きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 890 【お米料理61】東海道と中山道の分岐点で「はこずし」・・草津市 | main | 892 タンポポのお酒の栓あけたら/ありがとう >>
891 【団子饅頭36】二つの道に分かれる街と「うばがもち」・・草津市


草津宿の追分道標のすぐ傍に、堂々たる建物で奥行きの深い、現存するモノとしては日本最大の本陣が整備・公開されてます。同じ様な本陣が私メの住む板橋宿にも在りましたが、コレほど立派じゃ無かった筈・・

江戸時代の二大幹線道路、京都から江戸へ到る「東海道」と「中山道」が分岐(合流)する滋賀・草津宿へ来て居ります。今と昔は東京と京都の間の上り下りが逆転してますンで(首都が移転したから)、敢えて京都を先に書きます。

つまり両街道ともに、京都から二番目の宿場が草津でございますナ。そして海沿いの東海道ならあと五十一宿・約五百辧∋咳茲い涼羯各擦覆蕕△範蚕充圭鼻μ鷂淺憾渊臭劼發猟后舛て擦里蠅、江戸までの間に控えて居ります。

今の様に「列車だ」「車だ」「飛行機だ」と勝手に運んでって呉れるモンは無く(駕籠とか馬なら有りましたケド)、基本的にはテクテク歩いてかにゃ成らぬ。こりゃ大変だ、とてもとても私メにゃ務まらぬ。きっと二日目に脱落しますネ。

ソレでも昔の人は、京都・江戸間を東海道なら「十三泊十四日」で歩き通すのが通例だったソウで‥てぇ事は「一日辺り三十六辧廾未。その位なら歩けるかな?イヤイヤ川も有れば峠も有るンだ、やっばり二日目に脱落しますネ。


草津宿の京都寄りには、千二百年以上の歴史を誇る「立木神社」が御鎮座。境内は狛犬だけじゃ無く「狛鹿」まで居りますが、ナンでも茨城・鹿島神宮の神様が奈良へ行く途中、ココでお供の鹿を休ませたそうナ

明治以降はすっかり廃れた筈の旧街道を歩こうと云う人が、ココ十年で増えましたナ。京都から江戸までを歩き通すのは流石に無理として、宿場単位で散策を楽しもうとする人がムチャクチャ増えた。主に中高年の人ですけどネ。

何しろ私メは中山道の江戸から数えて最初の宿場「板橋宿」の中、しかも旧街道に面したトコに住んでるモンですから、毎日の様にリュックを背負い、地図を片手にキョロキョロしながら歩いてる人を見掛けます。集団も多いです。

板橋の場合は「東京から近い(‥板橋だって都内だ)」「昔が残ってる(・・気がするだけヨ)」てな理由で選ばれてると思うンですが、関西だと東海道・中山道の場合、きっと草津宿辺りがリュック客が闊歩してるだろうと踏んでました。

処が‥ありゃ?来た日が悪かったかナ?‥きっと関西の場合、関東より歴史が深い分、中高年が喜びソウな散策場所が多く残されてるンだろうナと、私ぁ理解するコトにしましたが‥。コレだけ立派な草津宿が勿体無い気がします。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「謎の金曜日 第663回/第664回放送」の記録です★

(参考リンク)
★「東海道五十三次、草津宿」400年前を見に行こう!!HP
http://tatutomo.cocona.jp/kusatu.htm
★「国指定史跡・草津宿本陣」草津市役所HP
http://www.city.kusatsu.shiga.jp/midokoro/m_01.html
★「1200余年の歴史を有する古社」立木神社HP
http://www.tatikijinja.net/
★「ふたつの街道が出会う大宿場・草津、うばがもちや」和菓子街道HP
http://www.trad-sweets.com/wagashikaido_11/pg95.html

(オフシーズンの数時間の訪問で判断するのは愚かでも、やっぱ勿体無い
)

草津宿の名物は、四百年前から「うばがもち」。織田信長公に攻め滅ぼされる前、南近江(滋賀県南部)の領主だった佐々木六角家の遺児を守り抜いた乳母が、生業の為に売った餅が最初だソウでして、餅米は全て地元・草津市産。甘過ぎない漉し餡で、コレなら左党のお父サンでも行ける!街道をテクテク歩いて草臥れた、上り下りの旅人達に愛されたンでございましょうナ。因みに作ってらっしゃる会社は、あの大手旅行会社「日本旅行」の母体だったンだってサ。流石に最大規模の宿場町です




| 2012.03.16 Friday (08:20) | 琵琶湖は滋賀の1/6 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (08:20) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS