きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 854 【名物パン63】川崎の人工ビーチと「アメリカンなランチ」 | main | 856 【スイーツ42】真っ白な伊吹山と真っ赤な「柿羊羹」‥大垣 >>
855 【今川焼き10】海亀が来る逗子で「亀焼き」


日本海側は各地で豪雪と云うのに、太平洋側の相模湾はお天気宜しく呑気そのモノ。逗子海岸は風が少々強く、ウインドサーフィンやディンギーヨットの人達が楽しそうに、そして爽快に遊んでました。あぁ羨ましい

東日本大震災の被災者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復興成ります事を期待してます。今はカラ元気を出して乗り切ろう

三浦半島の相模湾沿いに在る、神奈川・逗子市へ行って参りました。コレまで何度もココの海岸沿いを走る「湘南道路(国道134号線)」を通ってたンですが、いざ逗子の街中へ入ったのは今回が初めて。知ってる心算で知らん街。

何しろ逗子の湘南道路はもともと有料道路だった区間で、街中へ入る交差点が殆ど無い「城壁」みたいな道。折角の交差点を一つ見落とすと、北隣の鎌倉市まで行かざろう得ない構造。高速道路のIC的なモンだとお考え下さい。

尤も逗子の街中へ行く用事も無かったンで、わざわざ入ろうとして無かったンですけどネ。ソコで今回は「お化けトンネル」と一部の阿呆共が騒ぐ、旧国道の「名越隧道」を通って鎌倉から逗子の街中へ。旧国道はトンネルだらけだ。

何しろ三浦半島は殆どが小高い丘陵で、その谷間や海沿いの僅かな平地に無理やり人家が並んでる。東京も山坂だらけですが、ココはちょっと度合が激しい。よぅもマァこんな狭い半島に、鎌倉幕府や横須賀軍港が出来たモンだ。


鎌倉と云えば「鶴ヶ岡八幡宮」ですが、南隣りの逗子駅近くにゃ「亀ヶ岡八幡宮」が‥。鶴ヶ岡から分祀されたモノで、亀の甲羅の様に盛り上がった土地に建てたから「亀ヶ岡」だって。狛犬ならぬ「狛亀」が居ります

当然逗子も狭いトコ。小さな谷(やつ)に旧市街が、丘の上に新興住宅地が作られてまして、洒落てるけどゴチャゴチャした街ですナ。ですが同じゴチャゴチャでも関東平野のベットタウンと違い、ナンか高級な感じが漂うのはナゼか?

横須賀軍港への連絡を目的にJR横須賀線が建設されてから、ココにゃ東京や横浜の会社に「グリーン車で通うお偉いサン」達が多数移住したとのコト。逗子駅が始発の列車が多く、ココからだとユッタリ座って通えたンでしょうネ。

石原慎太郎都知事や、弟・裕次郎サンは逗子育ち。作家や音楽家・有名タレント等も多数住み、イメージは至極良い街。西日本の方も名前だけは知って居られましょうが、やっぱ狭くてゴチャゴチャし過ぎ。でもソレに優る魅力が。

街が狭い分だけ郊外型SCを作る余地は無い様で、駅前商店街がエラク繁盛してて吃驚仰天。この街の浜辺に来るウミガメを模った「亀焼き」を「亀ヶ岡八幡宮」境内で食べ乍ら、洒落た雰囲気の逗子での立春を満喫した私メです。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「岐阜県大垣市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「zushitabi.jp」逗子市観光協会HP
http://www.zushitabi.jp/
★「『太陽の季節』リゾートトラベル」京急線普通電車の旅・京浜急行HP
http://www.keikyu.co.jp/webtrain/shin-zushi/feature/
★「亀岡八幡宮」逗子銀座商店街HP
http://www.zushiginza.com/guide/kamegaoka/
★「逗子名物・亀焼き」海神亀HP
http://www.kaishinki.com/

(因みに市名は、弘法大師サマが立てた『お逗子』が在るからだソウですヨ
)

賑やかな駅前商店街から、高級住宅が立ち並ぶ辺りを十分ほど歩くともう浜辺でして、ソコに赤海亀が毎年産卵しに来るンだとか。ソレを模った逗子の「亀焼き」。左が白餡の「白海亀」・右が小豆餡の「赤海亀」。このお店に拠ると元々鯛焼きは亀の格好だったらしく、ソレを復活させたモンだソウですゼ。少々稚亀過ぎますがモチモチっとした皮で、中々に美味しうございました。尤もまだ寒いンで、こう云うのは何でも美味しく感じられるンでございましょうが‥。因みに「緑亀」も限定で居るらしい




| 2012.02.10 Friday (08:22) | いいじぇん三浦半島 | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.11.15 Thursday (08:22) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS