きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 856 【スイーツ42】真っ白な伊吹山と真っ赤な「柿羊羹」‥大垣 | main | 858 【名物パン64】「やなな」の奮闘と、岐阜の「おけパン」 >>
857 【粉なモン15】甦った川原町界隈と、岐阜名物「なま麩」


岐阜市の長良橋の近くには、通称「川原町(かわらまち)」と呼ばれる、江戸時代の長良川の港町がキレイに整備されて残ってます。空襲での焼失を奇跡的に免れたこの街並みは、観光地として急浮上中だソウです

東日本大震災の被災者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復興成ります事を期待してます。今はカラ元気を出して乗り切ろう

関ヶ原を控えた大垣市に続き参りましたのは、同じ岐阜県の県庁都市・岐阜市。名古屋・静岡・浜松の政令指定三市に次ぐ、東海地方じゃ第四の街でございます。ココにゃ何度も来てンですが、今回新たな発見させて貰いました。

JRや名鉄電車の岐阜駅から、繁華街の柳ヶ瀬に掛けての狭い地域しか知らンかったンですが昨夏、静岡の実家で東海地方のローカルTVニュースを見てたら、「川原町」なる江戸時代の街がキレイに整備され人気だとやっていた。

はて?岐阜駅近辺にそんなトコ在ったかしらん。長良川の畔に在るらしいンだけど、長良川の畔って随分長いからなぁ。で、調べてみましたら‥ドウやら岐阜市は「二重都市構造」とでも言うべき街らしい。駅前と違う街も在るらしい。

ソレが百万都市なら何重構造に成ってても不思議に思いませんが、人口四十万ちょっとの地方都市の癖に生意気じゃん(失礼)。でもソレは歴史的な理由に依るモノで、二つの隣り合った城下町が合併して出来たのが岐阜市だ。


旧岐阜町の総鎮守「伊奈波神社」は、美濃国の三ノ宮。社伝じゃ千九百年以上前から在るソウで、県内随一の初詣客を集めるとの事。織田信長公が改名させる前、この街は「稲葉山(井ノ口)」と呼ばれてました

信長公の時代の城下町「岐阜町」と、江戸時代の城下町「加納町」の二つが合わさって出来たのが現在の「岐阜市」ナンだって。岐阜町と加納町の存在は知ってたケド、時代によって別の名前で呼んでただけだと理解してた‥。

JRや名鉄電車の岐阜駅の在るのは「旧加納町」らしく、ソコからバスで北へ十数分移動しないと「旧岐阜町」に行けないらしい。そして懸案の川原町は、旧岐阜町の方だと‥。成る程ねぇ、加納町を岐阜市の全てと思ってました。

ソレで数年前まで岐阜駅前から、北の方へ向かう路面電車が走ってたのか。尤も世界の潮流に堂々逆行し、岐阜は路面電車を全廃させちゃったンで仕方無い。雪が舞い散る岐阜市内を長良川の畔まで、バスで移動しましょうか。

真冬に鵜飼が行われてる訳も無く、目的地の川原町界隈は閑散としてます。雪は積もる程じゃ無いンで安心してブラつけましたが、路面電車が無くなり不便に成ってから、逆に整備が進んだと聞きました。岐阜市は謎だらけです。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「岐阜県岐阜市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「川原町の古い町並み」岐阜観光コンベンション協会HP
http://www.gifucvb.or.jp/sightseeing/detail_kankou.php?eid=00013
★「川原町周辺散策」老舗旅館・十八楼HP
http://www.18rou.com/kawaramachi/
★「江戸時代の『岐阜町』の様子」お話・岐阜の歴史HP
http://book.geocities.jp/gifurekisi/rekisi/no4.htm
★「岐阜総鎮守」伊奈波神社HP
http://www.inabasan.com/
★「170年続く長良川の味・生麩と角麩」長良川おんぱくHP
http://nagaragawa.onpaku.asia/onpaku/column/4ef93113e1382318e9000008

(長良橋を挟ンで長良川温泉の対岸、岐阜城の麓が『川原町』でございます
)

愛知・岐阜両県じゃ「生麩」「角麩」を良く使いますナ、特に岐阜市周辺が著しい様な気が‥。波打った小さなトタン状のグルテンの塊りで、ホントに「なま」。おでんに入れたり煮物に入れたりと、関東の「ちくわぶ」的なポジションの食べ物と云えばお判り戴けましょうか?不思議な事に同じ東海地方なのに、私メの育った静岡県内じゃ滅多にコレを見ないンですヨ。愛知・岐阜両県と静岡県じゃ、やっぱ文化の差が大き過ぎます




| 2012.02.12 Sunday (08:38) | 岐阜はエエとこやで | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (08:38) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS