きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 939 2012年04月の目次 | main | 941 【スイーツ47】四国お遍路と志度で受けた「御接待」 >>
940 【麺類色々54】「さぬきうどん」と講談的な源内さん‥志度

どうやら昨日の昼頃、六万PVに到達した様でございます。コレからも毎日の更新を心掛け、私メの基準で「ヘンなモン」を日本中から紹介して参りますンで、何とぞ益々の御贔屓の程を願います

さぬき市志度町に在る「平賀源内さんの生家」。源内さんの没後に親族が建て替えられたソウで、源内さんがこの街で育った時のモンじゃ有りませんが、ソレでも江戸時代末の建物。「源内先生」と尊敬されてます

四国の北東・香川県の更に東部に在る、「さぬき市」と云うトコへ行って参りました。平成の大合併の時に、県庁都市・高松市東郊の五町が合併して出来た市でして、新市名で収拾が付かなかったンでしょう。旧国名を市名にした。

ならば「讃岐市」でイイだろうと思いますが、ひらがな市名と云う悪しき流行に乗っちまった。地理好きとしてはエラク残念ですが、今更言っても仕方無い事。で、今回参りましたのは、五町の中で最大人口の「志度町」と云うトコ。

十年ほど前に倒産して世間を驚かせた「ことでん」と云う私鉄の、その名も志度線に高松から乗った終点がココ。日銭が入るから私鉄はフツー倒産しないのに、ことでんはバブルで調子に乗ってどうやら無駄な投資をし過ぎたとか。

電車はドッカから買って来たお古ばかりですが、再建は順調な様で、志度線も単線なのに20分間隔で走ってるらしいから大したモン。源平合戦で有名な屋島の側を走り抜けると志度町に着きます。ココは意外な方のご出身地だ。

        
平賀源内さんは「江戸中期の蘭学者」と一般に紹介されますが、医者だったり作家だったり山師だったり発明家だったり‥簡単に説明出来ないマルチな才人。ただ時代に恵まれず、江戸で獄死してらっしゃいます

ソレは平賀源内と云うお方。諸外国との付き合いを控えてた江戸中期、海外のモノを好ンで取り入れ紹介した「天才」ですナ。有名な「京都三条糸屋の娘 姉は十八妹十五 諸国大名弓矢で殺す 糸屋の娘は目で殺す」の作者だ。

或いは「土用の丑の日」に鰻を食べると云う、ソレまで無かった習慣を考えて喧伝した人。もしくはエレキテルと云う機械で発電し、廻りを感電させてた人。私ら芸人的にゃ「貧家銭内(ひんかぜにない)」の洒落た筆名を使ってた人。

高松藩松平家の軽輩として、志度で生まれ育った源内さん。子供の頃から天才振りを発揮して、やがて讃岐の片田舎(失礼)じゃ収まり切らなく成り、武士を辞めて志度を飛び出し上方へ。そして江戸にも出て、大物の世話に成る。

その大物こそ、時の幕府老中「田沼意次」公。小姓から大出世の田沼公と源内さんは天才同士意気投合し、その後援で一躍「時の人」。でも「天才は天災に通ず」の伝でチョットやり過ぎちゃった様で‥不運な最期を遂げてます。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「香川県さぬき市志度町」への訪問記です★

(参考リンク)
★「さぬき市の人物・平賀源内」さぬき市役所HP
http://www.city.sanuki.kagawa.jp/sightseeing/people/hiraga.html
★「平賀源内記念館」平賀源内先生顕彰会HP
http://ew.sanuki.ne.jp/gennai/
★「日本のダ・ヴィンチ 平賀源内」あの人の人生を知ろうHP
http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/gennai.html
★「大谷製麺所」雨に濡れてもブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/powerclankin/31828825.html

(源内さんの人生は実に講談的で、面白い題材です。依頼が来ないかなぁ
)

厳密に言えば志度じゃなく、その手前の牟礼と云うトコらしいンですが、ことでん志度線と国道11号線沿いの「大谷製麺所」と云うトコで、讃岐うどん「ひやかけ」をズルズルズル‥。香川県中・西部と違い、志度のある東讃地方はうどん屋が少ないンだソウで‥。でも偶々寄ったココは香川全体でも有名なトコらしく、お客サンがひっきりなし。あぁ美味い!コトうどんに関して(だけ)は「うどん県・香川」が正直羨ましく成りますゼ




| 2012.05.01 Tuesday (08:08) | 香川へおいでまい! | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.19 Saturday (08:08) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS