きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 889 【お魚料理48】義仲公のご墓所と「氷魚の佃煮」‥大津 | main | 891 【団子饅頭36】二つの道に分かれる街と「うばがもち」・・草津市 >>
890 【お米料理61】東海道と中山道の分岐点で「はこずし」・・草津市


このナンて事ない交差点が、日本の二大幹線だった「東海道」と「中山道」の分岐点でございます。右に曲がるのが東海道、左のトンネルを潜って行くのが中山道‥。因みにトンネルの在る高台が「旧草津川」です

滋賀県に来てる私メでございます。風寒〜い大津の琵琶湖畔をフラフラしてましたが、折角来たンだからもう一ヶ所行ってみよう!はてドコに行こう?滋賀県は見て廻りたいトコが多く簡単に絞れませンが‥そうだ草津に行こう!

と云っても草津温泉じゃございません、ソレは群馬県。滋賀県のは草津市と云う昔の宿場町で、温泉は湧いてません。いや「草津温泉」なる銭湯が在る‥と聞いてますが、ソレは草津市のドコに在るンじゃろうか?全く判らんナ。

何しろ今回は行き当たりバッタリでございまして、事前にソレを思い付いてればチャンと調べ、湖風で冷え切ったこの身体を温めに参りますが、観光協会辺りでソレを聞いたらば、「ま〜た間違えた阿呆が来たワ」と思われかねん。

だってお約束でしょ、ココに来たら「温泉はドコや」とボヤいてみるのは。街の規模と云い重要性と云い、ドウ考えても滋賀の方が上の筈なのに‥知名度は圧倒的に群馬の方が段違いで上だと、阿呆な東京住人は思うンですヨ。


「天井川(地面より高いトコを流れる川)」の代表例として教科書に載っていた「草津川」は、十年前に市の南方に付け替えられ、前の川だった場所はまるで万里の長城の様に、街のど真ン中を貫いてます。面白い風景

ですが講釈師的には滋賀・草津市は、大変に重要なトコでございます。何しろココは、東海道と中山道が分岐(合流)する大切な場所。京都と草津宿との間は、両街道が同じ道を共用してた(実際は東海道優先だった様ですが)

ドウしてこの区間だけ共用だったか?私ぁ学者センセじゃ無いから知りませンが、草津より東は鈴鹿峠を越えて三重県に出、海沿いに江戸まで行く東海道と、琵琶湖沿いに岐阜県に出、山ン中を江戸まで行く中山道に成ってました。

この伝統は今も引き継がれ、「新名神高速(=東海道ルート)」と「名神高速(=中山道ルート)」が合流(分岐)するのはやっぱり草津でございます。昔と今じゃ上り下りは逆転してても、ココが上方の玄関と云う扱いナンでしょうネ。

私ぁ東海道の宿場(駿府宿)で育ち、只今は中山道の宿場(板橋宿)に住むと云う根っからの宿場下郎ですンで、両道が合わさるトコへ行って見たかった。ですがイザ行って見ると‥余りにもナンて事ないトコで‥妙に安心しました。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「滋賀県草津市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「温故知新が香る街」草津市観光物産協会HP
http://www.kanko-kusatsu.com/
★「追分道標(滋賀県草津市)」滋賀県観光情報HP
http://www.biwako-visitors.jp/search/spot.php?id=916
★「草津川の将来を考える」滋賀県庁HP
http://www.pref.shiga.jp/h/kako/kaisyu/kr_syourai.html
★「草津名物はこずし」老舗・寿司清HP
http://www3.ocn.ne.jp/~sushisei/hakozushi.html
★「草津あおばな」草津市役所HP
http://www.city.kusatsu.shiga.jp/www/contents/1224124617221/

(両道の分岐点が仰々しく飾り立てて有ったら『嫌だナ』と思ってたンですヨ
)

健康に良いらしい「草津市の花あおばな」をブレンドしたお茶と、宿場の名物らしい「鱧のはこずし」でお昼御飯。琵琶湖から結構距離が有りますンで風は寒くなく、安心してこの献立にしたンですが‥やっぱり暖かいモンにしとけば良かったナ。いや充分以上に美味しかったンですが、湖風で芯まで冷え切ったこの身体にゃ、チョット向いて無かった様な‥




| 2012.03.15 Thursday (07:17) | 琵琶湖は滋賀の1/6 | - | - |
スポンサーサイト



| 2020.09.23 Wednesday (07:17) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS