで、空気を読む能力だけは今も昔も同じの様です。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「広島県福山市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「一瓶塚稲荷神社」神社探訪・狛犬見聞録HP
http://5.pro.tok2.com/~tetsuyosie/tochigi/sano/iltupeiduka/iltpeiduka.html
★「出流原弁財天(佐野市)」栃木を楽しむ!!ブログ
http://ameblo.jp/pool/entry-10049008488.html
★「大名録・田沼氏」歴史の勉強HP
http://roadsite.road.jp/history/daimyo/tanuma/tanuma.html
★「鳥喜」あぶらー・栃木あたりでついでの食べ歩きブログ
http://goneko.net/tochigi/2011/09/28/%E9%B3%A5%E5%96%9C%EF%BC%88%E4%BD%90%E9%87%8E%E5%B8%82%EF%BC%89/

(関連する記事)
★「460 名誉回復はワイロ最中で・・遠州相良
http://rifuh.jugem.jp/?eid=493

(田沼意次公の名誉回復は少しずつ進んで居りまして、私ぁ嬉しい限りです
)

旧田沼町の佐野市民病院の真ン前に、エラク繁盛してる「鳥喜」と云う鶏肉屋さんがございます。いや「唐揚げ屋」と云った方が良い感じのトコで、揚げたての鶏が山ほど積まれソレが山ほど売れて行く店で、数年前たまたま通り掛かり興味を持って買って以来、私メはココが好き!田沼町へ時々行くのはココと道の駅が目当てと言っても過言じゃ無いンですが、地元の方はグラム単位じゃ無く、「二千円」「三千円」と云う漱石サンの単位で買って行く‥。少ししか買わない私メは、ナンだか恥ずかしく成ってしまうと云う、変な意味で困った店ですヨ。でも美味いです!




| 2012.03.22 Thursday (07:53) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.12.11 Monday (07:53) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS