きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 962 【お魚料理52】狭い海峡と細長い街と硬い「デベラ」・・尾道 | main | 964 【名物パン74】頑張れ因島!と「オカノパン」 >>
963 【粉なモン17】小冊子を貰いに因島まで、そして名物「いんおこ」を


因島と向島間の「布刈(めかり)瀬戸」に架かる「因島大橋」は、「西瀬戸自動車道(しまなみ海道)」の一部。約三十年前の建設当時は日本最長の吊り橋だったソウで(現在は四位)、堂々たる威容を今も誇示してます

根多のストックが多く成り過ぎまして‥誠に恐れ入りますが、今日の記事はチョット前の訪問記でご勘弁を願います。フラフラ旅は続けてます

広島県東部(備後地方)の尾道市に来て居ります。と申しましても、元々尾道市だった部分は昨日まで。今日からは数年前に吸収されて尾道市に成った、瀬戸内の島嶼部を訪ねてみたいと思います。つまり以前の「因島市」ですナ。

むしろ因島へ行くついでに尾道に寄った‥と云う方が正しいかも知れませんが、如何に消滅したとは云え「島なのに『市』だった」と云うのは面白く、どんなモンが在るのかしらん。太平洋を眺めて育った私メ、瀬戸内の島は憧れだ。

しかも皆目見当が付かんトコじゃ無い。因島の某造船所が発行した小冊子を以前、嫁サンの実家の在る同じ備後の福山市で手に入れて居りまして、ソレが余りに素晴らしい冊子なんで、私ぁこのブログ旅日記の中でご紹介した位。

遥か離れた東京でその冊子「IJ(因島ジャパン)」を熟読し、島のコトを何となく判った心算に成ってます。実際は「しまなみ海道」で数度通過した事が有るだけナンですが、事前シュミレーションはバッチリさ!仕上げをご覧じろだゼ。


「IJ」を発行してらっしゃる「三和ドッグ」さんの工場。正門の門番さんの許可を得て撮影しましたが、こりゃ一体ナニをやってらっしゃるンでしょうナ。この会社は造船じゃ無く、修理や改造専門のドッグ会社だソウです

因島大橋を渡って「IJ」を出して居られる三和ドッグさんの方へ。第二号までは順調に出てましたが第三号が手に入らない「IJ」を、もしも有るなら直接貰いに行こうと云う魂胆で、ソレ為だけに東京から来たンだから私ぁ馬鹿者だ。

スイスイと島の北西端のドッグまで辿り着き、会社正門の門番サンに尋ねたら、ありゃまぁ「まだ出てない」って・・。ま、少しも儲けに成らず持ち出しばかりの小冊子で、会社の宣伝にも成らないでしょうから、仕方無いと云えば‥。

でも「第三号が出なきゃカストリ雑誌にも劣るゼ‥」と憎まれ口を叩きながら、ならば第二号に特集されてた「いんおこ」を食べに行こうじゃ無ぇかと、島の中心街へ。「いんおこ」は「因島のお好み焼」の略ですが、フツーのとは違う様。

かつて因島に君臨した日立造船が島中に横流しした‥と噂の有る鉄板で焼かれる、広島風みたいだけど「焼きそば」じゃ無く「うどん」が中に入ったお好み焼で、説明し辛いけどナニかがチト違う!「IJ」で私ぁ因島のファンですヨ。


因島は確かに島ナンですが、私メら東夷にゃ島とはとても思えない様な街並みが方々に残ってます。江戸に幕府が出来るずっと前から、戦国の海賊大名の拠点として栄えてたトコだから、当然と云えば当然ですが

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「広島県尾道市因島」への訪問記です★

(参考リンク)
★「船と生きる、海と生きる」三和ドッグHP
http://www.sanwadock.co.jp/
★「サンワギャラリー・IJ 因島ジャパン」三和ドッグHP
http://www.sanwadock.co.jp/diary/ij.html
★「いんおこ巡礼スタート」カイザー日記ブログ
http://kaiserima.exblog.jp/15296942/
★「いんおこ食ったどー 因島『お好み 越智』」八尾人番外地ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/tmandai/8817517.html

(関連する記事)
★「533 造船所から発信する『IJ因島ジャパン』」
http://rifuh.jugem.jp/?day=20110407

(第三号が出るのは何時かなぁ?でも東京に居ると情報は全く入らないのヨ
)

IJ第二号に掲載されてました、島内のいんおこ屋全二十六店の中から「越智」と云うお店で食べて参りました。「因島風うどん入り」と「広島風焼きそば入り」の二枚を焼いて貰いまして、ソレを嫁サンとハーフ&ハーフに。造船部門から撤退し、かつて因島を大恐慌に追い込んだ日立造船さんの「忘れ形見?」な鉄板が、ソレから四半世紀経って島の名物「いんおこ」に繋がっていると云うのは‥実に面白く、実に美味でしたネ




| 2012.05.24 Thursday (06:44) | えぇじゃろ広島備後 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.18 Sunday (06:44) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS