きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 897 【揚げモン34】田沼意次公と田沼の「唐揚げ」 | main | 899 【名物パン69】三原城へは駅ン中からパン持って >>
898 【お肉料理21】国宝と広島の郷土食「やおぎも」‥福山


広島・福山市を流れる「芦田川」の畔に建つ中道山明王院。この本堂と五重塔はいずれも国宝!鎌倉時代最末期(本堂)から南北朝時代初期(五重塔)の建物で、特に五重塔は全国で五番目に古いモノなんだとか

嫁サンの実家の在る、広島・福山市への訪問記でございます。人口四十六万強で、中国地方じゃ第四位の規模を誇るこの街は、江戸時代の初期に徳川家康公の従弟の水野勝成公と云う「面倒臭い殿様」によって造られたトコ。

勝成公がドウ面倒臭い御方かは以前ご案内申し上げましたが、市の中心部は瀬戸内の干潟だった辺りで、ソコを埋め立て「江戸幕府の最前線要塞」として、お城と城下町を造ったソウですヨ。随分と広い干潟が在ったモンですナ。

ですが市全体が干潟だったかと云えば無論ソウじゃ無く、最近編入された内陸部は山陽道(西国街道)が通ってたンで、古くから街だったトコ。また「崖の上のポニョ」の舞台に成った最南部「鞆ノ浦」は、瀬戸内海運の要衝だった。

ですが中心部の近くに「かつて大繁栄してた」が「一夜にして消滅した」、まるでボンベイみたいな街が在ったらしいのヨ。「一夜にして消滅した」的なのは、昨年の震災で私らは三陸沿岸で多く目撃してますが、昔も当然起きてます。


明王院の北隣りに在る「草戸稲荷神社」。広島県内第二位の初詣客が訪れるソウでして、嫁サンも子供の頃は当然コチラへお参りに来とったらしいです。実に目立つ建物で、私ぁコレが明王院だと誤解してました

広島県東部(備後地方)で最大の河川「芦田川」は、福山市街地を流れる頃にゃ如何にも西日本的な「運河みたいに大人しい川」に成ってますが、かつては猛威を奮ってたらしい。突然この川が大氾濫を起こし、一夜で街が消えた。

城下町建設で埋め立てられる前、河口付近に「草戸」と云う大きな港が在り、鞆ノ浦同様に瀬戸内海運の要衝として栄えてたンだとか。家が千軒在るだろうと云うトコから「草戸千軒」と言われた様ですが、当時としては大したモン。

弘法大師創建と謂れある「明王院」と云うお寺の、門前町でも在った草戸は台風かナンかだったンでしょうか?とにかく大氾濫で川底に沈んだソウで、長い間伝説だと思われてたらしいンですが、いざ掘ってみたら出て来たゾ‥。

但しナゼ掘ったかと云えば、芦田川を「運河みたいに大人しい川」にさせる為の河川改修の為でその結果、遺跡は綺麗サッパリ消滅しちまったとの事。幸い出土物は国の重要文化財として保存されてる様ですが、う〜む勿体無い。


正月に帰省してた嫁サンが撮影して来たモンですが、この後ろも長蛇の列が芦田川の土手で続いてたソウで・・。流石に広島県第二位の初詣客を集めてるトコです。因みに第一位は「広島護国神社」だソウですヨ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「広島県三原市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「福山の文化財・明王院」福山市役所HP
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/bunka/bunkazai/kenzoubutsu/07.html
★「福山・明王院(国宝)」安芸.石見地方神楽紀行ブログ
http://hiroshimakagura.at.webry.info/201002/article_4.html
★「よみがえる中世瀬戸内の港町」草戸千軒HP
http://www.mars.dti.ne.jp/~suzuki-y/
★「広島だけらしいwやおぎも甘辛煮」ネット依存症でもロハスです!ブログ
http://ameblo.jp/nikoniko-nouen/entry-10719671943.html

(関連する記事)
★「422 【お米料理25】面倒臭いお殿サマと、福山名物『うずみ』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=424

(川の土砂堆積で自然に沈んだと云う説も有るソウで、昔の事は判りません
)

広島県内じゃ極めてフツー、県外に出ると誰も知らないンで驚くと云う、広島県だけの郷土食「やおぎも」。牛の肺臓を柔かく甘辛く煮たモノで、慣れれば酒の肴に向いてます。でも私ぁコレを初めて食べた筈なのに‥ドコかで食べた様な気がする。はて、ドコで食べたかナ?ずっと考えてましたが、やっと答えが出ましたゼ!コレって私メら静岡人が言うトコの「フワ」だ。同じ牛の肺臓で、私メらはコレに竹串を刺し「静岡おでん」の中に入れてた(全部の店がソウと云う訳じゃ無いケド)。あぁ懐かしい




| 2012.03.23 Friday (08:14) | 嫁のふるさと福山市 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.11.23 Saturday (08:14) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS