きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 880 【粉なモン16】お殿様が始めたお祭りと岸和田「かしみん焼き」 | main | 882 【名物パン68】義仲公と木曽福島「牛乳パン」 >>
881 【団子饅頭35】春まだ浅き南木曽町と「五平餅」


「日本の電力王」福沢桃介翁がこよなく愛した信州・南木曽町。街の真ン中を流れる木曽川には、日本有数の木製吊り橋にして近代化遺産の「桃介橋(大正十一年完成)」が雄姿を現してます。因みに現役の橋です

東日本大震災の被災者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復興成ります事を期待してます。今はカラ元気を出して乗り切ろう

「あした私は旅に出ます、貴方の知らない人と二人で‥」と云えば、三十数年前の大ヒット曲にして、仲の悪さで知られた兄弟デュオ狩人の「あずさ二号」でございますが、あの曲で彼女が旅立ったのは「春まだ浅き信濃路」でした。

信州しなのの長野県は無闇矢鱈と広いトコでして、GW前にやっと春が来る北信地方と、太陽に近い南信地方じゃ雪融け時期にエラク差がございます。信州の北の果て・白馬村に一時住んでた私メは、ソコら辺は判ってる心算。

曲の彼女は新宿駅から「特急あずさ号」で旅立ったンだから、目的地は松本市や諏訪湖辺りだったンでしょうが、ひょっとしたら白馬村かも知れない。でも白馬の春の訪れは随分先だし、松本辺りだって結構待たなくちゃ成らない。

堪え性の無い私メで、春の訪れをソコまで待っちゃ居られない。ナニも信州まで出掛けて春を探さなくても構わなンのですが、例えは違うが「思い立ったが吉日!」。明日オイラは旅に出ます、岸和田の帰りに春まだ浅き信濃路へ。


ドウやら雪が前日に少し降った様で、街はうっすら雪化粧。でも信州も最南部の木曽界隈はタダ寒いだけで、根雪には成らないンで、数日経てば溶けちゃうンでしょうナ。ソレにしても「木曽は山の中」でございます

今冬、雪降るトコへ沢山参りまして、スッテンころころ転がってばかりの私メでございますが、雪の少ない信州と云えば‥南信の「木曽」か「伊那」だナ。伊那は昨秋参ってますンで、今回は久し振りに木曽へ行こう。どうせ遊びだし。

大雑把に言えば‥名古屋と松本の間の谷が木曽でして(大雑把過ぎかナ)、ご当地出身の文豪・島崎藤村センセが「全て山の中」と看破したトコ。その最南部にその名も「南木曽町」と云う街が在る。コレで「なぎそ」と読みますヨ。

岐阜・中津川市にも隣接する信州の南の果てで、木曽川沿いの狭いトコに民家が連なって居ります。そして木曽川には、古くて立派な吊り橋が‥。この街を通過するJRの特急列車からも橋が見えまして、前々から疑問に思ってた。

南木曽駅から吊り橋を目指して行けば‥「桃介橋」。慶応義塾の創設者・福沢諭吉翁の養子にして、日本の電力王と言われた福沢桃介さんか。桃介翁が木曽川に水力発電所を造った際、南木曽が気に入って作らせた橋だって。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「長野県木曽町」への訪問記です★

(参考リンク)
★「ぶらり南木曽」南木曽町観光協会HP
http://www.town.nagiso.nagano.jp/kankou/
★「桃介橋」南木曽町観光協会HP
http://www.town.nagiso.nagano.jp/kankou/midokoro/nagiso/midokoro_38.html
★「木曽川開発の歴史」関西電力東海支社HP
http://www1.kepco.co.jp/tokai/kisogawa/kisogawa.htm
★「伝える・おらほの味 五平餅はハレの日に食す」JA長野県HP
http://www.iijan.or.jp/oishii/2010/10/post_1428.php

(桃介翁は埼玉・吉見町の出身。川上貞奴と浮名を流したり、興味深い人だ
)

南信地方から愛知・岐阜県に掛けては、何処に行っても「五平餅(御幣餅)」が在りますナ。地域ごとに格好が違ってたり、味噌ダレの味が違ってたりして興味が尽きませんが、共通点は「手と口がベトベトに成る」




| 2012.03.06 Tuesday (07:30) | 広いぞ信州は!中信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.09.20 Wednesday (07:30) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS