きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 855 【今川焼き10】海亀が来る逗子で「亀焼き」 | main | 857 【粉なモン15】甦った川原町界隈と、岐阜名物「なま麩」 >>
856 【スイーツ42】真っ白な伊吹山と真っ赤な「柿羊羹」‥大垣


関ヶ原合戦で西軍の拠点だった「大垣城(巨鹿城)」は戦後、徳川家のモノに。最初の三十数年は城主がコロコロ変わり、漸く落ち着いたのは銅像の「戸田氏鉄」公が十万石で入ってから。幕末まで十一代続きます

東日本大震災の被災者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復興成ります事を期待してます。今はカラ元気を出して乗り切ろう

冬らしく、寒いトコへ参るのが続いて居ります。ホントなら冬らしく、炬燵に立て籠もるのが続いてますとやりたいンですが、方々へ行かせて貰ってますンで有難く感謝致しませんと。でも‥雪の多い地域は正直ご馳走サマですゼ。

オッサンに成って肉体は脂身が付き過ぎて寒地仕様化しましたが、育ちは雪が数年に一度しか降らない静岡市‥と全く暖地仕様な私メでして、とにかく雪道・氷道が苦手。今冬は一体何度転びましたかネ、雪靴の意味が無いヨ。

でも雪景色を見るのは大好きと、ホント勝手なモンでございます。雪の無い場所から、近くの雪山を眺めながら一杯やりてぇ!って贅沢なオッサンだ。そんな私メ、今回参りましたのは岐阜・大垣市。数年に一度くらい行くトコですナ。

東海道新幹線を毎冬、決まった様に遅らせて呉れる関ヶ原を控えた寒いトコで、ココも結構雪が降る街。日本海の寒気が「若狭湾⇒琵琶湖⇒関ヶ原⇒濃尾平野」と吹き抜けるルートの真下で、岐阜・愛知両県は雪が随分と降る。


大垣の西・関ヶ原の向うにゃ「世界気象観測史上最高の約十二mの降雪を記録」した事のある伊吹山が、厳冬期の真っ白な姿を見せてます。山頂が雪雲に隠れてばかりで、こんな綺麗な伊吹を見るのは久し振り

但しその寒気も静岡・浜松市辺りまで来ると弱っちまう様で、もう少し東側の静岡市辺りにゃ雪を運んで来ちゃ呉れない‥。お陰で雪ってぇのは、富士山や南アルプスの上に積もってるお飾りだと、子供時分の私ぁ思ってましたナ。

でも静岡を朝方通ってく「上りブルートレイン」の下廻りが真冬は真っ白だし、「上り東海道新幹線」も真冬はダイヤが乱れるのが通例で、北や東の方が寒いのは判るけど、西の方にも寒いトコが在るのか!う〜む行ってみたい‥。

ソレが全ての静岡市民が深く崇拝する「ごんげん様(=徳川家康公)」が政権を掴んだ、天下分け目の大合戦の在った「関ヶ原」と云うトコだと知ったのは、生まれ故郷の東京に戻った後でした‥。ソレは大垣の西に位置する狭い谷。

東京から大垣まで直通夜行快速が有りましたンで、昔はソレで何度か参りましたが‥最近廃止に成っちゃったらしい‥残念だねぇ。でも今回は街中に雪は無く、伊吹山は真っ白と理想通りでしたンで、楽しく過ごさせて貰いました。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「岐阜県岐阜市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「芭蕉元禄の街 大垣観光ポータル」大垣市観光協会HP
http://www.ogakikanko.jp/
★「大垣城と銅像」よだぎぼママの雑記帳ブログ
http://yodakibo-060716.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_a63d.html
★「伊吹山の気象」デジタルソリューションHP
http://www.digitalsolution.co.jp/nature/ibuki/Information/old-story/kishou.htm
★「おかげさまで創業250周年」柿羊羹のつちやHP
http://www.kakiyokan.com/

(市街各地で清水が湧いてますが、地下水だけあって外気より暖かいです
)

かつては「大垣」じゃ無く、「大柿」だったンだそうナ‥。講釈師が言うと眉唾感が漂いますが、ココら辺は昔から「実の大きな柿」の産地だったソウで、家康公も関ヶ原合戦前にソレを食べ「われ戦わずして大垣(大柿)を得たり」とお歓びに成られたと云う、ホント眉唾な伝説がございます。そんな大柿を使った大垣の古くからの名物で、「柿羊羹」と云うモノがございますヨ。材料は柿と砂糖と寒天だけで、一旦干し柿を寒に晒して作ってから、改めて羊羹にしてるンだってサ。手間が掛かってますナ




| 2012.02.11 Saturday (07:44) | 岐阜はエエとこやで | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.12.11 Monday (07:44) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS